「手」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、て/人体の肩、腕もしくは手首から先の部分などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。手を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、4画の画数を有する。

漢字「手」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首手【しゅ】
画数総画数4画
部首内画数手部0画
読み音読みシュ
《外》
訓読み
《中》
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検10級
日本語能力検定JLPT N4
学習レベル小学校1年生修了程度

意味

意味と用例

  1. て。人体のもしくは手首からの部分。「手芸・手工・手足・手套(しゅとう)・手腕・握手・挙手・触手・隻手・双手・着手・敵手・徒手・毒手・入手・拍手・落手・手相(てそう)」
  2. てずから。ら。「手記・手芸・手書」
  3. てなみ。腕前。やり。「手段・手法・悪手・応手・凡手・魔手・妙手・老手」
  4. あるれた人間。専門家。「国手・名手・上手(じょうず)」
  5. てにする。つ。「手剣・手燭(しゅしょく)・入手・手綱(たづな)」
  6. ある仕事をもつ人間。「駅手・歌手・騎手・旗手・技手・鼓手・助手・選手・舵手(だしゅ)・砲手」

英語翻訳(English translation)

  1. hand

書き方と読み方

手の書き方

手_書き方
手の書き順【筆順】

手の読み方

シュ

部首と構成

部首

手部(しゅぶ)

手の部首はであり、手を部首にもつ漢字の集まりを手部という。手部には「手、手の部分、手の動作、形状」という意がある。

手部における「手」

手の漢字は、手の画数+0画で構成されるため、手部0画の漢字と表現される。

熟語

手を含む四字熟語

「手」の漢字を語中にもつ四字熟語7種を表にまとめる。

「手」が入る四字熟語
袖手傍観しゅうしゅぼうかん手舞足踏しゅぶそくとう赤手空拳せきしゅくうけん
先手必勝せんてひっしょう徒手空拳としゅくうけん拍手喝采はくしゅかっさい
無手勝流むてかつりゅう

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「手」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

手拭い【てぬぐい《てぬぐひ》】

  • 手・顔・体などをぬぐい拭(フ)くための木綿布。
    一幅(ヒト・ノ)を三尺(サン・ジャク)(約90センチメートル)くらいに切った普通の手拭いを「三尺手拭い」と呼ぶ。
    また、古くは六尺手拭いや、江戸時代には四尺・五尺のものもあった。
    鉢巻(ハチマキ)・頬(ホオ)かぶり・置き手拭い・腰帯(コシオビ)などにも用いた。
    タオルの普及とともに用いられなくなっている。
    「手巾(シュキン)」、「みのごい(身拭い、身拭)」とも呼ぶ。ほおかぶり(頬被り、頬冠り)、あねさんかぶり(姉さん被り)、おきてぬぐい(置き手拭い、置手拭)、ふきながし(吹き流し、吹流し)。
  • 落語家の隠語では「曼陀羅(マンダラ)」。
    昭和中期までの男子学生はハンカチ代りに、縦は二つ折り、横は四つ折り程度にたたんで、ズボンのベルト(当時はバンドと呼んでいた)の腰の後ろ側に下げていた。
    かつては常時持ち歩いていたので、下駄(ゲタ)の鼻緒(ハナオ)が切れたときには、細く裂いて撚(ヨ)り、間に合せに直した。
    食器などを拭く布は「布巾(フキン)」と呼ぶ。
    物や床などを拭く布は「雑巾(ゾウキン)」と呼ぶ。

手袋【てぶくろ】

  • [服]
  • 手袋をはめる
  • 5本指の手袋はグラブ(グローブ)(glove)、親指だけ離れた二股(フタマタ)の手袋はミトン(mitten)。グラブは野球のグローブと同じ、ミトンはミットの類語。
    長手袋:参照[1]がんとれっと(ガントレット)指のまち(襠):フルシェット([フランス語]fourchette)。
  • 子供の遊び:ろくぶて(ろくぶて)指人形:一方を裏返しにして指を無くして頭とし、片方の人差し指と中指で頭を結び付け、親指には親指、薬指には人差し指を入れて遊ぶ。
  • フランス語:ガン(gant)。

検索手法

文字コード

「手」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「手」の字に割り当てられる1

「手」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+624B
JISX0213 1-28-74
戸籍統一文字番号 3132650
住基ネット統一文字J+624B

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「手」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店3213
新大字典5講談社5376
新潮日本語漢字辞典6新潮社3898
大漢和辞典7 8大修館書店11768
大漢語林9大修館書店3787

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「手」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「手」についての総括
  1. 手の画数 :4画
  2. 手の部首 : 手
  3. 手の読み方:ズ,シュ,て,た
  4. 手の意味 :て/人体の肩、腕もしくは手首から先の部分
以上で「手」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。