「姫」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、身分の高い女性に対する敬称/貴婦人/貴人の娘などの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。女を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、10画の画数を有する。

漢字「姫」
字体
分類常用漢字
部首女【じょ】
画数総画数10画
部首内画数女部7画
読み音読み《外》
訓読みひめ
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検3級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル中学校卒業程度

意味

意味と用例

  1. 身分のい女性にする敬称。貴婦人。貴人の。類義語: 対義語:
    • キ。「姫妾(きしょう)・寵姫(ちょうき)・美姫・妖姫」
    • ひめ。「姫鑑(ひめかがみ)・歌姫・乙姫(おとひめ)・舞姫・最姫(もひめ)」

英語翻訳(English translation)

  1. princess

書き方と読み方

姫の書き方

姫_書き方
姫の書き順【筆順】

姫の読み方

ひめ

部首と構成

部首

女部(じょぶ)

姫の部首はであり、女を部首にもつ漢字の集まりを女部という。女部には「女性、婚姻、姻戚、姓、感情、女性の跪いた形」という意がある。

女部における「姫」

姫の漢字は、女の画数+7画で構成されるため、女部7画の漢字と表現される。

熟語

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「姫」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

姫路城【ひめじじょう《ひめぢじやう》】

    [Romaji]HimejiJo

  • [歴][建]兵庫県姫路市本町(ホンマチ)に現存する城。
    元弘の変の1333(<南>元弘3,<北>正慶2)赤松則村(ノリムラ)が姫山に挙兵し、14世紀半ば(1346年ころ)その子の赤松貞範が山上に築城したといわれる。
    天正年間(1573~1592)赤松氏の重臣小寺宗円が中国征伐の将豊臣秀吉に居城を提供し整備。秀吉はここで毛利氏と対陣する。
  • 1600年(慶長5年)関ヶ原の戦い後、池田輝政が城主となって大改修を行ない、1608~1609(慶長13~慶長14)天守が、1614(慶長19)西の丸が完成し城郭が整った。五層六階の大天守(高さ26メートル)を中心に三層の小天守三つを渡櫓で連絡する、天守連立式の本丸を擁する平山城(ヒラヤマジロ)形式。
    のち本多・松平・榊原・酒井(15万石)氏の居城。
    その白い姿から「白鷺城(シラサギジョウ、ハクロジョウ)」とも呼ぶ。
  • 櫓(ヤグラ)・門・白い土塀(ドベイ)など82棟からなり、日本の城郭建築の完成期の姿を伝える貴重な遺構。
  • 1950年(昭和25年)菱(ヒシ)の門、国指定重要文化財に指定。
  • 1993年(平成5年)12月8日世界文化遺産に認定。

姫戸町【ひめどまち】

    [Romaji]HimedoMachi

  • [古]熊本県西部、天草郡(アマクサグン)にあった町。天草上島(アマクサカミジマ)の東岸。
  • 1889年(明治22年)姫浦村と二間戸村が合併して姫戸村を発足。
  • 1962年(昭和37年)町制施行。
  • 2004年(平成16年)3月31日大矢野町(オオヤノマチ)・松島町(マツシママチ)・龍ヶ岳町(リュウガタケマチ)と合併して上天草市(カミアマクサシ)を発足。

検索手法

文字コード

「姫」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「姫」の字に割り当てられる1

「姫」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+59EB
JISX0213 1-41-17
戸籍統一文字番号 3071240
住基ネット統一文字J+59EB

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「姫」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店1873
新大字典5講談社3168
新潮日本語漢字辞典6新潮社2328
大漢和辞典7 8大修館書店6229
大漢語林9大修館書店2279

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「姫」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「姫」についての総括
  1. 姫の画数 :10画
  2. 姫の部首 : 女
  3. 姫の読み方:キ,ひめ
  4. 姫の意味 :身分の高い女性に対する敬称/貴婦人/貴人の娘
以上で「姫」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。