「吉」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

吉の画像

」は、口部に属する漢字のひとつ。日本では、常用漢字に指定されている。画数は6画(部首内画数:口部3画)で構成され、よい/立派/めでたい/幸い/縁起が良いといった意味をもつ。

漢字「吉」
字体
分類 常用漢字
部首 口【くち、くちへん】
画数 総画数 6画
部首内画数 口部3画
読み 音読み キチ
キツ
訓読み 《外》()
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検3級
日本語能力検定 JLPT N1
学習レベル 中学校卒業程度

書き順と読み方

吉の書き順《書き方》

動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/6画》

吉の読み方

キツキチ吉いよい

意味

英語翻訳

good luck; joy; congratulations

意味と用例

  1. よい。立派。めでたい。い。縁起がい。対義語:「吉凶・吉事・吉報・小吉・大吉・不吉・末吉」

部首と構成

構成要素

「吉」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

  • 士口

口部【こうぶ】

吉の部首として【くち、くちへん】がある。吉は口部3画に配列される。

口部の意味
 口の部分・口の動き・口を使った行為・感嘆の言葉

語句

関連語句

吉原【よしわら《よしはら》】

    [Romaji]Yoshiwara

  • [古]東京都台東区浅草北部。現在は千束(センゾク)の一地区。
  • [歴]江戸時代から昭和中期まで浅草にあった遊郭地。
    江戸市中に散在した遊女屋を日本橋葺屋町(フキヤチョウ)(現:中央区日本橋堀留付近)に集め、1617(元和3.3.)遊郭の開設を公許。もと葭(ヨシ)が一面にはえていたところから、葭原と俗称されたが、のち吉原と改められた。
  • 1656年(明暦2年)風俗取り締まりのため、千束(センゾク)日本堤(ニホンヅツミ)下(シタ)山谷(サンヤ)付近(千束4丁目)への移転の幕命を受け、補償として1万5百両を受け取る。
  • 1657年(明暦3年)の大火で全焼し、6月に移転して新吉原と称し、これ以前を元吉原と称した。
    新吉原は江戸城の北にあったので、「北(キタ)」、「北郭(ホッカク)」、「北国(ホッコク)」、「北州(ホクシュウ)」、「北里(ホクリ)」などとも呼ばれた。
    GHQの指示による1946(昭和21)公娼制度(娼妓取締規則)廃止後は、特殊飲食店街のかたちとなり、1958(昭和33)売春防止法の罰則施行により消滅。
    「阿房宮(アボウキュウ)」とも呼ぶ。
  • 新吉原の周囲は遊女の逃亡を防ぐ御歯黒溝(オハグロドブ)と呼ばれる溝(ミゾ)で囲まれ、出入りは大門(オオモン)だけであった。
    郭内(ナカ)の一番奥、大門の反対側は水戸尻(ミトジリ)と呼ぶ。たそやあんどん(誰哉行灯、誰也行灯、誰そや行灯)。
  • 広さは元吉原が2町(チョウ)四方、新吉原が2町×3町。
  • ここの遊廓の投げ込み寺は浄閑寺。じょうかんじ(浄閑寺)。
  • 元吉原の「葭町(芳町)(ヨシチョウ)」の地名は昭和まで残っていた。
  • 吉原芸者:廓外の芸者より格上とされた。
  • 「闇(ヤミ)の夜(ヨ)もよしはらばかり月夜(ツキヨ)かな」新吉原を詠んだ宝井其角(キカク)の句。
  • 静岡県東部、富士山南麓にある地名で、工業地。
  • 1948年(昭和23年)市制となるが1966(昭和41)富士市と合併。
    江戸時代、東海道五十三次の宿場町。原と蒲原(カンバラ)の間。
    日本橋から約136キロメートルの地。

吉井町【よしいまち《よしゐまち》】

    [Romaji]YoshiiMachi

  • [古]群馬県南西部、多野郡(タノグン)の町。
    上信電鉄の吉井駅がある。
  • 2009年(平成21年)6月1日高崎市に編入。
  • 岡山県赤磐郡(アカイワグン)には吉井町(ヨシイチョウ)があった。
    岡山県には後月郡(シツキグン)芳井町(ヨシイチョウ)があった。
    長崎県北松浦郡(キタマツウラグン)には吉井町(ヨシイチョウ)があった。
  • [古]福岡県中南部、浮羽郡(ウキハグン)の町。
    珍敷塚(メズラシヅカ)がある。
    JR久大本線(キュウダイホンセン)の筑後吉井駅がある。
  • 2005年(平成17年)3月20日浮羽町(ウキハマチ)と合併して「うきは市」を発足。

文字

文字コード

「吉」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「吉」の字に割り当てられる2

「吉」の文字コード一覧
Unicode / UCS 3 U+5409
JISX0213 1-21-40
戸籍統一文字番号 4 038130
住基ネット統一文字 J+5409

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「吉」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源5 角川書店 1064
新大字典6 講談社 1767
新潮日本語漢字辞典7 新潮社 1296
大漢和辞典8 9 大修館書店 3289
大漢語林10 大修館書店 1260

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「吉」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「吉」についての総括
  1. 吉の画数 :6画
  2. 吉の部首 : 口
  3. 吉の読み方:キツ,キチ,よい
  4. 吉の意味 :よい/立派/めでたい/幸い/縁起が良い
以上で「吉」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:)