「八紘一宇」の読み方・使い方・覚え方・意味まとめ

八紘一宇の画像


八紘一宇」は、四字熟語のひとつ。「はっこういちう」と読み、四字熟語を構成する漢字の総画数は19画である。

「八紘一宇」の難易度については、漢字検定1のj1級程度2といわれている。

八紘一宇の概要
字体 八紘一宇
読み はっこういちう
総画数 19画
漢字検定 漢検準1級
学習レベル 大学/一般

意味

八紘一宇【はっこういちう《はつくわういちう》】

  • [歴]世界を一つの家にするという意味で、日中戦争・太平洋戦争期の標語。
  • 1940年(昭和15年)7月26日第2次近衛文麿内閣が閣議決定した「基本国策要綱」に「八紘ヲ一宇トスル肇国ノ大精神」と使われて以来、大東亜共栄圏の建設理念として海外侵略を正当化するのに用いられた。だいとうあきょうえいけん(大東亜共栄圏)。
  • この言葉は『日本書紀』巻3「橿原奠都の令」の中の「兼六合以開都掩八紘而為宇(八紘<アメノシタ>を掩<オホ>ひて宇<イヘ>にせむ)」から田中智学が日本的世界統一の原理として、1903(明治36)に造語したもの。はっこう(八紘)。
  • 八紘一宇の塔(八紘之基柱):へいわのとう(平和の塔)
    歌詞
    愛国行進曲:往(ユ)け八紘を宇(イエ)となし/四海の人を導きて/正しき平和うち建てん。

構成

四漢字:八/紘/一/宇

四字熟語「八紘一宇」を構成する「」「」「」「」の四漢字について確認する。

まとめ

「八紘一宇」についての総括
  1. 八紘一宇の総画数:19画
  2. 八紘一宇の読み方:はっこういちう
以上で「八紘一宇」の字の解説はおしまいです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:19575)