「殺」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、ころす/あやめる/命を絶つなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。殳を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、10画の画数を有する。

漢字「殺」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首殳【しゅ】
画数総画数10画
部首内画数殳部6画
読み音読みサツ
《高》サイ
《高》セツ
訓読みころ()
《外》けず()
《外》()
《外》(げる)
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検7級
日本語能力検定JLPT N3
学習レベル小学校4年生修了程度

意味

意味と用例

  1. ころす。あやめる。つ。「殺菌・殺害・殺傷・殺人・殺虫・殺戮(さつりく)・殺伐・殺気・殺意・殺生(せっしょう)・圧殺・暗殺・虐殺(ぎゃくさつ)・故殺・誤殺・絞殺・惨殺(ざんさつ)・刺殺・自殺・射殺・銃殺・生殺(せいさつ)・他殺・屠殺(とさつ)・撲殺(ぼくさつ)」
  2. なくす。す。ぼす。「抹殺・殺風景」
  3. 語勢をめるための助詞。だしい。「殺到・笑殺(しょうさつ)・忙殺・悩殺・黙殺」
  4. そぐ。る。らす。「減殺(げんさい)・相殺(そうさい)」
  5. 《野球》アウトをとること。「挟殺・刺殺・重殺・封殺・併殺・補殺・三重殺」

英語翻訳(English translation)

  1. kill
  2. murder
  3. butcher
  4. slice off
  5. split
  6. diminish
  7. reduce
  8. spoil

書き方と読み方

殺の書き方

殺_書き方
殺の書き順【筆順】

殺の読み方

セツサツサイ殺げるそげる殺ぐそぐ殺すころす殺るけずる

部首と構成

部首

殳部(しゅぶ)

殺の部首はであり、殳を部首にもつ漢字の集まりを殳部という。殳部には「殴打、破壊、攻撃、刃のない戈」という意がある。

殳部における「殺」

殺の漢字は、殳の画数+6画で構成されるため、殳部6画の漢字と表現される。

熟語

異体字・新字体・旧字体

「殺」と読み方や意味が同一でありながら、字体が異なる漢字を示す。

2015.03.01「殺」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

殺を含む四字熟語

「殺」の漢字を語中にもつ四字熟語3種を表にまとめる。

「殺」が入る四字熟語
一殺多生いっさつたしょう殺伐激越さつばつげきえつ殺生禁断せっしょうきんだん

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「殺」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

殺生石【せっしょうせき《せつしやうせき》】

  • 栃木県那須郡那須町(ナスマチ)の温泉(ユゼン)神社の北にある大きな輝石安山岩。
    昔からこの石に近づく獣や鳥が死ぬために呼ばれた。現在もこの辺は硫化水素のガスが噴出していて、曇りの日などは危険である。
    近くに松尾芭蕉(バショウ)の詠んだ「石の香や夏草赤く露あつし」の句碑がある。りゅうきこう(硫気孔)。
  • 奈良時代の遣唐使の吉備真備(キビノマキビ)が帰朝したおり、一人の美女を伴ってきた。実はこの女は中国で変幻自在の魔力をつかい殷(イン)や天竺(テンジク)、そして周(シュウ)などの国を滅亡させた「金毛白面九尾の狐(キツネ)」であった。
    日本では鳥羽天皇のころに玉藻前(タマモノマエ)と呼ばれて寵愛を受けていたが、陰陽師阿倍泰親(アベノヤスチカ)に正体を見破られ那須野ヶ原まで逃れた。しかし、討伐の命をうけた武将三浦介義明と上総介広常の二人に退治されてしまった。狐の魂は大きな石となって毒気を放ち「殺生石」と呼ばれ恐れられていた。
    のち南北朝時代に能登総持寺の高僧玄翁(ゲンノウ)和尚が石を打ち砕いたが、その妖気は残ってその飛び散ったかけらは会津(福島県)や備後(広島県)まで届き、毒気を吐き続けたといわれる。きゅうびのきつね(九尾の狐)。

殺人【さつじん】

  • 人を殺すこと。
  • 殺人罪、殺人事件
  • 英語:マーダー(murder):[2]まーだー(マーダー)ドイツ語:モルト(Mord):もると(モルト)フランス語:ムルトル(meurtre)。
  • イタリア語:オミチーディオ(omicidio)。
  • スペイン語:アセシナート(asesinato)。
  • トルコ語:ジナイェット(cinayet)。
  • 中国語:凶殺(兇殺)(xiongsha)。
  • 他人に殺された人の親族を「苦主(クシュ)」と呼ぶ。
    日本の殺人の約半数は、無理心中などの親族によるもの。
  • 『旧訳聖書』での殺人者の第1号:かいん(カイン)

検索手法

文字コード

「殺」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「殺」の字に割り当てられる1

「殺」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+6BBA
JISX0213 1-27-06
戸籍統一文字番号 3188540
住基ネット統一文字J+6BBA

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「殺」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店4726
新大字典5講談社8002
新潮日本語漢字辞典6新潮社5737
大漢和辞典7 8大修館書店16629
大漢語林9大修館書店5696

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「殺」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「殺」についての総括
  1. 殺の画数 :10画
  2. 殺の部首 : 殳
  3. 殺の読み方:セツ,サツ,サイ,そげる,そぐ,ころす,けずる
  4. 殺の意味 :ころす/あやめる/命を絶つ
以上で「殺」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。