「皇」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

皇の画像


」は、白部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は9画(部首内画数:白部4画)で構成され、きみ/すめらぎ/天下を領有する者/天子/君主/王といった意味をもつ。

漢字「皇」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 白【しろ、しろへん】
画数 総画数 9画
部首内画数 白部4画
読み 音読み オウ
コウ
訓読み 《外》きみ
《外》すめらぎ
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検5級
日本語能力検定 JLPT N1
学習レベル 小学校6年生修了程度

書き順と読み方

皇の書き順《書き方》

動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/9画》

皇の読み方

コウオウすめらぎきみ

意味

英語翻訳

emperor

意味と用例

  1. きみ。すめらぎ。天下を領有する。天子。君主。。類義語: 「天皇・皇帝・教皇」
  2. 天皇の。天皇にする敬称「皇位・皇居・皇后・皇嗣(こうし)・皇室・皇女・皇祖・皇族・皇統・皇妃・皇太子・上皇・法皇」
  3. 天皇がいる。日本。「皇学・皇紀・皇国・皇朝・皇典」
  4. 万物を。上帝。「皇天」
  5. しい。類義語:「倉皇」
  6. いのつ。111。類義語:「皇寿」

部首と構成

構成要素

「皇」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

  • 白王

白部【はくぶ】

皇の部首として【しろ、しろへん】がある。皇は白部4画に配列される。

白部の意味
 色が白いこと、明るいこと、地方の長

語句

関連語句

皇道派【こうどうは《くわうだうは》】

  • [歴]昭和初期の天皇親政を主張する陸軍内部の派閥。
    天皇機関説を支持、旧体制を葬り天皇親政により近代化を主張し、「昭和維新」を目指していた。
  • 1932年(昭和7年)ころから荒木貞夫・真崎甚三郎両大将を中心に、隊付の尉官級青年将校を主力として形成される。
  • 1934年(昭和9年)十一月事件(士官学校事件)が発生し、統制派との抗争が激化。
  • 1935年(昭和10年)派閥争いから陸軍省内で統制派の永田鉄山軍務局長が皇道派の相沢三郎中佐に刺殺される(永田事件)。
    当時陸軍大臣の林銑十郎(センジュウロウ)が皇道派の中心人物真崎甚三郎教育総監を更迭(コウテツ)。皇道派は統帥権干犯と避難。
    皇道派の拠点第一師団の満州派遣が発表。
    同年、皇道派と統制派の対立が激化する中、川島義之(ヨシユキ)が派閥的無色を買われて陸軍大臣となる。
  • 1936年(昭和11年)皇道派の青年将校が二・二六事件を起して失敗し、粛軍によって衰退。
    ⇔とうせいは(統制派)
  • 皇道派は昭和維新(クーデター)による国家改造を、統制派は対外戦争を優先した。
  • 山下奉文(トモユキ)は皇道派を支持。
    東条英機は統制派の中心。

皇朝十二銭【こうちょうじゅうにせん《くわうてうじふにせん》】

  • [歴]奈良から平安時代にかけて日本で鋳造された12種類の銭貨の総称。
    いづれも円形・方孔の銅銭で、和同開珎には銀銭もある。
    初期は目方(メカタ)一匁(イチモンメ)であったが、しだいに小さく改鋳し、より一層信用を失っていった。
    「本朝十二銭」とも呼ぶ。ふほんせん(富本銭)、ちくせんじょいれい(蓄銭叙位令)。
  • 流通は畿内やその周辺で、貴族・豪族の間で流通したにすぎない。
  • 名称 発行年度
    和同開珎(カイホウ、カイチン) 708(和銅元)
    万年通宝 760(天平宝字4)
    神功(ジンゴウ)開宝 765(天平神護元)
    隆平永宝 796(延暦15)
    富寿神宝 818(弘仁9)
    承和昌宝 835(承和2)
    長年大宝 848(嘉祥元)
    饒益(ジョウエキ)神宝 859(貞観元)
    貞観永宝 870(貞観12)
    寛平(カンピョウ)大宝 890(寛平2)
    延喜通宝 907(延喜7)
    乾元大宝 958(天徳2)

    参照:まんねんつうほう(万年通宝)

専門用語・特殊用語

通常とは異なる意味で「皇」の字を使う用法が存在する。

賀の祝い【がのいわい】

長寿祝いの種類
年齢 長寿祝い 読み 略字
61 還暦 かんれき
66 緑寿 ろくじゅ
70 古希
古稀
こき
77 喜寿 きじゅ
80 傘寿 さんじゅ
88 米寿 べいじゅ
90 卒寿 そつじゅ
99 白寿 はくじゅ
100 紀寿
百寿
きじゅ
ひゃくじゅ
108 茶寿 ちゃじゅ
110 珍寿
椿寿
ちんじゅ 椿
111 皇寿
川寿
こうじゅ
せんじゅ
120 大還暦
昔寿
だいかんれき
せきじゅ
説明

長寿をう意。本来は数えを祝う風習だが満年齢ですることも。算賀、賀寿、年祝も同じ意味。

文字

文字コード

「皇」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「皇」の字に割り当てられる2

「皇」の文字コード一覧
Unicode / UCS 3 U+7687
JISX0213 1-25-36
戸籍統一文字番号 4 254240
住基ネット統一文字 J+7687

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「皇」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源5 角川書店 6288
新大字典6 講談社 10502
新潮日本語漢字辞典7 新潮社 7630
大漢和辞典8 9 大修館書店 22701
大漢語林10 大修館書店 7421

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「皇」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「皇」についての総括
  1. 皇の画数 :9画
  2. 皇の部首 : 白
  3. 皇の読み方:コウ,オウ,すめらぎ,きみ
  4. 皇の意味 :きみ/すめらぎ/天下を領有する者/天子/君主/王
以上で「皇」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:)