「竿」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


竿とは、さお/竹ざおなどの意味をもつ漢字である。竹を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、9画の画数を有する。

漢字「竿」
字体竿
部首竹【ちく】
画数総画数9画
部首内画数竹部3画
読み音読みカン
訓読みさお
ふだ
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検準1級
学習レベル大学/一般

意味

意味と用例

竿とは

さお/竹ざお

書き方と読み方

竿の書き方

竿_書き方
竿の書き順【筆順】

竿の読み方

竿カン竿ふだ竿さお

部首と構成

部首

竹部(ちくぶ)

竿の部首はであり、竹を部首にもつ漢字の集まりを竹部という。竹部には「イネ科植物の竹、葉が垂れる様子、竹製品」という意がある。

竹部における「竿」

竿の漢字は、竹の画数+3画で構成されるため、竹部3画の漢字と表現される。

熟語

竿を含む四字熟語

「竿」の漢字を語中にもつ四字熟語2種を表にまとめる。

「竿」が入る四字熟語
一竿風月いっかんふうげつ百尺竿頭ひゃくしゃくかんとう

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「竿」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

竿縁/棹縁【さおぶち《さをぶち》】

    [Romaji]saobuchi

  • [建]天井板を支えるため、天井の板材と直角方向に取り付ける細長い化粧板。
    角木・丸木・竹などが用いられる。
    天井の板材の幅で間隔は異なるが、普通一尺二寸~一尺五寸(約36~45センチメートル)位の間隔で平行に取り付ける。
    両端を天井の回り縁に取り付け、中央部は垂れ下がらないように梁(ハリ)から吊(ツ)るす。さるぼおてんじょう(猿頬天井)、まわりぶち(回り縁、回縁)、ひらぶち(平縁)。
  • 旧堺灯台:大浜北町(オオハマキタマチ)の旧堺港にある国史跡。現存する日本最古の木造洋式灯台。高さ11.3メートル。
  • 1877年(明治10年)寄付金と堺県の補助金で建設、9月15日点灯。
  • 1968年(昭和43年)1月29日廃灯。
  • 1972年(昭和47年)7月12日国の史跡に指定。
  • 2006年(平成18年)4月1日政令指定都市となる。
  • [交]さかいしえき(堺市駅)

竿/棹【さお《さを》】

  • 竿石の略称。
    さおいし(竿石)
  • 旗(ハタ)を数える助数詞。
  • 箪笥(タンス)・長持などを数える助数詞。
  • 横にある金具に竿を通して担(カツ)ぐことから。
  • 羊羹(ヨウカン)・洲浜(スハマ)などの細長い菓子を数える助数詞。
  • [俗]陰茎(インケイ)。

検索手法

文字コード

「竿」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「竿」の字に割り当てられる1

「竿」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+7AFF
JISX0213 1-20-40
戸籍統一文字番号 3289250
住基ネット統一文字J+7AFF

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「竿」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店6977
新大字典5講談社11587
新潮日本語漢字辞典6新潮社8445
大漢和辞典7 8大修館書店25854
大漢語林9大修館書店8191

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「竿」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「竿」についての総括
  1. 竿の画数 :9画
  2. 竿の部首 : 竹
  3. 竿の読み方:カン,ふだ,さお
  4. 竿の意味 :さお/竹ざお
以上で「竿」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。