「因」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、もと/事の起こる元/由来などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。囗を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、6画の画数を有する。

漢字「因」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首囗【い】
画数総画数6画
部首内画数囗部3画
読み音読みイン
訓読み《高》()
《外》ちな()
《外》ちなみ
《外》よすが
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検6級
日本語能力検定JLPT N3
学習レベル小学校5年生修了程度

意味

意味と用例

  1. もと。こる。由来。対義語:「因子・原因」
  2. よる。る。もとのままにう。「因習・因襲」
  3. づく。う。「因襲・因循」
  4. ちなむ。由来する。
  5. わけ。よすが。理由。
  6. 因幡国(いなばのくに)の略称。「因州・因伯」

英語翻訳(English translation)

  1. cause
  2. factor
  3. be associated with
  4. depend on
  5. be limited to

書き方と読み方

因の書き方

因_書き方
因の書き順【筆順】

因の読み方

インよすが因るよるちなみ因むちなむ

部首と構成

部首

囗部(いぶ)

因の部首はであり、囗を部首にもつ漢字の集まりを囗部という。囗部には「周囲を囲む、囲まれた領域、円形、ぐるりと周る」という意がある。

囗部における「因」

因の漢字は、囗の画数+3画で構成されるため、囗部3画の漢字と表現される。

熟語

因を含む四字熟語

「因」の漢字を語中にもつ四字熟語5種を表にまとめる。

「因」が入る四字熟語
因果因縁いんがいんねん因果応報いんがおうほう因果覿面いんがてきめん
因小失大いんしょうしつだい善因善果ぜんいんぜんか

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「因」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

因幡の素兎/因幡の白兎【いなばのしろうさぎ】

  • [日本神話]『古事記』にみえる出雲神話の一話。また、その話に登場するウサギ。
    ウサギが淤岐島(オキノシマ)から因幡に渡ろうとして、ワニ(鰐鮫)を騙(ダマ)して海上に並ばせ、その背中を跳(ト)んで渡っていたがうっかり騙していることを口にして、ワニに皮を剥(ハ)ぎとられる。
    オオクニヌシノミコト(大国主命)の兄弟のヤソガミ(八十神)の教えで海水を浴びるとかえって痛み、そこに妻問い(求婚)に行く途上のオオクニヌシノミコトが通りかがり、真水で洗ってガマ(蒲)の穂(ホ)を敷いて寝ると直ると教えられ、ウサギは妻問いが成功すると予言する。はくとかいがん(白兎海岸)、おおくにぬしのみこと(大国主命)。
  • ワニはサメ(鮫)類の古称。
  • 童謡:参照だいこくさま(大こくさま)

因縁【いんねん】

  • [仏]物事の原因と、その原因を成り立たせて結果を生じさせる機縁(キエン)。
    単に「えん(縁」とも呼ぶ。じゅうにいんねん(十二因縁)。
  • (前世から)定まっている運命。いちが(一河)。
  • 理由。由来。
  • ゆかり。関係。
  • 「いんえん(因縁)」とも読み、「いんねん」はその連声(レンジョウ)。

特殊用語・専門用語

「因」の字に特殊な意味をこめて扱う山陰道(行政区画)のようなケースが存在する。

山陰道(行政区画)【さんいんどう】

山陰道の一覧
山陰道
律令国名州名略字
丹波国丹州
丹後国丹州
但馬国但州
因幡国因州
伯耆国伯州
出雲国雲州
石見国石州
隠岐国隠州
説明
飛鳥時代以降における地域区分および行政区画の一つ。五畿七道の一道に数えられる。 現在の京都府北部、兵庫県北部、鳥取県、島根県にまたがる地域をさす。

検索手法

文字コード

「因」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「因」の字に割り当てられる1

「因」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+56E0
JISX0213 1-16-88
戸籍統一文字番号 3053630
住基ネット統一文字J+56E0

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「因」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店1448
新大字典5講談社2458
新潮日本語漢字辞典6新潮社1785
大漢和辞典7 8大修館書店4693
大漢語林9大修館書店1722

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「因」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「因」についての総括
  1. 因の画数 :6画
  2. 因の部首 : 囗
  3. 因の読み方:イン,よすが,よる,ちなみ,ちなむ
  4. 因の意味 :もと/事の起こる元/由来
以上で「因」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。