「当」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、あたる/あてる/命中する/成功する/また、当選の略称などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。小を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、6画の画数を有する。

漢字「当」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首小【しょう】
彐【けい】
画数総画数6画
部首内画数小部3画
彐部3画
読み音読みトウ
訓読み(たる)
(てる)
《外》まさ(に…べし)
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検9級
日本語能力検定JLPT N3
学習レベル小学校2年生修了程度

意味

意味と用例

  1. あたる。あてる。命中する。成功する。また、当選の略称。「当確・当選・当籤(とうせん)・当落・見当」
  2. 道理にう。あたり。あてはまる。「当為・当然・当否・勘当(かんどう)・順当・正当・相当・妥当・適当・不当」
  3. つ。仕事や任務をう。「当局・当直・当番・担当」
  4. きあたる。くわす。かう。「当惑・当面・当千・一騎当千」
  5. りあてる。補填する。「充当・抵当・日当・配当」
  6. 現在の。目下の。さしあたり。「当座・当主・当世・当節・当代・当用」
  7. 問題の。その。この。こちらの。「当院・当園・当校・当行(とうこう)・当国・当時・当日・当社・当地・当人・当方」
  8. 助字のつ。まさに…すべし。

英語翻訳(English translation)

  1. hit
  2. right
  3. appropriate
  4. himself

書き方と読み方

当の書き方

当_書き方
当の書き順【筆順】

当の読み方

トウ当に…べしまさに…べし当てるあてる当たるあたる

部首と構成

部首

小部(しょうぶ)

当の部首はであり、小を部首にもつ漢字の集まりを小部という。小部には「小さい、少ない、微小」という意がある。

小部における「当」

当の漢字は、小の画数+3画で構成されるため、小部3画の漢字と表現される。

彐部(けいぶ)

当の部首を「彐」とする資料がある。彐を部首にもつ漢字集合彐部は「豚 (ブタ)の頭」という意味を持つ。

彐部における「当」

当の漢字は、彐の画数+3画で構成されるため、彐部3画の漢字に分類される。

熟語

異体字・新字体・旧字体

「当」と読み方や意味が同一でありながら、字体が異なる漢字を示す。

「當」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

当を含む四字熟語

「当」の漢字を語中にもつ四字熟語6種を表にまとめる。

「当」が入る四字熟語
正当防衛せいとうぼうえい一騎当千いっきとうせん当意即妙とういそくみょう
当機立断とうきりつだん当代無双とうだいむそう万夫不当ばんぷふとう

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「当」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

当帰/當歸【とうき《たうき》】

    [中国語]dangui

  • [薬]和漢薬の生薬の一つ。
    手足の冷え(血流の改善)や月経の正常化など、女性特有の症状に効果があり、婦人科の漢方薬にも幅広く配合されている。
  • 「帰」は古代中国語で「嫁(トツ)ぐ」の意味。
    一説に、婦人病で夫に離婚された女性がこの薬で全快し、明るく美人となって噂になり、それを聞いた夫が女性のもとに帰って来たからとも。
  • 天使の薬草「アンゼリカ(angelica)」と呼ばれるヨーロッパトウキ(Angelicaarchangelica)やアメリカトウキ(Angelicaatropurpurea)は葉をハーブ、茎を砂糖漬けにする。
  • [植][1]とうき(トウキ、当帰)
  • [植][2]とうき(トウキ、当帰)

当色【とうじき《たうじき》】

  • [歴][色]位階に相当する服の色。
    603[推古11]に制定された十二階では、大徳・小徳が紫、大仁・小仁が緑、大礼・小礼が赤、大信・小信が白、大義・小義が黄、大智・小智が黒。
    647(大化3)では深紫(コキムラサキ)・浅紫(ウスムラサキ)・真緋(アケ)・紺(コン)・緑の順。
    686[天武14]に改制。
    690[持統4]深紫が黒紫(コキムラサキ)と、浅紫が赤紫(ウスムラサキ)と書かれる。
    701(大宝元)の大宝令(タイホウリョウ)では、一位は深紫、二・三位は浅紫、四位は深緋(コキヒ)、五位は浅緋(ウスヒ)、六位は深緑、七位は浅緑、八位は深縹(フカハナダ)、初位は浅縹。かんいじゅうにかい(冠位十二階)。

検索手法

文字コード

「当」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「当」の字に割り当てられる1

「当」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+5F53
JISX0213 1-37-86
戸籍統一文字番号 3112070
住基ネット統一文字J+5F53

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「当」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店6106
新大字典5講談社3641
新潮日本語漢字辞典6新潮社3301
大漢和辞典7 8大修館書店9913
大漢語林9大修館書店3188

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「当」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「当」についての総括
  1. 当の画数 :6画
  2. 当の部首 : 小,彐
  3. 当の読み方:トウ,まさに…べし,あてる,あたる
  4. 当の意味 :あたる/あてる/命中する/成功する/また、当選の略称
以上で「当」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。