「前」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

前の画像

」は、刀部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は9画(部首内画数:刀部7画)で構成され、空間的にまえ/向かう方向/正面の方といった意味をもつ。

漢字「前」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 刀【かたな、りっとう】
画数 総画数 9画
部首内画数 刀部7画
読み 音読み ゼン
《外》セン
訓読み まえ
《外》さき
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検9級
日本語能力検定 JLPT N5
学習レベル 小学校2年生修了程度

書き順と読み方

前の書き順《書き方》

動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/9画》

前の読み方

ゼンセンまえさき

意味

英語翻訳

in front; before

意味と用例

  1. 空間的にまえ。かう方向。正面の。対義語:「前後・前進・前途・前方・前面・前輪・眼前・最前・敵前・風前・仏前・面前・目前・門前」
  2. 時間的にまえ。類義語: 対義語:
    • 過去。。「以前・前科・前人・前説・前約・前例・前歴・空前・従前」
    • 順序がのほう。めのほう。「前掲・前記・前期・前座・前妻・前者・前述・前半・前編・前篇・前略・午前・食前」
    • よりつまえ。「前回・前月・前項・前日・前週・前住・前条・前身・前世・前代・前便(ぜんびん)・前任・前年」
    • め。さきだって。「前借・前兆・事前」
  3. まえ。て。分量。「一人前・半人前」

部首と構成

構成要素

「前」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

  • 䒑刖

刀部【とうぶ】

前の部首として【かたな、りっとう】がある。前は刀部7画に配列される。

刀部の意味
 刃の性質、刃物を使った行為

語句

関連語句

前漢【ぜんかん】

    [中国語]QianHan/Qianhan、[英語]FormerHan

  • [歴]中国の王朝の一つ(BC.202~AD.8)。
    劉邦(LiuBang)(リュウ・ホウ)が建国。
    「西漢(XiHan)(セイカン)」、「西京(Xijing)(セイケイ、セイキョウ)」とも呼ぶ。
    参照ごかん(後漢)
    歴代皇帝
    (年号は在位)第1代:高祖(Gaozu)(劉邦):BC.202~BC.195。
  • 第2代:恵帝(HuiDi):BC.195~BC.188。
  • 第3代:少帝恭(ShaodiGong):BC.188~BC.184。
  • 第4代:少帝弘(ShaodiHong):BC.184~BC.180。
  • 第5代:文帝(WenDi):BC.180~BC.157。
  • 第6代:景帝(JinDi):BC.157~BC.141。
  • 第7代:武帝(WuDi):BC.141~BC.87。
  • 第8代:昭帝(ZhaoDi):BC.87~BC.74。
  • 第9代:廃帝賀(FeidiHe):BC.74~BC.74。
  • 第10代:宣帝(XuanDi):BC.74~BC.49。
  • 第11代:元帝(YuanDi):BC.49~BC.33。
    第12代:成帝(ChengDi):BC.33~BC.7:こうせいてい(孝成帝)第13代:哀帝(AiDi):BC.7~BC.1。
  • 第14代:平帝(PingDi)(ヘイテイ):BC.1~AD.5。
  • 第15代:孺子嬰(RuziYing)(ジュシ・エイ):AD.5~AD.8。
  • 第3代~第4代は、劉邦の妻であった呂后(LyuHou)(リョ・コウ)(?~BC.180)が実権掌握。

前垂れ/前垂【まえだれ《まへだれ》】

    [英語]apron

  • [服]まえかけ(前掛け、前掛)
  • [服]商人などが腰から下にあてる前掛け。汚れ防止のほか、着物を傷めないようにするもの。
    藍染の厚い木綿で、自家または取引先などの屋号が染め抜かれている。
    物を肩に担ぐ際には肩に当てる。
    前に付いている物入れ(ポケット)は「丼(ドンブリ)」と呼ぶ。
    「まえかけ(前掛け、前掛)」とも呼ぶ。あてぬの(当て布)。
  • 商人は常に身に付けているので、「あきんど(商人)」のイメージが強い。まえだれぼうこう(前垂れ奉公)、とりうちぼう(鳥打ち帽、鳥打帽、鳥撃帽)。
  • [機]旋盤(センバン)の往復台にある工作台の送り装置。手前側の部分が垂れて、そこに幾つかのハンドルがあり、そのハンドルを回してジグ(jig)・工具の取り付けや工作台の縦・横送り・固定などを行うもの。じぐ(ジグ、冶具、治具)、たれっとせんばん(タレット旋盤)。

文字

文字コード

「前」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「前」の字に割り当てられる2

「前」の文字コード一覧
Unicode / UCS 3 U+524D
JISX0213 1-33-16
戸籍統一文字番号 4 023760
住基ネット統一文字 J+524D

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「前」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源5 角川書店 716
新大字典6 講談社 1206
新潮日本語漢字辞典7 新潮社 892
大漢和辞典8 9 大修館書店
大漢語林10 大修館書店 886

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「前」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「前」についての総括
  1. 前の画数 :9画
  2. 前の部首 : 刀
  3. 前の読み方:ゼン,セン,まえ,さき
  4. 前の意味 :空間的にまえ/向かう方向/正面の方
以上で「前」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:)