「降」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

降の画像

」は、阜部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は10画(部首内画数:阜部6画)で構成され、ふる/雨・雪・雹などがふること/ふらすといった意味をもつ。

漢字「降」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 阜【こざとへん】
画数 総画数 10画
部首内画数 阜部6画
読み 音読み コウ
《外》ゴウ
訓読み お(りる)
お(ろす)
ふ(る)
《外》くだ(す)
《外》くだ(る)
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検5級
日本語能力検定 JLPT N3
学習レベル 小学校6年生修了程度

書き順と読み方

降の書き順《書き方》

降の書き順・書き方
「降」の筆順アニメーション
動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/10画》

降の読み方

ゴウコウ降るふる降るくだる降すくだす降ろすおろす降りるおりる

意味

英語翻訳

descend; precipitate; fall; surrender

意味と用例

  1. ふる。などがふること。ふらす。「降雨・降雪・降雹」
  2. おりる。い所からおりる。おろす。対義語:「降下・降嫁・降格・降誕・降壇・降臨・降霊・下降・滑降・昇降・乗降・沈降」
  3. くだる。けたう。「降参・降人・降服・降伏・投降」
  4. くだす。敵を負かして従わせる。「降伏(ごうぶく)・降服(ごうぶく)・降魔」
  5. あるから。移る時。「以降」

部首と構成

降の構成要素

「降」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

  • 阝夅

阜部【ふぶ】

降の部首として【こざとへん】がある。降は阜部6画に配列される。

阜部の意味
 小高い山、丘陵、土山、地形、昇降、高低、障害物

語句

降を含む四字熟語

「降」の漢字を語中にもつ四字熟語を表にまとめる。

「降」が入る四字熟語
天孫降臨てんそんこうりん

関連語句

降伏法【ごうぶくほう《がうぶくはふ》】

  • [仏]四種法(シシュホウ)・三種法の一つ。
    密教で、法力によって邪悪な対象・怨敵(オンテキ)・魔障(マショウ)を屈伏させる修法(シュウホウ)。
    尊格として五大明王(ミョウオウ)などの明王を選び本尊として、行者(ギョウジャ)が南方に向い、護摩(ゴマ)壇や護摩炉も三角形青黒色のものを用い、怨敵の破滅を祈る。
    時として一種の形代(カタシロ)(ヤントラ)を作り、それを焼いたり、釘を打ちつけるなどの呪術的な治罰(ジバツ)行為も行われる。
    「降伏」、「調伏法(チョウブクホウ)」、「調伏」とも呼ぶ。ししゅほう(四種法)、やんとら(ヤントラ)。
  • 古代インドのベーダの祭典に起源がある。
    日本の密教では、国土に害をなす外敵降伏のために太元帥(タイゲンスイ)明王などを尊格とすることもある。また密教以外でも、蒙古来襲に際しては日蓮の祈念などの例がある

降三世明王【ごうざんぜみょうおう《がうざんぜみやうわう》】

    [梵]Trilokavijaya/Trailokyavijaya

  • [仏]五大明王の一神。
    多くは四面八臂(ハッピ)・三面八臂で忿怒(フンヌ)の相を表し、左足で大自在天(ダイジザイテン)を、右足でその妃烏摩(ウマ)を踏む。
  • その姿は、シバ神(大自在天)が三世界の主として大日如来に従わなかったため、降三世明王によって降伏(ゴウブク)させられたことを図像化したもの。
  • “tri”は「三」、”loka”は「世間、世界」、”vijaya”は「勝利」の意味。

文字

文字コード

「降」の漢字を電子計算機上で正しく取り扱うため、文字集合の規格策定が進められてきた。各文字集合で定義された「降」の字に対応する符号位置と符号化方式とによって固有の識別コードである《文字コード》が導出される2

「降」の文字コード一覧
Unicode / UCS 3 U+964D
JISX0213 1-25-63
戸籍統一文字番号 4 472620
住基ネット統一文字 J+964D

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「降」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源5 角川書店
新大字典6 講談社
新潮日本語漢字辞典7 新潮社 13722
大漢和辞典8 9 大修館書店
大漢語林10 大修館書店 12472
辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を特定する手助けとなります。

まとめ

「降」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「降」についての総括
  1. 降の画数 :10画
  2. 降の部首 : 阜
  3. 降の読み方:ゴウ,コウ,ふる,くだる,くだす,おろす,おりる
  4. 降の意味 :ふる/雨・雪・雹などがふること/ふらす
以上で「降」の字の解説はおしまいです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:17603)