「弓」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、ゆみ/矢を飛ばすための武器などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。弓を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、3画の画数を有する。

漢字「弓」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首弓【きゅう】
画数総画数3画
部首内画数弓部0画
読み音読み《中》キュウ
訓読みゆみ
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検9級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル小学校2年生修了程度

意味

意味と用例

  1. ゆみ。ばすための武器。「弓術・弓箭・弓馬・強弓(ごうきゅう)・半弓・洋弓・楊弓・石弓」
  2. ゆみなりにがった。「弓状・弓形」
  3. バイオリンなどの擦弦楽器の弓。「胡弓(こきゅう)」

字意

弓【ゆみ】
[英語]bow(ボウ)

  • 「矢(ヤ)([英語]arrow)」とともに「飛道具(トビドウグ)」の一つ。しげとう(重籐、滋籐)、ゆぶくろ(弓袋、韜)。
  • 強弓:しちにんばり(七人張り、七人張)「アーチェリー([英語]archery)」は「洋弓術」または「弓矢類」の意味であるが、日本では「洋弓(ヨウキュウ)」も指す。
  • [楽]擦弦(サツゲン)楽器を演奏するための器具。
    細長い棒に馬の尾の毛などを張り、その毛で楽器の弦(ゲン)をこすり、振動させて音を出すもの。
    良く振動するようにマツヤニ(松脂)を塗ることもある。
    「ボーゲン([ドイツ語]Bogen)」とも呼ぶ。
  • 英語翻訳(English translation)

    1. bow
    2. bow (archery, violin)

    書き方と読み方

    弓の書き方

    弓_書き方
    弓の書き順【筆順】

    弓の読み方

    キュウゆみ

    部首と構成

    部首

    弓部(きゅうぶ)

    弓の部首はであり、弓を部首にもつ漢字の集まりを弓部という。弓部には「弓の形、弓の種類、弓の性質」という意がある。

    弓部における「弓」

    弓の漢字は、弓の画数+0画で構成されるため、弓部0画の漢字と表現される。

    熟語

    熟語・関連語句

    一般的な国語辞典などに記載されている「弓」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

    弓【ゆみ】

      [英語]bow(ボウ)

    • 「矢(ヤ)([英語]arrow)」とともに「飛道具(トビドウグ)」の一つ。しげとう(重籐、滋籐)、ゆぶくろ(弓袋、韜)。
    • 強弓:しちにんばり(七人張り、七人張)「アーチェリー([英語]archery)」は「洋弓術」または「弓矢類」の意味であるが、日本では「洋弓(ヨウキュウ)」も指す。
    • [楽]擦弦(サツゲン)楽器を演奏するための器具。
      細長い棒に馬の尾の毛などを張り、その毛で楽器の弦(ゲン)をこすり、振動させて音を出すもの。
      良く振動するようにマツヤニ(松脂)を塗ることもある。
      「ボーゲン([ドイツ語]Bogen)」とも呼ぶ。

    弓ヶ浜【ゆみがはま】

      [Romaji]Yumigahama/YumigaHama

    • [地]静岡県南東部の伊豆半島、賀茂郡(カモグン)南伊豆町(ミナミイズチョウ)南東部の手石港(テイシコウ)に面する海岸。
    • [地]鳥取県の北西端、中海(ナカウミ)と美保湾との間の半島状の砂州。狭義には美保湾側の砂浜海岸。
      北部(先端部)は境港市、中部・南部(基部)は米子市に属する。
      「弓浜(ユミハマ)」、「夜見ヶ浜(ヨミガハマ)」とも呼び、古称は「夜見島(ヨミシマ)」。なかうみ(中海)。
    • 砂州内側から縄文・弥生時代の遺物が出土。

    検索手法

    文字コード

    「弓」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「弓」の字に割り当てられる1

    「弓」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 2U+5F13
    JISX0213 1-21-61
    戸籍統一文字番号 3109590
    住基ネット統一文字J+5F13

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「弓」の検字番号一覧
    書籍出版社検字番号
    角川大字源4角川書店2593
    新大字典5講談社4519
    新潮日本語漢字辞典6新潮社3238
    大漢和辞典7 8大修館書店9692
    大漢語林9大修館書店

    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

    まとめ

    「弓」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「弓」についての総括
    1. 弓の画数 :3画
    2. 弓の部首 : 弓
    3. 弓の読み方:キュウ,ゆみ
    4. 弓の意味 :ゆみ/矢を飛ばすための武器
    以上で「弓」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    ウサタロー

    おねがい
    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。