「華」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、はな/草木の花の総称/花の本字などの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。艸を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、10画の画数を有する。

漢字「華」
字体
分類常用漢字
部首艸【そう】
画数総画数10画
部首内画数艸部7画
読み音読み
《高》
《外》
訓読みはな
《外》しろ()
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検3級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル中学校卒業程度

意味

意味と用例

  1. はな。草木のの総称。の本字。類義語:「華道・華容・蓮華(れんげ)・華鬘(けまん)・国華」
  2. はなやか。しい。立派。える。「華美・華麗・栄華」
  3. しろい。。おしろい。「鉛華・亜鉛華」
  4. 中国・中華人民共和国の自称。「中華・日華・華夷・華夏・華北・華中・華南・華僑(かきょう)・華語」

英語翻訳(English translation)

  1. splendor
  2. flower
  3. petal
  4. shine
  5. luster
  6. ostentatious
  7. showy
  8. gay
  9. gorgeous

書き方と読み方

華の書き方

華_書き方
華の書き順【筆順】

華の読み方

はな華いしろい

部首と構成

部首

艸部(そうぶ)

華の部首はであり、艸を部首にもつ漢字の集まりを艸部という。艸部には「草、草本植物の総称、樹木ではない植物」という意がある。

艸部における「華」

華の漢字は、艸の画数+7画で構成されるため、艸部7画の漢字と表現される。

熟語

華を含む四字熟語

「華」の漢字を語中にもつ四字熟語11種を表にまとめる。

「華」が入る四字熟語
拈華微笑ねんげみしょう栄華秀英えいかしゅうえい英華発外えいかはつがい
栄耀栄華えいようえいが去華就実きょかしゅうじつ絢爛豪華けんらんごうか
豪華絢爛ごうかけんらん枯樹生華こじゅせいか荘厳華麗そうごんかれい
南華之悔なんかのくい富貴栄華ふうきえいが

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「華」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

華族【かぞく《くわぞく》】

    [英語]peer/noble

  • 身分の尊い家柄。貴族。
  • 平安時代以来、大臣・大将を兼ねて太政大臣に昇進できる家柄。清華(セイガ)。せいが(清華)。
  • 族籍(ゾクセキ)の一つ。皇族・王族・公族の下、士族の上に位する。爵位(公・侯・伯・子・男)を持った者とその家族。ぞくせき(族籍)、おうぞく(王族)、こうぞく(公族)。
  • 1869年(明治2.6.年)公卿・諸侯(大名)を華族と改称。
    1871(明治4.8.23)華士族と平民の結婚が許可。華士族の農工商業も許される。
  • 1884年(明治17年)7月7日華族令、公・侯・伯・子・男の5爵が定まる。
  • 1907年(明治40年)5月改正華族令が公布、ブルジョア(資本家階級)が華族の仲間入りをする。
  • 1947年(昭和22年)廃止。
  • 華族の嫡男は成年に達すると自動的に従五位を授けられる。じゅごい(従五位)。

華厳の滝/華厳滝【けごんのたき】

  • [地]日光の三名瀑一つ。高さ99メートル、幅約10メートル。
  • 那智の滝(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)・袋田の滝(茨城県久慈郡大子町)とともに日本三名瀑の一つ。
  • 1903年(明治36年)5月22日那珂通世(ナカ・ミチヨ)の甥で一高生の藤村操(ミサオ)が滝に投身自殺し、そばの大樹に「厳頭の感」が刻まれていた。
    「悠々たる哉天壊、遼々たる哉古今、五尺の小躯を以て此大をはからむとす……曰く”不可解”……」。

検索手法

文字コード

「華」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「華」の字に割り当てられる1

「華」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+83EF
JISX0213 1-18-58
戸籍統一文字番号 3347300
住基ネット統一文字J+83EF

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「華」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店8287
新大字典5講談社13811
新潮日本語漢字辞典6新潮社10228
大漢和辞典7 8大修館書店31119
大漢語林9大修館書店9450

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「華」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「華」についての総括
  1. 華の画数 :10画
  2. 華の部首 : 艸
  3. 華の読み方:ゲ,ケ,カ,はな,しろい
  4. 華の意味 :はな/草木の花の総称/花の本字
以上で「華」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。