「茶」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、ツバキ科ツバキ属の常緑低木などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。艸を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、9画の画数を有する。

漢字「茶」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首艸【そう】
画数総画数9画
部首内画数艸部6画
読み音読みチャ
《中》
訓読み
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検9級
日本語能力検定JLPT N4
学習レベル小学校2年生修了程度

意味

意味と用例

  1. ツバキツバキの常緑低木。「茶園・茶木・茶樹・茶畑・山茶」
  2. 茶のを加工したられた飲料。
    • チャ。「茶器・茶碗・紅茶・新茶・煎茶(せんちゃ)・粗茶・麦茶・番茶・抹茶・緑茶」
    • サ。「茶果・喫茶」
  3. 茶をたてる作法。茶の
    • チャ。「茶会・茶気・茶室・茶人・茶筌(ちゃせん)」
    • サ。「茶道」
  4. みをびた赤黄色。
    • チャ。「茶色・鶯茶(うぐいすちゃ)・灰茶」
  5. いいかげん。おどけ。やかし。ふざけ。滑稽。
    • チャ。「茶茶・茶番・茶目」
  6. いのひとつ。108
    • チャ。「茶寿・茶のい」

字意

茶【ちゃ】
  • [植]ちゃ(チャ、茶)
  • [食]から製した飲料用の茶葉(チャバ)・粉末。また、その類似品。
  • ソバ茶、昆布茶荒茶:あらちゃ(荒茶)玉露:ぎょくろ(玉露)新茶:参照めい(茗)
  • [食]を煎(セン)じたり、湯を注いだりして作られた飲み物。
    成分のカテキンが注目を受けている。
    英語では「ティー(tea)」、インドでは「チャイ(chai)」と呼ぶ。
    「雲華(ウンカ)」とも呼ぶ。しおちゃ(塩茶)、たんちゃ(磚茶)、たしちゃ(足し茶)、しょうべんちゃ(小便茶)。
  • 茶を注(ツ)ぐ。
    茶を挽(ヒ)く:ちゃをひく(茶を挽く)お茶を挽く:おちゃをひく(お茶を挽く、御茶を挽く)喫茶去:きっさこ(喫茶去)嫁入り:きっさ(吃茶、喫茶)茶道具:ちゃせん(茶筅、茶筌)、すいちゅう(水注)、けんすい(建水)、きゅうす(急須)、ちゃがま(茶釜)、ちゃづつ(茶筒)お茶を濁す:おちゃをにごす(お茶を濁す、御茶を濁す)
  • 話題の禁句(千利休の弟子山上宗二)。
    「わが仏、隣の宝、聟舅(ムコシュウト)、天下の軍(イクサ)、人の善悪」(宗教・金銭・家族の愚痴・政治・うわさ話)。
  • 千利休(センノリキュウ)の長男千道安(セン・ドウアン)は剛の茶と呼ばれ、同年の義弟で千家を継いだ少庵は柔の茶と呼ばれる。
  • 805(延暦24)最澄が唐から茶の種を持ち帰り近江に植え、翌年には空海も茶の種を持ち帰り長崎に植えている。
    鎌倉時代の栄西が宋から茶の種をもたらし栽培、『喫茶養生記』を時の将軍源実朝に献じる。せふりやま(背振山)。
  • [色]茶色。
    ちゃいろ(茶色)
  • 英語翻訳(English translation)

    1. tea

    書き方と読み方

    茶の書き方

    茶_書き方
    茶の書き順【筆順】

    茶の読み方

    チャ

    部首と構成

    部首

    艸部(そうぶ)

