「原」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

原の画像

」は、厂部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は10画(部首内画数:厂部8画)で構成され、はら/広くて平らな地といった意味をもつ。

漢字「原」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 厂【がんだれ】
画数 総画数 10画
部首内画数 厂部8画
読み 音読み ゲン
訓読み はら
《外》たず(ねる)
《外》もと
《外》ゆる()
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検9級
日本語能力検定 JLPT N3
学習レベル 小学校2年生修了程度

書き順と読み方

原の書き順《書き方》

動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/10画》

原の読み方

ゲン原すゆるすもとはら原ねるたずねる

意味

英語翻訳

meadow; original; primitive; field; plain; prairie; tundra; wilderness

意味と用例

  1. はら。くてらな。「原野・高原・湿原・草原・氷原・平原」
  2. もと。物事のまり。こり。類義語:「原案・原因・原稿・原子・原始・原色・原泉・原点・原則・原由(げんゆ)・原理・原流・原料・起原・語原・根原・病原」
  3. の状態。「原語・原作・原人・原籍・原文・原本・原油」
  4. す。す。とする。「原宥(げんゆう)」
  5. 原子・原子力の略称。「原潜・原爆・原発」
  6. 《地名》はる。九州・沖縄地方などで使われる地名。「中原(なかばる)・春日原(かすがばる)・与那原(よなばる)」

原【はら】
[Romaji]Hara

  • 静岡県沼津市の地名。
  • 東海道五十三次の一つ。沼津と吉原の間。日本橋から約136キロメートルの地。
  • 部首と構成

    構成要素

    「原」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

    • 厂白小

    厂部【かんぶ】

    原の部首として【がんだれ】がある。原は厂部8画に配列される。

    厂部の意味
     人が住める空間がある様子

    語句

    関連語句

    原子爆弾【げんしばくだん】

      [英語]atomicbomb/atombomb/fissionbomb

    • [軍][原]「核爆弾」とも呼ぶ。
      「原爆(ゲンバク)」と、また水素爆弾と併称して「原水爆(ゲンスイバク)」と略称する。
    • 模擬原子爆弾:ぱんぷきん(パンプキン)強化原爆:きょうかげんばく(強化原爆)起爆装置:参照ばくしゅくれんず(爆縮レンズ)、ぽろにうむ(ポロニウム)超小型核爆弾:SADM(SmallAtomicDemolitionMunition)。
    • 核抑止による平和:パックス・アトミカ(PaxAtomica)。
      信頼性のある代替核弾頭:RRW(ReliableReplacementWarhead)。
    • 1962年(昭和37年)アメリカ、B53核爆弾を実戦配備。威力は広島型の600倍。
    • 1945年(昭和20年)8月米軍により広島と長崎に原爆が投下される。
      ソ連参戦に対して、日本へのアメリカの主導権を確保する布石のためとされる。
    • 1945年(昭和20年)8月6日広島に投下。16時間後にアメリカのトルーマン大統領は原子爆弾と公表し、「われわれは2億ドル以上を投じて、歴史上最大の科学的賭けを行い、勝ったのです」と声明。大本営発表では新型爆弾。
      同年8.9長崎に投下。
      同年9.3英国記者バーチェットが「広島における大惨状」”ノー・モア・ヒロシマ”を打電し世界に被爆地の実情を報道する。まんはったんけいかく(マンハッタン計画)。
    • 広島の爆心地は本川と元安川の合流点近く細工町(現:大手町1丁目)。
      長崎は浦上天主堂付近。
    • 広島はウラニウム235の、長崎はプルトニウム239の原子爆弾。りとるぼーい(リトルボーイ)、ふぁっとまん(ファットマン)。
    • 当時、日本では「ピカドン」と呼ばれた。「ピカ」は爆発の閃光(センコウ)、「ドン」は爆発音。
      広島に爆弾が投下されて2~3日後、広島県警の警防課が、てっとり早く説明するために呼び始めたと言われる。きのこぐも(キノコ雲、茸雲)。
    • 1952年(昭和27年)原爆被害写真が掲載された「アサヒグラフ」52万部が発売即日売り切れる。

    原子力安全・保安院【げんしりょくあんぜんほあんいん《げんしりよくあんぜんほあんゐん》】

      [英語]NuclearandIndustrialSafetyAgency

    • [古][原]エネルギー利用に係る原子力安全の行政を担当する、経済産業省の機関。
      略称は「保安院」。
    • 2001年(平成13年)1月6日科学技術庁から原子力安全の一次審査事務が経済産業省に移管され、資源エネルギー庁と通商産業省環境立地局の安全・保安行政を統合して設立。職員は、旧通産省・旧科技庁と、原子炉メーカー出身者などから採用されている。
    • 2002年(平成14年)9月13日佐々木宜彦院長、調査中である東京電力の原発点検記録改竄(カイザン)問題について、調査終了を待たずに刑事告発や行政処分をしない方針を公表。
    • 2003年(平成15年)3月10日ひび割れが発生している原子炉11基(内シュラウドは9基)のうち、福島第二2号機を除き、修理なしでの運転再開を容認する中間報告をまとめる。
    • 2003年(平成15年)3月11日東京電力、地元の理解を得るのが困難として、軽微なひびを除き修理するか配管を交換すると発表。
    • 2003年(平成15年)9月1日ひび割れが多発している原子炉の再循環系配管を10月に導入する維持基準から除外することを決定。
    • 2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震で福島原子力発電所が被災して対応する最中の15日、原発にいた検査官7人全員が福島県庁に退避(名目は移動)。22日、2人が施設に戻り、情報収集に当る。
    • 2012年(平成24年)9月19日原子力安全・保安院と内閣府原子力安全委員会が統合して発足。

    文字

    文字コード

    「原」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「原」の字に割り当てられる2

    「原」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 3 U+539F
    JISX0213 1-24-22
    戸籍統一文字番号 4 034330
    住基ネット統一文字 J+539F

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「原」の検字番号一覧
    書籍 出版社 検字番号
    角川大字源5 角川書店 983
    新大字典6 講談社 1604
    新潮日本語漢字辞典7 新潮社 1190
    大漢和辞典8 9 大修館書店 2973
    大漢語林10 大修館書店 1171

    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

    まとめ

    「原」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「原」についての総括
    1. 原の画数 :10画
    2. 原の部首 : 厂
    3. 原の読み方:ゲン,ゆるす,もと,はら,たずねる
    4. 原の意味 :はら/広くて平らな地
    以上で「原」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    ウサタロー

    おねがい

    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:)