「羽」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、鳥や虫のはね/つばさ/翼のあるものなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。羽を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、6画の画数を有する。

漢字「羽」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首羽【う】
画数総画数6画
部首内画数羽部0画
読み音読み《中》
訓読み
はね
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検9級
日本語能力検定JLPT N2
学習レベル小学校2年生修了程度

意味

意味と用例

  1. のはね。つばさ。のあるもの。「羽毛・羽化・翼羽・換羽・羽布団・羽色・羽音」
  2. 鳥類・兎(うさぎ)の
  3. 出羽国(でわのくに)の略称。「羽州・羽前・羽後・陸羽・奥羽」
  4. 五声(五聲)・五音のつ。

英語翻訳(English translation)

  1. feathers
  2. counter for birds, rabbits

書き方と読み方

羽の書き方

羽_書き方
羽の書き順【筆順】

羽の読み方

はね

部首と構成

部首

羽部(うぶ)

羽の部首はであり、羽を部首にもつ漢字の集まりを羽部という。羽部には「翼、羽根、鳥類の翼に生えた毛、鳥、鳥が飛ぶこと」という意がある。

羽部における「羽」

羽の漢字は、羽の画数+0画で構成されるため、羽部0画の漢字と表現される。

熟語

異体字・新字体・旧字体

「羽」と読み方や意味が同一でありながら、字体が異なる漢字を示す。

2015.04.01「羽」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

羽を含む四字熟語

「羽」の漢字を語中にもつ四字熟語3種を表にまとめる。

「羽」が入る四字熟語
羽化登仙うかとうせん射石飲羽しゃせきいんう積羽沈舟せきうちんしゅう

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「羽」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

羽枝【うし】

    [英語]barb

  • [鳥]羽の板状部分を成す羽弁(ウベン)(vane)の構成要素。
    羽軸から左右に伸び、さらに羽枝から多数の小羽枝(羽小枝)(barbule)が伸びている。小羽枝には小さな鉤状(カギジョウ)の突起(トッキ)があって隣りの羽枝から伸びる小羽枝の突起と絡(カラ)み合い、バラバラにならずに集合体として羽弁を形成している。
    一度゛羽枝同士が裂けたように離れても、合せて軽く揉(モ)むと小羽枝の突起がまた絡み合い、一枚の羽弁となる。
  • 小羽枝の突起が絡み合っていない羽:わたばね(綿羽)

羽根/羽【はね】

  • [鳥]鳥類の体表に生えている羽毛(ウモウ)。
    「フェザー([英語]feather)」とも呼ぶ。
  • 大羽(オオハネ):プルーム([英語]plume)。
  • 翼(ツバサ):ウイング([英語]wing)。
  • [鳥][虫]はね(羽、翅)
  • パチンコ台の役物(ヤクモノ)の一つ。
    玉が当たると回転して弾(ハジ)き飛ばすもの。玉の動きを変えるための仕掛け。
    回転している羽根に玉が当たると、また別のところに飛んでしまい、動きは一定にならない。やくもの(役物)。
  • 「うこん(羽根)」とも読む。うこん(羽根)。

特殊用語・専門用語

「羽」の字に特殊な意味をこめて扱う五声・五聲のようなケースが存在する。

五声・五聲【ごせい】

五声の種類
五行
五声
説明
古代中国の音楽で使われる五つのの高さ/音階。現代では五音(ごいん・ごおん)としても用いられる。五行に通じている。

東山道(行政区画)【とうさんどう】

東山道の一覧
東山道
律令国名州名略字
近江国近州
美濃国濃州
飛騨国飛州
信濃国信州
上野国上州
下野国野州
陸奥国奥州
陸州

出羽国羽州
説明
飛鳥時代以降における地域区分および行政区画の一つ。五畿七道の一道に数えられる。 現在の青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、滋賀県にまたがる地域をさす。

検索手法

文字コード

「羽」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「羽」の字に割り当てられる1

「羽」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+7FBD
JISX0213 1-17-09
戸籍統一文字番号 3319610
住基ネット統一文字J+7FBD

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「羽」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店7690
新大字典5講談社12768
新潮日本語漢字辞典6新潮社9330
大漢和辞典7 8大修館書店28614′
大漢語林9大修館書店9008

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「羽」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「羽」についての総括
  1. 羽の画数 :6画
  2. 羽の部首 : 羽
  3. 羽の読み方:ウ,はね,は
  4. 羽の意味 :鳥や虫のはね/つばさ/翼のあるもの
以上で「羽」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。