「鹿」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


鹿とは、しか/ろく/鯨偶蹄目シカ科の哺乳動物の総称などの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。鹿を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、11画の画数を有する。

漢字「鹿」
字体鹿
分類常用漢字
部首鹿【ろく】
画数総画数11画
部首内画数鹿部0画
読み音読み《外》ロク
訓読み
しか
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検2級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル高校卒業/大学/一般

意味

意味と用例

  1. しか。ろく。鯨偶蹄目シカの哺乳動物の総称。「鹿角(ろっかく)・鹿砦(ろくさい)・鹿鳴(ろくめい)・赤鹿(あかしか)・箆鹿(へらじか)・馴鹿(じゅんろく)」
  2. 帝位。政権。地位。「逐鹿(ちくろく)」

字意

鹿【しか】
  • [哺]しか(シカ、鹿)
  • 遊女の階級の一つ。囲(カコイ)女郎の別称。
    揚代が16文であったころ「四四(シシ)」を「鹿(シシ)」に当て、「鹿恋(カコヒ)」の字も用いたことから。
  • ウド(独活)の生長して、葉の伸び出たもの。
    2月ころに鹿の角が落ちるので、俗に鹿がこれを食うと角が落ちると言われていた。うど(ウド、独活)。
  • [俗]芸人仲間などで落語家。
    「はなしか(咄家)」の「はな」を略したもの。
  • [古](北海道で)船乗り相手の売春婦。
    小船に乗って来ることを、鹿が好んで海水を飲みに来ることに掛けたもの。
  • 花札(ハナフダ)の一つ。
    モミジ(紅葉)にシカが描かれた十点札。いのしかちょう(猪鹿蝶)。
  • 英語翻訳(English translation)

    1. deer

    書き方と読み方

    鹿の書き方

    鹿_書き方
    鹿の書き順【筆順】

    鹿の読み方

    鹿ロク鹿しか鹿

    部首と構成

    部首

    鹿部(ろくぶ)

    鹿の部首は鹿であり、鹿を部首にもつ漢字の集まりを鹿部という。鹿部には「鹿、シカ科の動物、鹿に似た動物」という意がある。

    鹿部における「鹿」

    鹿の漢字は、鹿の画数+0画で構成されるため、鹿部0画の漢字と表現される。

    熟語

    熟語・関連語句

    一般的な国語辞典などに記載されている「鹿」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

    鹿鳴館【ろくめいかん《ろくめいくわん》】

    • [歴]明治初期の官設社交場。
      旧薩摩藩の屋敷跡、東京麹町区山下町(現:千代田区内幸町1丁目)で、現在の帝国ホテルの北隣りにあった。
      外務卿井上馨が条約改正促進のため風俗・習慣の欧化政策を図り、外国貴賓の接待と上流社会の社交を目的として建設。夜会・舞踏会・音楽会・仮装会・婦人慈善会を催し、西欧風俗模倣の中心をなした。
    • このことから井上馨(カオル)が条約改正に失敗し1887(明治20)辞職するあたりまでを「鹿鳴館時代」とも呼ぶ。ろくめいかんじだい(鹿鳴館時代)。
    • イギリス人コンドル(JosiahConder)設計による煉瓦造りの二階建て洋風建築で、1881(明治14)着工、1883.7.(明治16)落成。
      のち、外務省から宮内省に移管され、1890(明治23)から1933(昭和8)まで華族会館として使用され、1940(昭和15)取り壊された。
    • 入会は華族や外国使臣のみに許されていたが、出入りしていた女性の中には芸者がかなりいたという。
    • 名称は『詩経』の小雅「鹿鳴」に基づく。

    鹿野山【かのうざん】

      [Romaji]KanoZan

    • [地]千葉県房総半島の中南部、君津市と富津市の境にある山。
      標高352メートル。
      山上に神野寺(ジンヤジ)や白鳥神社があり、房総三山の一つ。
      南西斜面にはマザー牧場がある。
      成田層群の砂層からなり、北側は緩斜面、南側は急斜面をなす。
      山頂の三角点と東京都港区麻布の旧天文台跡の一等三角点を結ぶ方向は日本の方位を決める基準方位をなっていて、測地観測所がある。
      「かのやま(鹿野山)」、「かのさん(鹿野山)」とも呼ぶ。
    • 神野寺は真言宗の名寺で、京浜に及ぶ広い信仰圏をもち、百姓門前村に由来する数十戸の民家がある。
    • 南房総国定公園に属し、九十九谷と呼ぶ房総丘陵の起伏やマザー牧場があり、富士山などの展望がよい。

    検索手法

    文字コード

    「鹿」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「鹿」の字に割り当てられる1

    「鹿」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 2U+9E7F
    JISX0213 1-28-15
    戸籍統一文字番号 3538570
    住基ネット統一文字J+9E7F

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「鹿」の検字番号一覧
    書籍出版社検字番号
    角川大字源4角川書店12092
    新大字典5講談社20654
    新潮日本語漢字辞典6新潮社15145
    大漢和辞典7 8大修館書店47586
    大漢語林9大修館書店13728

    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

    まとめ

    「鹿」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「鹿」についての総括
    1. 鹿の画数 :11画
    2. 鹿の部首 : 鹿
    3. 鹿の読み方:ロク,しか,か
    4. 鹿の意味 :しか/ろく/鯨偶蹄目シカ科の哺乳動物の総称
    以上で「鹿」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    ウサタロー

    おねがい
    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。