「燧」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、のろし/ひうち/火を発する道具などの意味をもつ漢字である。火を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、17画の画数を有する。

漢字「燧」
字体
部首火【か】
画数総画数17画
部首内画数火部13画
読み音読みスイ
訓読みのろし
ひうち
JIS漢字水準JIS第2水準
漢字検定漢検1級
学習レベル大学/一般

意味

意味と用例

燧とは

のろし/ひうち/火を発する道具

書き方と読み方

燧の書き方

燧_書き方
燧の書き順【筆順】

燧の読み方

スイひうちのろし

部首と構成

部首

火部(かぶ)

燧の部首はであり、火を部首にもつ漢字の集まりを火部という。火部には「火の燃えあがる様子、火の動作、火の性質、炎」という意がある。

火部における「燧」

燧の漢字は、火の画数+13画で構成されるため、火部13画の漢字と表現される。

熟語

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「燧」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

燧灘【ひうちなだ】

    [Romaji]HiuchiNada

  • [地]瀬戸内海中央部の海域。
    北東部を塩飽諸島(シワクショトウ)、東部を荘内半島、南部を四国北岸、西部を高縄半島(タカナワハントウ)、北西部を芸予諸島(ゲイヨショトウ)に囲まれている。
    北東部に水島灘(ミズシマナダ)があり、東側は備讃瀬戸(ビサンセト)を経て播磨灘(ハリマナダ)、西側は来島海峡(クルシマカイキョウ)を経て斎灘(イツキナダ)に通じる。しさかじま(四阪島)、しょうないはんとう(荘内半島)、みずしまなだ(水島灘)、かさおかしょとう(笠岡諸島)。

燧ヶ岳【ひうちがだけ】

    [Romaji]Hiuchigadake/HiuchigaDake

  • [地]福島県南西端にある火山。標高2,346メートルで、東北地方の最高峰。
    只見川(タダミガワ)の源流部にあたり、南西中腹に尾瀬沼(オゼヌマ)・尾瀬ヶ原が広がる。
    日光国立公園に含まれる。おぜ(尾瀬)。
  • 俎(「山」冠+「品」)(マナイタグラ)(2,346メートル)・柴安(「山」冠+「品」)(シバヤスグラ)(2,356メートル)・みのぶさ岳・赤なぐれ岳から成る。

検索手法

文字コード

「燧」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「燧」の字に割り当てられる1

「燧」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+71E7
JISX0213 1-63-92
戸籍統一文字番号 3219270
住基ネット統一文字J+71E7

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「燧」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店5568
新大字典5講談社9401
新潮日本語漢字辞典6新潮社6768
大漢和辞典7 8大修館書店19469
大漢語林9大修館書店6588

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「燧」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「燧」についての総括
  1. 燧の画数 :17画
  2. 燧の部首 : 火
  3. 燧の読み方:スイ,ひうち,のろし
  4. 燧の意味 :のろし/ひうち/火を発する道具
以上で「燧」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。