「蕃」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

蕃の画像

とは、えびす/未開の異民族/外国といった意味をもつ画数15画の漢字です。

蕃の学習レベルは、おおよそ漢字検定1)の準1級程度に相当2)します。

ウサタロー

漢字「蕃」について、詳しく見ていきましょう。
漢字:蕃の概要
字体
総画数 15画
部首 艸【くさかんむり、くさ】
音読み バン
ハン
ボン

訓読み しげる
ふえる
分類 人名用漢字
学習レベル 大学/一般レベル
漢字検定 漢検準1級

蕃の書き順・書き方

はじめに「蕃」の正しい書き順や書き方について学んでいきましょう。

蕃の書き順:ショートアニメ

「蕃」の書き順を、手書き風の動画コンテンツで紹介します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
ビデオクリップの構成
  1. 再生時間: 約13.5秒
  2. 画数: 15画
  3. ファイル拡張子: SVG 3)

蕃の部首

「蕃」の部首について学んでいきましょう。

※ここでは、康煕部首4)(中国の康煕字典5)に記載された部首)を基準として説明します。

部首:艸

「蕃」の部首は、艸【くさかんむり、くさ、そうこう】。

「艸」という部首には、草、草本植物の総称、樹木ではない植物という意味が含まれています。

部首:艸の概要
字体 艸 艹 艹 艹
部首名 くさかんむり、くさ、そうこう
分類名 艸部【そうぶ】
意味 、草本植物の総称、樹木ではない植物
康煕字典目録 六書の22番目
申集上の1番目
康煕部首の140番目

「艸」の部首をもつ漢字のグループは、艸部【そうぶ】という区分でひとくくりに呼ぶことができます。

ウサタロー

つまり、「蕃」も艸部に属する漢字の一つということ。

蕃の文字コード・検字番号

「蕃」の字に採番された文字コードおよび検字番号について紹介します。

「蕃」の文字コード

「蕃」の字をコンピューター上でより効率的に取り扱うためには、それぞれの文字に対応した固有の符号化コードを用意する必要があります。

そのようなコードは、業務を管轄する省庁/団体/組織の手により一意の識別コードとして採番・管理されています。

「蕃」の文字コード一覧
UCS / Unicode 6) U+8543
JIS級別 JIS第1水準漢字
(JIS2000)
JIS X 0212
JIS X 0213 1-40-57
戸籍統一文字番号 7) 012377
住基ネット統一文字コード J+8543
入管正字コード 8) 8543

「蕃」の検字番号

出版社より刊行された漢字辞典や漢和辞典から「蕃」の字を、より効率よく探す手段として検字番号というがあります。

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された固有の識別番号をもとに、割り当てられた漢字の掲載位置を特定することができます。

「蕃」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源9) 角川書店
新大字典10) 講談社
新潮日本語漢字辞典11) 新潮社 SN-10856
大漢和辞典12)13) 大修館書店 TM-31906S
大漢語林14) 大修館書店

蕃が含まれる熟語・語句

「蕃」の字がつく熟語(成句、慣用句、イディオム)や語句で検索した結果を紹介します。

「蕃」を含む熟語・語句

「蕃」の文字が、語に含まれている熟語・語句を列記します。

蕃書調所【ばんしょしらべしょ】

    ・ [教] 江戸幕末、幕府が設置した洋学の研究教育機関。
    英学・蘭学や科学技術などを教授し、外交文書の翻訳も行った。
    旗本・陪臣の子弟のほか、町人の入学も許した。
    1854年(安政元年) 日米和親条約の締結後、幕府に洋学校設立の議がおこる。
    1855年(安政 2年) 天文方の蕃書和解御用を独立させ、九段坂下に洋学所を開設。
    1856年(安政 3年) 洋学所を蕃書調所と改称。
    1862年(文久 2年) 一橋門外に移転して洋書調所と改称。 ようしょしらべしょ(洋書調所)。

蕃椒【ばんしょう《ばんせう》】

    [中国語] fanjiao

    ・ とうがらし(トウガラシ、唐辛子、唐芥子、蕃椒)

まとめ

以上で「蕃」についての情報と解説は終わりです。

ウサタロー

蕃の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度まとめます。
蕃のまとめ
  1. 蕃の画数 :15画
  2. 蕃の部首 :艸
  3. 蕃の書き順:もう一回みなおす
  4. 蕃の読み方:バン/しげる
  5. 蕃の意味 :えびす/未開の異民族/外国

今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:9558)

脚注   [ + ]