「起」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、おきる/たつ/立ち上がる/持ちあげるなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。走を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、10画の画数を有する。

漢字「起」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首走【そう】
画数総画数10画
部首内画数走部3画
読み音読み
訓読み(きる)
(こす)
(こる)
《外》()
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検8級
日本語能力検定JLPT N4
学習レベル小学校3年生修了程度

意味

意味と用例

  1. おきる。たつ。がる。ちあげる。「起伏・起立・起臥(きが)・起居・起床・突起・勃起・躍起・隆起・起重機」
  2. おこす。活動をめる。んにする。「起動・起算・起工・起稿・起債・起訴・起請(きしょう)・惹起(じゃっき)・発起(ほっき)・奮起・蜂起・喚起・継起・決起・生起・想起・提起」
  3. はじめ。おこり。しく物事や状態がじる。「起因・起源・起首・起点・縁起」
  4. 《漢詩》絶句の第一句。「起句・起承転結」

英語翻訳(English translation)

  1. rouse
  2. wake up
  3. get up

書き方と読み方

起の書き方

起_書き方
起の書き順【筆順】

起の読み方

起つたつ起こるおこる起こすおこす起きるおきる

部首と構成

部首

走部(そうぶ)

起の部首はであり、走を部首にもつ漢字の集まりを走部という。走部には「走ること、逃げる、赴く、行く、使い走り、下僕」という意がある。

走部における「起」

起の漢字は、走の画数+3画で構成されるため、走部3画の漢字と表現される。

熟語

起を含む四字熟語

「起」の漢字を語中にもつ四字熟語6種を表にまとめる。

「起」が入る四字熟語
七転八起しちてんはっき一念発起いちねんほっき一夜十起いちやじっき
起死回生きしかいせい兎起鶻落ときこつらく発憤興起はっぷんこうき

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「起」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

起き上り小法師/起上小法師/不倒翁【おきあがりこぼし】

    [英語]tumbler(タンブラー)

  • 丸みのある底にオモリ(錘)に入れた人形。
    何度倒してもオモリの重力ですぐに立ち上がるもの。
    縁起物(エンギモノ)のダルマ(達磨)の人形が多い。
    「おきあがりこぼうし(起き上り小法師、起上小法師)」、「ふとうおう(不倒翁)」とも呼ぶ。ななころびやおき(七転び八起き)。

起拱石【ききょうせき】

    [英語]skewback

  • [建]壁や柱の上部にあって、アーチの両端(起拱点)を支える上面が傾斜した石。
    「拱座石」、「迫持石(セリモチイシ)」、「スキューバック」とも呼ぶ。
  • 「拱」、「迫持」はともにアーチのこと。

特殊用語・専門用語

「起」の字に特殊な意味をこめて扱う絶句のようなケースが存在する。

絶句【ぜっく】

絶句の種類
四句 きく しょうく てんく けっく
内容 説明 展開 転化 締括
説明
《漢詩》四句で構成される代表的な詩型の一つ。起承転結(起承転合)とも。

検索手法

文字コード

「起」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「起」の字に割り当てられる1

「起」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+8D77
JISX0213 1-21-15
戸籍統一文字番号 3420160
住基ネット統一文字J+8D77

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「起」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店9737
新大字典5講談社16438
新潮日本語漢字辞典6新潮社12358
大漢和辞典7 8大修館書店37048
大漢語林9大修館書店11101

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「起」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「起」についての総括
  1. 起の画数 :10画
  2. 起の部首 : 走
  3. 起の読み方:キ,たつ,おこる,おこす,おきる
  4. 起の意味 :おきる/たつ/立ち上がる/持ちあげる
以上で「起」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。