    茶の部首はであり、艸を部首にもつ漢字の集まりを艸部という。艸部には「草、草本植物の総称、樹木ではない植物」という意がある。

    艸部における「茶」

    茶の漢字は、艸の画数+6画で構成されるため、艸部6画の漢字と表現される。

    熟語

    熟語・関連語句

    一般的な国語辞典などに記載されている「茶」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

    茶【ちゃ】

    • [植]ちゃ(チャ、茶)
    • [食]から製した飲料用の茶葉(チャバ)・粉末。また、その類似品。
    • ソバ茶、昆布茶荒茶:あらちゃ(荒茶)玉露:ぎょくろ(玉露)新茶:参照めい(茗)
    • [食]を煎(セン)じたり、湯を注いだりして作られた飲み物。
      成分のカテキンが注目を受けている。
      英語では「ティー(tea)」、インドでは「チャイ(chai)」と呼ぶ。
      「雲華(ウンカ)」とも呼ぶ。しおちゃ(塩茶)、たんちゃ(磚茶)、たしちゃ(足し茶)、しょうべんちゃ(小便茶)。
    • 茶を注(ツ)ぐ。
      茶を挽(ヒ)く:ちゃをひく(茶を挽く)お茶を挽く:おちゃをひく(お茶を挽く、御茶を挽く)喫茶去:きっさこ(喫茶去)嫁入り:きっさ(吃茶、喫茶)茶道具:ちゃせん(茶筅、茶筌)、すいちゅう(水注)、けんすい(建水)、きゅうす(急須)、ちゃがま(茶釜)、ちゃづつ(茶筒)お茶を濁す:おちゃをにごす(お茶を濁す、御茶を濁す)
    • 話題の禁句(千利休の弟子山上宗二)。
      「わが仏、隣の宝、聟舅(ムコシュウト)、天下の軍(イクサ)、人の善悪」(宗教・金銭・家族の愚痴・政治・うわさ話)。
    • 千利休(センノリキュウ)の長男千道安(セン・ドウアン)は剛の茶と呼ばれ、同年の義弟で千家を継いだ少庵は柔の茶と呼ばれる。
    • 805(延暦24)最澄が唐から茶の種を持ち帰り近江に植え、翌年には空海も茶の種を持ち帰り長崎に植えている。
      鎌倉時代の栄西が宋から茶の種をもたらし栽培、『喫茶養生記』を時の将軍源実朝に献じる。せふりやま(背振山)。
    • [色]茶色。
      ちゃいろ(茶色)

    茶屋【ちゃや】

    • 製茶を販売する店。また、その家・その人。
      「葉茶屋(ハヂャヤ)」、「葉茶店(ハヂャミセ)」、「茶舗(チャホ)」とも呼ぶ。
    • 客に遊興・飲食をさせることを業とする店。
      水茶屋・料理茶屋・引き手茶屋・色茶屋・芝居茶屋・相撲茶屋など。
    • 旅人が立ち寄って休息する路傍の店。茶店(チャミセ)。
    • 掛け茶屋(カケヂャヤ)、峠の茶屋
    • 庭園内に設けられた掛け茶屋風の小屋。茶室。
    • 茶屋女の略称。
      ちゃやおんな(茶屋女)
    • 染物屋。江戸時代、茶染めが主流だったころの名称。こんや(紺屋)。

    特殊用語・専門用語

    「茶」の字に特殊な意味をこめて扱う賀の祝いのようなケースが存在する。

    賀の祝い【がのいわい】

    長寿祝いの種類
    年齢長寿祝い読み略字
    61還暦かんれき
    66緑寿ろくじゅ
    70古希
    古稀
    こき
    77喜寿(㐂寿)きじゅ
    80傘寿さんじゅ
    81半寿
    盤寿
    はんじゅ
    ばんじゅ
    88米寿べいじゅ
    90卒寿(卆寿)
    鳩寿
    そつじゅ
    きゅうじゅ
    95*珍寿ちんじゅ
    99白寿はくじゅ
    100紀寿
    百寿
    きじゅ
    ひゃくじゅ
    (ももじゅ)
    108茶寿ちゃじゅ
    111皇寿
    川寿
    こうじゅ
    せんじゅ
    120大還暦
    昔寿
    だいかんれき
    せきじゅ
    説明
    長寿をう意。本来は数えを祝う風習だが満年齢ですることも。算賀、賀寿、年祝とも。*珍寿には110歳,112歳などの説がある。

    検索手法

    文字コード

    「茶」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「茶」の字に割り当てられる1

    「茶」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 2U+8336
    JISX0213 1-35-67
    戸籍統一文字番号 3345410
    住基ネット統一文字J+8336

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「茶」の検字番号一覧
    書籍出版社検字番号
    角川大字源4角川書店8271
    新大字典5講談社13762
    新潮日本語漢字辞典6新潮社10198
    大漢和辞典7 8大修館書店30915′
    大漢語林9大修館書店9432

    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

    まとめ

    「茶」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「茶」についての総括
    1. 茶の画数 :9画
    2. 茶の部首 : 艸
    3. 茶の読み方:チャ,サ
    4. 茶の意味 :ツバキ科ツバキ属の常緑低木
    以上で「茶」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    ウサタロー

    おねがい
    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。