「堀」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、水を通すために土を掘って作った溝/類義語:濠・壕などの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。土を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、11画の画数を有する。

漢字「堀」
字体
分類常用漢字
部首土【ど】
画数総画数11画
部首内画数土部8画
読み音読み《外》クツ
《外》コツ
訓読みほり
《外》あな
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検準2級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル高校在学程度

意味

意味と用例

  1. すためにってった。類義語:
    • ほり。「堀端・空堀」

英語翻訳(English translation)

  1. ditch
  2. moat
  3. canal

書き方と読み方

堀の書き方

堀_書き方
堀の書き順【筆順】

堀の読み方

コツクツほりあな

部首と構成

部首

土部(どぶ)

堀の部首はであり、土を部首にもつ漢字の集まりを土部という。土部には「土や大地、地形、境域、土器、建造物」という意がある。

土部における「堀」

堀の漢字は、土の画数+8画で構成されるため、土部8画の漢字と表現される。

熟語

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「堀」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

堀川【ほりかわ《ほりかは》】

    [Romaji]Horikawa

  • [歴][地]京都市街の西部を北から南へ貫流した川。北山から真南に向い、西陣の東を流れていた。
    もとは賀茂川の本流であったが東に移されて賀茂川となってからは水路となる。
    軟水で良い水質であることから、沿岸に染色関連の練(ネリ)・晒(サラシ)・張物(ハリモノ)・湯熨斗(ユノシ)・型彫・紋模様・糊置(ノリオキ)・洗抜などが軒を並べていた。
  • が流れていた通りの名。平安京の小路名。
  • 伝説:参照きいちほうげん(鬼一法眼)

堀の内【ほりのうち】

    [Romaji]horinouchi/Horinouchi

  • [歴]中世、地頭など在地領主の屋敷地内。
    「土居(ドイ)」とも呼ぶ。
  • [歴]堀をめぐらせた城下町の内側に形成された町。
    東京都杉並区堀ノ内など、特に関東に多く地名として残っている。
  • 東京都杉並区堀ノ内にある日蓮宗の日円山妙法寺の俗称。

検索手法

文字コード

「堀」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「堀」の字に割り当てられる1

「堀」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+5800
JISX0213 1-43-57
戸籍統一文字番号 3059400
住基ネット統一文字J+5800

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「堀」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店1568
新大字典5講談社2678
新潮日本語漢字辞典6新潮社1953
大漢和辞典7 8大修館書店5205
大漢語林9大修館書店1905

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「堀」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「堀」についての総括
  1. 堀の画数 :11画
  2. 堀の部首 : 土
  3. 堀の読み方:コツ,クツ,ほり,あな
  4. 堀の意味 :水を通すために土を掘って作った溝/類義語:濠・壕
以上で「堀」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。