「誕」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、子が生まれる/産むなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。言を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、15画の画数を有する。

漢字「誕」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首言【げん】
画数総画数15画
部首内画数言部8画
読み音読みタン
訓読み《外》いつわ()
《外》(まれる)
《外》ほしいまま
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検5級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル小学校6年生修了程度

意味

意味と用例

  1. まれる。む。「誕生・降誕・生誕」
  2. いつわる。でたらめ。をつく。く。「虚誕・荒誕・妄誕」
  3. わがまま。しいまま。「放誕」

英語翻訳(English translation)

  1. nativity
  2. be born
  3. declension
  4. lie
  5. be arbitrary

書き方と読み方

誕の書き方

誕_書き方
誕の書き順【筆順】

誕の読み方

タンほしいまま誕まれるうまれる誕るいつわる

部首と構成

部首

言部(げんぶ)

誕の部首はであり、言を部首にもつ漢字の集まりを言部という。言部には「人に伝える、言語、言語を使った活動」という意がある。

言部における「誕」

誕の漢字は、言の画数+8画で構成されるため、言部8画の漢字と表現される。

熟語

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「誕」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

誕生石【たんじょうせき《たんじやうせき》】

    [英語]birthstones

  • 生れ月にちなんで定めた宝石。
  • ユダヤ教の祭司の胸板にはめられた12の宝石が起こりとされている。
  • その生れ月の人が身につけていると幸運を招き、災害を払うといわれている。時代や地方によって異なるが、一般的なものは1912(明治45,大正元)アメリカ宝石同業組合で決めたもの。
  • 1月:ガーネット(garnet)(柘榴石)。
  • 2月:アメシスト(amethyst)(紫水晶)。
    3月:ブラッドストーン(bloodstone)・(*)アクアマリン(aquamarine)・(*)サンゴ(珊瑚)。
  • 4月:ダイヤモンド(diamond)(金剛石)。
  • 5月:エメラルド(emerald)。
    6月:真珠(pearl)・(*)ムーンストーン(moonstone)(月長石)・(*)アレキサンドライト(alexandrite)(金緑石)。
  • 7月:ルビー(ruby)。
    8月:サードニックス(sardonyx)(紅縞メノウ)・(*)ペリドット(peridot)(橄欖石)。
  • 9月:サファイア(sapphire)。
  • 10月:オパール(opal)・(*)トルマリン(tourmaline)(電気石)。
  • 11月:トパーズ(topaz)。
    12月:トルコ石(turquoise)・(*)ジルコン(zircon)・(*)ラピスラズリ(lapislazuli)。
    (*)は20世紀になって追加されたもの。

誕生仏【たんじょうぶつ《たんじやうぶつ》】

  • [仏]釈迦(シャカ)の生れた時の姿をかたどった像。
  • 卯月(4月)八日の寅の刻に、摩耶夫人(マヤブニン)の右脇から誕生し、七歩(ホ)歩いて右手で天を左手で地を指して、「天上天下(テンジョウテンゲ)唯我独尊(ユイガドクソン)」と唱えたという。かんぶつえ(灌仏会、灌佛會)。

検索手法

文字コード

「誕」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「誕」の字に割り当てられる1

「誕」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+8A95
JISX0213 1-35-34
戸籍統一文字番号 3405030
住基ネット統一文字J+8A95

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「誕」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店9391
新大字典5講談社15794
新潮日本語漢字辞典6新潮社11997
大漢和辞典7 8大修館書店
大漢語林9大修館書店

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「誕」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「誕」についての総括
  1. 誕の画数 :15画
  2. 誕の部首 : 言
  3. 誕の読み方:タン,ほしいまま,うまれる,いつわる
  4. 誕の意味 :子が生まれる/産む
以上で「誕」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。