「科」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

科の画像

」は、禾部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は9画(部首内画数:禾部4画)で構成され、区分された部門/分類/等級/種類などの意味をもつ。

漢字「科」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 禾【いね、いねへん】
画数 総画数 9画
部首内画数 禾部4画
読み 音読み
訓読み 《外》しぐさ
《外》しな
《外》とが
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検9級
日本語能力検定 JLPT N3
学習レベル 小学校2年生修了程度

科の書き順

科の書き順・書き方
「科」の筆順アニメーション
動画形式
GIFアニメーション
書体
『楷書』手書き書体 1
総画数
9画

科の読み方

音読み
訓読み
しぐさしなとが

科の意味

解説・熟語・用例

  1. 区分された部門。分類。等級。種類。「科学・科目・医科・学科・眼科・教科・外科・工科・産科・歯科・耳鼻科・小児科・専科・全科・内科・百科・皮膚科・麻酔科・理科・薬科・放射線科」
  2. とが。。非難されるに足る欠点。を与える。ち。「科役・科料・前科」
  3. まり。定められた。「科条」
  4. しぐさ。俳優の表情・所作。「科白(かはく)」
  5. 《生物学》生物の分類階層の一つ。「ヒト科・イヌ科・ウシ科」

科【か《くわ》】

  • [生](family)生物分類上の一階級(class)。
    目(order)の下位、属(genus)の上位。
    科の上位に上科(ジョウカ)(superfamily)、下位に亜科(アカ)(subfamily)を設けることもある。ぶんるい(分類)。
  • 科名の末尾は”-idae”など。
  • 科の関連語句

    『科』に関する語句

    「科」の字と繋がりのある単語/熟語/成句/慣用句/イディオムをいくつか紹介します。

    四字熟語

    「科」の漢字を語にもつ四字熟語2種を一覧表にまとめる。

    「科」が入る四字熟語
    科挙圧巻かきょあっかん 金科玉条きんかぎょくじょう

    語句とその説明

    科文【かもん《くわもん》】

    • [仏]経論(経典と論書)を解釈する際に体系的に捕らえるため、本分を序分(ジョブン)・正宗分(ショウジュウブン)・流通分(ルズウブン)の三区分に大別すること。
      さらに、構成を図示したり、数行まで細かく区分することもある。
      「分科」、「科段」とも呼ぶ。
    • 序分:経典が説かれる因縁や由来を述べた部分。
    • 正宗分:経典の中心となる教説を述べた部分。
    • 流通分:経典を後世に伝えるための方法などを述べた部分。
    • 中国の南北朝時代(420~589)には行われていた。
    • [仏]に分けられた段落。
      「分科」、「科段」とも呼ぶ。
    • [仏]の各段落の内容を短い語句に要約したもの。
      「分科」、「科段」とも呼ぶ。

    科布【しなぬの】

    • シナノキ(科木)の樹皮から製した粗布。
      樹皮のを晒(サラ)し、靱皮繊維(ジンピセンイ)を細く割いて糸にし、布に織ったもの。
      布目は粗(アラ)く艶があり、色はやや赤黒く、水湿に堪える。
      蚊帳(カヤ)や米穀用の科袋(シナブクロ)・船舶用の縄などに用いられた。
      信濃国(現:長野県)で産したものは特に「信濃布(シナノヌノ)」と呼ぶ。しなのき(シナノキ、科の木、科木)。

    科挙【かきょ《くわきよ》】

      [中国語]keju

    • [歴]中国で隋初から清末まで行われた官吏任用試験。
      郷試(xiangshi)・会試(huishi)(省試)・殿試(dianshi)の三段階。
      明~清代は四段階で、郷試の下に院試(県試、府試)があった。さんげん(三元)。
    • 1904年(明治37年)7月4日の試験を最後に、翌年廃止。

    専門用語・特殊用語

    分類階級(生物)【ぶんるいかいきゅう】

    生物分類階層の一覧
    階層名 読み 英語
    ドメイン () いき domain
    かい kingdom
    もん phylum,division
    こう class
    もく order
    family
    ぞく genus
    しゅ species
    説明
    生物学における分類体系の一説。全生物を階級で分類する。より細かく分類する際には階層間に別の補助階層を配する。上位の補助階層として「」「」、下位の補助階層として「」「」「」が存在する。

    科の部首・分類

    『科』の分類手法

    漢字のカテゴリ分けには、部首をはじめとする幾つかの分類手法が存在します。

    部首:禾(禾部)

    「科」は禾部に属する漢字であり、部首は禾【いね、いねへん、のぎ、のぎへん】となる2。部首「禾」はイネ科植物の粟、穂が垂れる様子、穀物、農業という意味を持つ。

    部首「禾」
    字体
    部首名 いね、いねへん、のぎ、のぎへん
    分類名 禾部【かぶ】
    意味 イネ植物のれる様子、穀物、農業
    康煕字典目録 五書の21番目
    午集下の4番目
    康煕部首3の115番目

    科の文字コード

    『科』がもつ文字コード

    「科」の字に対応する文字コードを4種類、検字番号を5種類ほど確認する。

    文字コード

    文字の区別を電子計算機上で正しく取り扱うために、文字集合の規格策定が各組織によって進められてきた。文字集合の符号位置に対応付けられた各文字は、符号化方式による固有の識別コード「文字コード」によって表現することができる。

    「科」の文字コード一覧
    Unicode(UCS) 4 U+79D1
    JIS X 0213:2012 1-18-42
    戸籍統一文字番号 5 279480
    住基ネット統一文字 J+79D1

    文字ごとに採番された各種コードは、互いに異なる識別番号を持ち、管轄業務を担う省庁/団体/組織によって各用途ごとに管理されている。

    文字コードは、主に統合管理された文字検索サービスで活用することができます。

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「科」の検字番号一覧
    書籍 出版社 検字番号
    角川大字源6 角川書店 KD-06791
    新大字典7 講談社 KS-11318
    新潮日本語漢字辞典8 新潮社 SN-08189
    大漢和辞典9 10 大修館書店 TM-24950
    大漢語林11 大修館書店 TD-07961

    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を特定する助けとなる。

    まとめ

    『科』についてのまとめ

    「科」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「科」についての総括
    1. 科の画数 :9画
    2. 科の部首 :禾
    3. 科の書き順:もう一度だけ見直す
    4. 科の読み方:カ/《外》しぐさ・《外》しな・《外》とが
    5. 科の意味 :区分された部門/分類/等級/種類
    以上で「科」の字の解説はおしまいです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    おねがい
    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:11334)