「鳴」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、なく/鳥/獣/虫がなく/声を出すなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。鳥を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、14画の画数を有する。

漢字「鳴」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首鳥【ちょう】
画数総画数14画
部首内画数鳥部3画
読み音読みメイ
《外》ミョウ
訓読み()
(らす)
()
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検9級
日本語能力検定JLPT N3
学習レベル小学校2年生修了程度

意味

意味と用例

  1. なく。がなく。す。
    • メイ。「鶏鳴・悲鳴」
  2. なる。なりく。をならす。
    • メイ。「鳴弦・鳴笛・鳴動・共鳴・自鳴・吹鳴・雷鳴」

英語翻訳(English translation)

  1. chirp
  2. cry
  3. bark
  4. sound
  5. ring
  6. echo
  7. honk

書き方と読み方

鳴の書き方

鳴_書き方
鳴の書き順【筆順】

鳴の読み方

メイミョウ鳴るなる鳴らすならす鳴くなく

部首と構成

部首

鳥部(ちょうぶ)

鳴の部首はであり、鳥を部首にもつ漢字の集まりを鳥部という。鳥部には「鳥、鳥類の総称、尾の長い鳥、鳥の動き」という意がある。

鳥部における「鳴」

鳴の漢字は、鳥の画数+3画で構成されるため、鳥部3画の漢字と表現される。

熟語

鳴を含む四字熟語

「鳴」の漢字を語中にもつ四字熟語2種を表にまとめる。

「鳴」が入る四字熟語
大山鳴動たいざんめいどう百家争鳴ひゃっかそうめい

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「鳴」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

鳴子【なるこ】

    [Romaji]naruko

  • [農]鳥威(トリオド)しの一つ。
    小さい板に糸で吊(ツ)った細い数本の竹筒を並べてぶら下げたもの。
    その板を幾つか張った縄(ナワ)に吊るしたり、竿(サオ)の先につけたりし、縄や竿を揺らして鳴らす。
    空き缶を利用することもある。そうず(添水)。
  • 秋の季語。
    夜間、敵の侵入を知る仕掛けとしても用いられたが、風で鳴ることもあり、風で鳴らないように重くすると、引っ掛かっても鳴る前に気付かれてしまうなど、警告的効果や動物以外には、あまり実用的ではなかった。
  • [地](Naruko)宮城県北西部にあるカルデラ火山。標高461メートル。
  • なるごおんせん(鳴子温泉)
  • [古]なるこちょう(鳴子町)
  • [古][交]なるごえき(鳴子駅)

鳴子町【なるこちょう《なるこちやう》】

    [Romaji]NarukoCho

  • [古]宮城県北西部、玉造郡(タマツクリグン)の町。
    奥州三名湯の一つの鳴子温泉のほか、鬼首(オニコウベ)・川渡(カワタビ)・東鳴子・中山平の五温泉群がある。
    JR陸羽東線(リクウトウセン)が通じる。
  • 特産の鳴子こけしで知られる。
  • 1921年(大正10年)町制施行。
  • 1954年(昭和29年)川渡村・鬼首村を編入。
  • 2006年(平成18年)3月31日古川市(フルカワシ)と志田郡(シダグン)の松山町(マツヤママチ)・三本木町(サンボンギチョウ)・鹿島台町(カシマダイマチ)、玉造郡の岩出山町(イワデヤママチ)・鳴子町、遠田郡(トオダグン)の田尻町(タジリチョウ)の1市6町が合併して大崎市(オオサキシ)を発足。

検索手法

文字コード

「鳴」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「鳴」の字に割り当てられる1

「鳴」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+9CF4
JISX0213 1-44-36
戸籍統一文字番号 3528560
住基ネット統一文字J+9CF4

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「鳴」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店11919
新大字典5講談社20321
新潮日本語漢字辞典6新潮社14928
大漢和辞典7 8大修館書店46672
大漢語林9大修館書店13542

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「鳴」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「鳴」についての総括
  1. 鳴の画数 :14画
  2. 鳴の部首 : 鳥
  3. 鳴の読み方:メイ,ミョウ,なる,ならす,なく
  4. 鳴の意味 :なく/鳥/獣/虫がなく/声を出す
以上で「鳴」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。