「浪」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

浪の画像

」は、水部に属する漢字のひとつ。日本では、常用漢字に指定されている。画数は10画(部首内画数:水部7画)で構成され、みだりにといった意味をもつ。

漢字「浪」
字体
分類 常用漢字
部首 水【みず、さんずい】
画数 総画数 10画
部首内画数 水部7画
読み 音読み ロウ
《外》ラン
訓読み 《外》なみ
《外》みだ(りに)
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検3級
日本語能力検定 JLPT N1
学習レベル 中学校卒業程度

書き順と読み方

浪の書き順《書き方》

動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/10画》

浪の読み方

ロウラン浪りにみだりになみ

意味

英語翻訳

wandering; waves; billows

意味と用例

浪とは

みだりに

部首と構成

構成要素

「浪」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

  • 氵良

水部【すいぶ】

浪の部首として【みず、さんずい、したみず】がある。浪は水部7画に配列される。

水部の意味
 水(みず)、河川、川の流れ、液体

語句

関連語句

浪花節【なにわぶし《なにはぶし》】

  • [楽]三味線を伴奏に独演する節調を加えた語り物。
    「浪曲(ロウキョク)」とも呼ぶ。
  • 江戸末期、浪花伊助を祖として大坂から始まる伝えられる。
    浪花節の名称は明治初年に東京で始まり、関西では明治40年代になって使用された。
    初めは「浮かれ節」、「ちょんがれ」、「ちょんがれ節」などと呼ばれていた。

浪板海岸駅【なみいたかいがんえき】

  • [交]岩手県上閉伊郡(カミヘイグン)大槌町(オオツチチョウ)にある、JR山田線の駅。
    岩手船越(イワテフナコシ)駅(山田町)と吉里吉里(キリキリ)駅の間。
  • 1994年(平成6年)12月3日浪板駅を改称。

文字

文字コード

「浪」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「浪」の字に割り当てられる2

「浪」の文字コード一覧
Unicode / UCS 3 U+6D6A
JISX0213 1-47-18
戸籍統一文字番号 4 197390
住基ネット統一文字 J+6D6A

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「浪」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源5 角川書店 5007
新大字典6 講談社 8433
新潮日本語漢字辞典7 新潮社 6068
大漢和辞典8 9 大修館書店 17482
大漢語林10 大修館書店 6008

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「浪」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「浪」についての総括
  1. 浪の画数 :10画
  2. 浪の部首 : 水
  3. 浪の読み方:ロウ,ラン,みだりに,なみ
  4. 浪の意味 :みだりに
以上で「浪」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:)