「活」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

活の画像

」は、水部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は9画(部首内画数:水部6画)で構成され、いきる/生きること/暮らすといった意味をもつ。

漢字「活」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 水【みず、さんずい】
画数 総画数 9画
部首内画数 水部6画
読み 音読み カツ
訓読み 《外》(かす)
《外》(きる)
《外》(ける)
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検9級
日本語能力検定 JLPT N3
学習レベル 小学校2年生修了程度

書き順と読み方

活の書き順《書き方》

動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/9画》

活の読み方

カツ活けるいける活きるいきる活かすいかす

意味

英語翻訳

lively; resuscitation; being helped; living

意味と用例

  1. いきる。きること。らす。対義語:「活殺・活用・死活・自活・生活」
  2. のようにいよくれる様子。いきいきとするさま。「活気・活動・活発・活力・快活」
  3. 気絶した人の意識を取り戻す。元気づけること。
  4. 活動の略称。「朝活・就活・転活・婚活・妊活・保活・離活・終活」

部首と構成

構成要素

「活」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

  • 氵舌

水部【すいぶ】

活の部首として【みず、さんずい、したみず】がある。活は水部6画に配列される。

水部の意味
 水(みず)、河川、川の流れ、液体

語句

関連語句

活仏【かつぶつ《くわつぶつ》】

    [英語]LivingBuddha

  • 人間の姿になってこの世に現れた仏。生き仏。生き如来(ニョライ)。
  • 徳の高い僧や人物。
  • [宗]([チベット語]Tulku)チベット仏教(ラマ教)の生き仏。
    チベットの黄教派の最高法王ダライ・ラマ(達頼喇嘛)と同派の副法王パンチェン・ラマ(班禅喇嘛)、カギュ派のカルマパ(Karmapa)、ドジュブ(Dezhub)活仏、および外モンゴルのボグド・ゲゲン(BogdoGegen)が生き仏として信仰されている。
  • 14世紀なかば、カギュ派の法主の選出に初めて採用。
  • 2007年(平成19年)9月1日中国政府、活仏(高僧)の転生を中央政府の申請許可制度とする「チベット仏教活仏転生管理規則」を導入。かるまぱ(カルマパ)。
  • ネパールの生き神:くまり(クマリ)

活字【かつじ《くわつじ》】

  • [印]参照かっぱん(活版)、すてっき(ステッキ)
  • 大きさに号とポイントとの2系列がある。ぽいんと(ポイント)。
  • 欧文活字の太さは細い方から、ライト(light)・スタンダード(standard)・メディウム(medium)・ボールド(bold)の順に太くなる。
  • 宋朝活字で知られるように、中国では宋代に実用化されていて、東洋の四大発明の一つ。
    1403年、李氏朝鮮、活字を鋳造。ひっしょう(畢昇)、『人名辞典』もときしょうぞう(本木昌造)。
  • 鋳造法:参照だいかすと(ダイカスト)
  • 英語:タイプ(type)。
  • ドイツ語:ティーペ(Type)/シュリフト(Schrift)。

文字

文字コード

「活」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「活」の字に割り当てられる2

「活」の文字コード一覧
Unicode / UCS 3 U+6D3B
JISX0213 1-19-72
戸籍統一文字番号 4 196700
住基ネット統一文字 J+6D3B

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「活」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源5 角川書店 4924
新大字典6 講談社 8400
新潮日本語漢字辞典7 新潮社 5965
大漢和辞典8 9 大修館書店 17423
大漢語林10 大修館書店 5923

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「活」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「活」についての総括
  1. 活の画数 :9画
  2. 活の部首 : 水
  3. 活の読み方:カツ,いける,いきる,いかす
  4. 活の意味 :いきる/生きること/暮らす
以上で「活」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:)