「錦」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、にしき/金などの糸で模様を織り出した高級な絹織物などの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。巾を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、16画の画数を有する。

漢字「錦」
字体
分類常用漢字
部首巾【きん】
金【きん】
画数総画数16画
部首内画数巾部13画
金部8画
読み音読みキン
訓読みにしき
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検2級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル高校卒業/大学/一般

意味

意味と用例

  1. にしき。などので模様をした高級な絹織物。「錦衣・錦上・錦繡・錦紗・錦旗・紅錦・蜀江錦」
  2. りがやかでしい。「錦秋・錦鶏」
  3. 相手をうときにえる。「錦心・錦地」

英語翻訳(English translation)

  1. brocade
  2. fine dress
  3. honors

書き方と読み方

錦の書き方

錦_書き方
錦の書き順【筆順】

錦の読み方

キンにしき

部首と構成

部首

巾部(きんぶ)

錦の部首はであり、巾を部首にもつ漢字の集まりを巾部という。巾部には「布きれ、織物の種類、織物の形状」という意がある。

巾部における「錦」

錦の漢字は、巾の画数+13画で構成されるため、巾部13画の漢字と表現される。

金部(きんぶ)

錦の部首を「金」とする資料がある。金を部首にもつ漢字集合金部は「金属、財貨、貨幣、金属製品、武器、楽器」という意味を持つ。

金部における「錦」

錦の漢字は、金の画数+8画で構成されるため、金部8画の漢字に分類される。

熟語

錦を含む四字熟語

「錦」の漢字を語中にもつ四字熟語5種を表にまとめる。

「錦」が入る四字熟語
衣錦還郷いきんかんきょう錦衣玉食きんいぎょくしょく錦上添花きんじょうてんか
錦心繍口きんしんしゅうこう綾羅錦繍りょうらきんしゅう

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「錦」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

錦帯橋【きんたいきょう《きんたいけう》】

    [Romaji]KintaiKyo

  • [建]山口県岩国市を流れる錦川(ニシキガワ)に架(カ)かる反橋(ソリハシ)。
    木造5連で、橋脚は石積み。全長193.3メートル。
    「きんたいばし(錦帯橋)」、「算盤橋(ソロバンバシ)」、「五竜橋(ゴリュウキョウ)」とも呼ぶ。
  • 1673年(延宝元年)岩国藩第三代藩主の吉川広嘉が創建。
  • 1674年(延宝2年)流失して再建。
  • 1950年(昭和25年)9月キジヤ台風で流失。
  • 1953年(昭和28年)1月再建。
  • 2000年(平成12年)11月架け替え工事に着工。
  • 2004年(平成16年)3月20日架け替え工事が終了し、渡り初め。
  • 日本三名橋、日本三大奇橋の一つ。

錦江【きんこう《きんかう》】

    [朝鮮語]Kumgang

  • [地]朝鮮半島南部の蘆嶺山脈(NoryeongSanmaek)と小白山脈(SobaekSanmaek)の接する山岳地帯、韓国南西部の全羅北道(Chollabuk-do)(ゼンラホクドウ)長水郡(Jangsu-gun)に発源し、湖南平野北部を流れて、長項(Changhang)と群山(Kunsan)の間で黄海に注(ソソ)ぐ川。全長402キロメートル。
    流域の湖南平野は米作地帯。
    「クムガン(錦江)」とも呼ぶ。
    古称は「白村江(Baekchon-kang)」。はくすきのえ(白村江)。

検索手法

文字コード

「錦」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「錦」の字に割り当てられる1

「錦」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+9326
JISX0213 1-22-51
戸籍統一文字番号 3460360
住基ネット統一文字J+9326

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「錦」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店10600
新大字典5講談社17895
新潮日本語漢字辞典6新潮社13378
大漢和辞典7 8大修館書店40569
大漢語林9大修館書店12107

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「錦」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「錦」についての総括
  1. 錦の画数 :16画
  2. 錦の部首 : 巾,金
  3. 錦の読み方:キン,にしき
  4. 錦の意味 :にしき/金などの糸で模様を織り出した高級な絹織物
以上で「錦」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。