「玉」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、たま/丸くて美しい石/宝石などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。玉を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、5画の画数を有する。

漢字「玉」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首玉【ぎょく】
画数総画数5画
部首内画数玉部0画
読み音読みギョク
訓読みたま
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検10級
日本語能力検定JLPT N2
学習レベル小学校1年生修了程度

意味

意味と用例

  1. たま。くてしい。宝石。「玉石・玉帛(ぎょくはく)・玉杯・玉帯・玉砕・玉成・珠玉・宝玉・美玉・紅玉・碧玉・硬玉」
  2. しい。れて立派なもの。「玉酒・玉条・玉手・玉露・金殿玉楼・金科玉条」
  3. 天皇や他人をって物事にえる美称。「玉案・玉音・玉稿・玉座・玉章・玉体」
  4. 芸者。芸者をんでぶ代金。「玉代」
  5. ぎょく。将棋のつ。玉将の略称。

英語翻訳(English translation)

  1. jewel
  2. ball

書き方と読み方

玉の書き方

玉_書き方
玉の書き順【筆順】

玉の読み方

ギョクたま

部首と構成

部首

玉部(ぎょくぶ)

玉の部首はであり、玉を部首にもつ漢字の集まりを玉部という。玉部には「半透明の宝石、玉石、玉器、玉の装飾品」という意がある。

玉部における「玉」

玉の漢字は、玉の画数+0画で構成されるため、玉部0画の漢字と表現される。

熟語

玉を含む四字熟語

「玉」の漢字を語中にもつ四字熟語15種を表にまとめる。

「玉」が入る四字熟語
玉兎銀蟾ぎょくとぎんせん錦衣玉食きんいぎょくしょく金科玉条きんかぎょくじょう
金枝玉葉きんしぎょくよう金声玉振きんせいぎょくしん金殿玉楼きんでんぎょくろう
芝蘭玉樹しらんぎょくじゅ精金良玉せいきんりょうぎょく仙姿玉質せんしぎょくしつ
象箸玉杯ぞうちょぎょくはい堆金積玉たいきんせきぎょく白玉楼中はくぎょくろうちゅう
被褐懐玉ひかつかいぎょく粉粧玉琢ふんしょうぎょくたく蘭摧玉折らんさいぎょくせつ

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「玉」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

玉虫厨子【たまむしのずし《たまむしのづし》】

  • [歴][美]奈良県生駒郡(イコマグン)斑鳩町(イカルガチョウ)の法隆寺に伝わる、飛鳥時代の厨子。国宝。
    須弥座(シュミザ)の上に鴟尾(シビ)をあげた宮殿型を載せたもの。
    檜(ヒノキ)造り、黒漆(クロウルシ)を塗り、高さ222.6センチメートル。
    宮殿部は単層入母屋(イリモヤ)造り、屋根は錣葺(シコロブ)きで、丸瓦(マルガワラ)を行基葺(ギョウキブ)きに配している。
    宮殿部の縁に張った透彫りの金具の下にタマムシの羽根1万近くを敷き、内壁と三方の扉の内側には鍍金(トキン)した金銅押出しの千仏坐像が貼られている。
    須弥座の四面に、捨身飼虎図(シャシンシコズ)・舎利供養図(シャリクヨウズ)などの六朝風の彩色画が、朱・緑・黄の三色で描かれている。
    当時の建築・絵画・工芸を知ることができる優れた工芸品。
  • 推古天皇の念持仏の厨子と伝えられるが、本尊は盗難に遭って現存しない。

玉野市【たまのし】

    [Romaji]TamanoShi

  • 岡山県南部の市。
    児島半島南東部にあり、瀬戸内海に面し、宇野港は外材や活魚の輸入港となっている。
    大正時代創建の三井造船玉野事業所(造船所)がある。
  • 1940年(昭和15年)宇野町・日比(ヒビ)町が合併して市制施行。
  • 1953年(昭和28年)山田村を編入。
  • 1954年(昭和29年)荘内村を編入。
  • 1955年(昭和30年)八浜(ハチハマ)町を編入。
  • 1974年(昭和49年)東児(トウジ)町を編入。
  • 宇野はもと宇野線と四国高松への宇高連絡船の結節点として発達。
  • 1909年(明治42年)宇野港、完成。
  • 1910年(明治43年)国鉄宇野線が開通し、宇高連絡船が就航。参照うこうれんらくせん(宇高連絡船)

特殊用語・専門用語

「玉」の字に特殊な意味をこめて扱う将棋駒のようなケースが存在する。

将棋駒【しょうぎこま】

将棋駒の種類
駒名略称成駒
王将(おうしょう)
玉将(ぎょくしょう)
なし
飛車(ひしゃ)()
角行(かくぎょう)
金将(きんしょう)なし
銀将(ぎんしょう)(金と同じ)
桂馬(けいま)(金と同じ)
香車(きょうしゃ)(金と同じ)
歩兵(ふひょう)・と(金と同じ)
説明
本将棋(九x九のマスで遊ぶ二人用ボードゲーム)で扱うの名称。

検索手法

文字コード

「玉」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「玉」の字に割り当てられる1

「玉」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+7389
JISX0213 1-22-44
戸籍統一文字番号 3233640
住基ネット統一文字J+7389

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「玉」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店5824
新大字典5講談社9806
新潮日本語漢字辞典6新潮社7045
大漢和辞典7 8大修館書店20821
大漢語林9大修館書店6896

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「玉」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「玉」についての総括
  1. 玉の画数 :5画
  2. 玉の部首 : 玉
  3. 玉の読み方:ギョク,たま
  4. 玉の意味 :たま/丸くて美しい石/宝石
以上で「玉」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。