「臥」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

臥の画像

」は、臣部に属する漢字のひとつ。画数は8画(部首内画数:臣部2画)で構成され、ふす/ふせる/寝るといった意味をもつ。

漢字「臥」
字体
部首 臣【しん】
画数 総画数 8画
部首内画数 臣部2画
読み 音読み
訓読み ()
ふしど
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検準1級
学習レベル 大学/一般

書き順と読み方

臥の書き順《書き方》

動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/8画》

臥の読み方

ふしど臥すふす

意味

意味と用例

臥とは

ふす/ふせる/寝る

部首と構成

構成要素

「臥」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

  • 臣人

臣部【しんぶ】

臥の部首として【しん】がある。臥は臣部2画に配列される。

臣部の意味
 奴隷、低頭屈身といった人の動き

語句

関連語句

臥薪嘗胆【がしんしょうたん《ぐわしんしやうたん》】

    [中国語]woxinchangdan/woxinchangdan

  • [故]仇討(アダウ)ち・報復のため、自分に苦しい試練を課して機会を得るまで長い間待つこと。ごえつどうしゅう(呉越同舟)。
  • 中国の春秋時代の呉王夫差(Fucha)(フサ)と越王勾践(Goujian)(コウセン)の故事から。
    呉王の闔閭(He’iyu)(コウリョ)が大国楚(ソ)を攻めている間に新興の越に侵攻され、越に打って返したが敗北し、そのときの傷が元で闔閭は死去する。闔閭は死に際して息子の夫差に復讐を誓わせ、夫差はその誓いを忘れないように薪(タキギ)の上に寝て、3年後に会稽山(Huijishan)(カイケイザン)で勾践を打ち破る。
    勾践は越が呉の属国となることを条件に命を存(ナガ)らえる。
    数年後に越の功臣范蠡(FanLi)(ハン・レイ)の助けで勾践は帰国を果たす。勾践は復讐を誓い天井から苦い胆(キモ)を掛けてこれを嘗(ナ)め、その屈辱を忘れないようにした。一方、夫差は范蠡が献上した絶世の美女西施(Xishi)(セイシ)の色香(イロカ)に溺れて政治を怠(オコ)たり国力が低下していった。
    十数年後、勾践は呉を討って会稽の恥を雪(ソソ)いだ。せいし(西施)。
  • (転じて)将来の目的を達成するため、たいへんな苦心と努力を重ねること。

臥竜/臥龍【がりょう《ぐわりよう》】

    [中国語]tulong

  • 隠(カク)れ臥(ガ)している竜。
    昇天の機をうかがい、水中深くで静かに隠れ待っている竜。
    「がりゅう(臥竜、臥龍)」、「ふくりょう(伏竜、伏龍)」、「ふくりゅう(伏竜、伏龍)」とも呼ぶ。
  • (転じて)いまだ世間に知られていない、在野に隠れている俊傑・大人物。
    「がりゅう(臥竜、臥龍)」、「ふくりょう(伏竜、伏龍)」、「ふくりゅう(伏竜、伏龍)」とも呼ぶ。
  • 『三国志蜀志』「諸葛亮伝」の「諸葛孔明者臥竜也」から。
  • 臥竜鳳雛(ホウスウ)

文字

文字コード

「臥」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「臥」の字に割り当てられる2

「臥」の文字コード一覧
Unicode / UCS 3 U+81E5
JISX0213 1-18-73
戸籍統一文字番号 4 335570
住基ネット統一文字 J+81E5

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「臥」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源5 角川書店 8033
新大字典6 講談社 13374
新潮日本語漢字辞典7 新潮社 9748
大漢和辞典8 9 大修館書店 30071
大漢語林10 大修館書店 10515

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「臥」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「臥」についての総括
  1. 臥の画数 :8画
  2. 臥の部首 : 臣
  3. 臥の読み方:ガ,ふしど,ふす
  4. 臥の意味 :ふす/ふせる/寝る
以上で「臥」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:)