「気」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、物質の状態の一つ/ガス/とくに空気などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。气を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、6画の画数を有する。

漢字「気」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首气【き】
画数総画数6画
部首内画数气部2画
読み音読み

訓読み《外》いき
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検10級
日本語能力検定JLPT N5
学習レベル小学校1年生修了程度

意味

意味と用例

  1. 物質の状態のつ。ガス。とくに空気。「気圧・気温・気化・気体・外気・換気・空気・湿気・瘴気(しょうき)・蒸気・大気・熱気・冷気・湯気」
  2. 天地間にじる自然現象。「気象・気候・天気・電気」
  3. 。呼吸。「気管・気息・呼気・口気」
  4. い。り。「香気・臭気」
  5. じられる様子。う空気。「気品・色気・陰気・雰囲気・気配」
  6. 異様な様子。ただならぬ雰囲気。不気味。「鬼気・妖気・霊気」
  7. 。活力。精神力。「運気・元気・気力・意気・才気・生気・根気・精気・病気・気概・気骨」
  8. や精神の性質、状態。「気重・気軽・気質・気性・気分・気味・気持・鋭気・狂気・血気・士気・正気・損気・短気・稚気・怒気・平気・本気・眠気・勇気・若気」
  9. 病気。「脚気(かっけ)・腰気」
  10. 時世の様子。社会の状況。「気運・景気」
  11. 一年を二十四に分割した期間につけた名称。「節気・二十四気」

字意

気【き】
  • 気が咎(トガ)める:[2]とがめる(咎める)
  • 英語翻訳(English translation)

    1. spirit
    2. mind
    3. air
    4. atmosphere
    5. mood

    書き方と読み方

    気の書き方

    気_書き方
    気の書き順【筆順】

    気の読み方

    いき

    部首と構成

    部首

    气部(きぶ)

    気の部首はであり、气を部首にもつ漢字の集まりを气部という。气部には「気体、雲、蒸気、雲気の形」という意がある。

    气部における「気」

    気の漢字は、气の画数+2画で構成されるため、气部2画の漢字と表現される。

    熟語

    異体字・新字体・旧字体

    「気」と読み方や意味が同一でありながら、字体が異なる漢字を示す。

    2015.04.01「氣」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

    気を含む四字熟語

    「気」の漢字を語中にもつ四字熟語22種を表にまとめる。

    「気」が入る四字熟語
    意気軒昂いきけんこう意気自如いきじじょ意気衝天いきしょうてん
    意気投合いきとうごう一団和気いちだんのわき一気呵成いっきかせい
    和気香風かきこうふう気韻生動きいんせいどう気宇壮大きうそうだい
    気炎万丈きえんばんじょう気骨稜稜きこつりょうりょう虚気平心きょきへいしん
    元気溌剌げんきはつらつ浩然之気こうぜんのき才気煥発さいきかんぱつ
    士気高揚しきこうよう少壮気鋭しょうそうきえい新進気鋭しんしんきえい
    生気溌溂せいきはつらつ目指気使もくしきし雄気堂堂ゆうきどうどう
    勇気凛凛ゆうきりんりん

    熟語・関連語句

    一般的な国語辞典などに記載されている「気」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

    気球【ききゅう《ききう》】

      [英語]balloon

    • 熱した空気、水素またはヘリウムなどのガスを満たして空中に浮かぶことができる袋。
      バスケット(籠)は竹製が軽く、衝撃にも強く安全とされる。
      「バルーン」、「風船」とも呼ぶ。あどばるーん(アドバルーン)、ばらすと(バラスト)、きのう(気嚢)、らじおぞんで(ラジオゾンデ)、ひこうせん(飛行船)。
    • ナポレオン戦争において、1794.6.26(寛政6)ベルギーのフルリュス(Fleurus)で初めて熱気球による空中偵察が行われる。

    気根【きこん】

      [英語]aerialroot

    • [植]地上部の茎(クキ)・幹(ミキ)から垂れ下がり、空気中に露出した根。
      その機能は植物によって異なる。はんこん(板根)。
    • 支柱根:トウモロコシ・タコノキ・ヒルギなど。
    • 付着根:キヅタなど。
    • 呼吸根:タコノキ・ヌマスギ・ミズキンバイなど。
    • 浮根:ミズキンバイなど。
    • 保護根(保水):ヘゴなど。
    • 吸水根:セッコクなど。

    特殊用語・専門用語

    「気」の字に特殊な意味をこめて扱う状態変化(物質)のようなケースが存在する。

    状態変化(物質)【じょうたいへんか】

    物質の状態
    状態固体液体気体
    略字
    エネルギー低い高い
    水蒸気
    説明
    物質が集合した状態。温度と圧力の変異によってその状態を変化させる。 低温高圧になるほど固体に近づき、高温低圧になるほど気体に近づく。合わせて「三態」という。

    検索手法

    文字コード

    「気」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「気」の字に割り当てられる1

    「気」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 2U+6C17
    JISX0213 1-21-04
    戸籍統一文字番号 3192790
    住基ネット統一文字J+6C17

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「気」の検字番号一覧
    書籍出版社検字番号
    角川大字源4角川書店4788
    新大字典5講談社8172
    新潮日本語漢字辞典6新潮社5805
    大漢和辞典7 8大修館書店17046′
    大漢語林9大修館書店5756

    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

    まとめ

    「気」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「気」についての総括
    1. 気の画数 :6画
    2. 気の部首 : 气
    3. 気の読み方:ケ,キ,いき
    4. 気の意味 :物質の状態の一つ/ガス/とくに空気
    以上で「気」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    ウサタロー

    おねがい
    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。