「向」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、むく/むかう/ある方へ進む/赴く/相対するなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。口を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、6画の画数を有する。

漢字「向」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首口【こう】
画数総画数6画
部首内画数口部3画
読み音読みコウ
《外》キョウ
訓読み(かう)
()
(ける)
(こう)
《外》さき()
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検8級
日本語能力検定JLPT N3
学習レベル小学校3年生修了程度

意味

意味と用例

  1. むく。むかう。あるむ。く。相対する。「向寒・向学・向暑・向上・一向・下向(げこう)・傾向・参向・指向・出向・性向・転向・動向・風向・偏向・方向」
  2. むき。がある状態にむかってく。「向学・意向・回向(えこう)・志向・趣向・内向」
  3. つきう。「向背」
  4. さきに。りった。以前。類義語:「向来・向後」
  5. 日向国(ひゅうがのくに)の略称。「向州」

英語翻訳(English translation)

  1. yonder
  2. facing
  3. beyond
  4. confront
  5. defy
  6. tend toward
  7. approach

書き方と読み方

向の書き方

向_書き方
向の書き順【筆順】

向の読み方

コウキョウ向こうむこう向けるむける向くむく向かうむかう向にさきに

部首と構成

部首

口部(こうぶ)

向の部首はであり、口を部首にもつ漢字の集まりを口部という。口部には「口の部分・口の動き・口を使った行為・感嘆の言葉」という意がある。

口部における「向」

向の漢字は、口の画数+3画で構成されるため、口部3画の漢字と表現される。

熟語

向を含む四字熟語

「向」の漢字を語中にもつ四字熟語を表にまとめる。

「向」が入る四字熟語
面向不背めんこうふはい

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「向」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

向島【むこうじま《むかふじま》】

    [Romaji]Mukojima

  • 東京都墨田区(スミダク)北部、西を隅田川(スミダガワ)、東を荒川(アラカワ)(荒川放水路)・旧中川、南を北十間川に挟(ハサ)まれた一地区。
    中小工場・住宅・商店が密集し、東武伊勢崎線・京成電鉄押上線(都営地下鉄浅草線)などが通じる。
  • 墨堤(ボクテイ)の桜・向島百花園の月見・白鬚(シラヒゲ)神社・木母寺(モクボジ)・三囲(ミメグリ)稲荷など名所がある。
    江戸時代は大名や商家の別荘が多かった。
    大正時代以後は中小工場と住宅の混在地区となった。たまのい(玉の井)。
  • 広島県御調郡(ミツギグン)の町・島は「むかいしま(向島)」。
  • [歴]むこうじまく(向島区)

向原寺【むくはらでら】

  • [歴]奈良県高市郡(タカイチグン)明日香村(アスカムラ)豊浦(トユラ)にあった日本最初の寺。
    552[欽明13]百済(クダラ)の聖明王から献じられた仏像・経論を蘇我稲目(ソガノイナメ)が与えられ、小墾田(オハリダ)の家に安置。
    のち、向原(現:豊浦)の家に移して寺とした。稲目が没した直後、反仏派によって焼かれた。
    やがて再興して桜井道場(桜井寺)が造られ、さらに推古朝期(592~628)に豊浦宮(トユラノミヤ)域に遷(ウツ)されて豊浦寺(トユラデラ)と号する尼寺(小墾田坂田尼寺)となった。
  • 故地には、浄土真宗の広厳寺(コウゲンジ)(向原寺)が建っている。

特殊用語・専門用語

「向」の字に特殊な意味をこめて扱う西海道(行政区画)のようなケースが存在する。

西海道(行政区画)【せいかいどう】

西海道の一覧
西海道
律令国名州名略字
筑前国筑州
筑後国筑州
豊前国豊州
豊後国
肥前国肥州
肥後国肥州
日向国向州
日州

大隅国隅州
薩摩国薩州
壱岐国壱州
対馬国対州
説明
飛鳥時代以降における地域区分および行政区画の一つ。五畿七道の一道に数えられる。 現在の福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、熊本県、鹿児島県にまたがる地域をさす。

検索手法

文字コード

「向」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「向」の字に割り当てられる1

「向」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+5411
JISX0213 1-24-94
戸籍統一文字番号 3038250
住基ネット統一文字J+5411

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「向」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店1070
新大字典5講談社1776
新潮日本語漢字辞典6新潮社1309
大漢和辞典7 8大修館書店3301
大漢語林9大修館書店1267

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「向」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「向」についての総括
  1. 向の画数 :6画
  2. 向の部首 : 口
  3. 向の読み方:コウ,キョウ,むこう,むける,むく,むかう,さきに
  4. 向の意味 :むく/むかう/ある方へ進む/赴く/相対する
以上で「向」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。