「十」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、じゅう/と/とお/九の次の数・値・順位/十番目などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。十を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、2画の画数を有する。

漢字「十」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首十【じゅう】
画数総画数2画
部首内画数十部0画
読み音読みジッ
ジュウ
訓読み
とお
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検10級
日本語能力検定JLPT N5
学習レベル小学校1年生修了程度

意味

意味と用例

  1. じゅう。と。とお。・順位。十番目。「十円・十回・十年・十人・何十・数十」
  2. すべて。て。りている。完全。「十分・十全・十割」
  3. いこと。たくさん。「十目のるところ十指のさすところ」

字意

十【そち】
  • [古]十歳。そ(十)。
  • 御十(みそち)
  • 英語翻訳(English translation)

    1. ten

    書き方と読み方

    十の書き方

    十_書き方
    十の書き順【筆順】

    十の読み方

    ジュウジッとお

    部首と構成

    部首

    十部(じゅうぶ)

    十の部首はであり、十を部首にもつ漢字の集まりを十部という。十部には「数字の十、十分な状態」という意がある。

    十部における「十」

    十の漢字は、十の画数+0画で構成されるため、十部0画の漢字と表現される。

    熟語

    十を含む四字熟語

    「十」の漢字を語中にもつ四字熟語15種を表にまとめる。

    「十」が入る四字熟語
    五風十雨ごふうじゅうう一目十行いちもくじゅうぎょう一夜十起いちやじっき
    五十知命ごじゅうちめい三十六計さんじゅうろっけい四十不惑しじゅうふわく
    七十古稀しちじゅうこき十死一生じっしいっしょう十風五雨じっぷうごう
    十五志学じゅうごしがく聚散十春しゅうさんじっしゅん十日一水じゅうじついっすい
    十全十美じゅうぜんじゅうび十年一昔じゅうねんひとむかし六十耳順ろくじゅうじじゅん

    熟語・関連語句

    一般的な国語辞典などに記載されている「十」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

    十戒/十誡【じっかい】

      [英語]theDecalogue/theTenCommandments

    • [聖]モーセ(Moses)がシナイ山(MountSinai)上で神からイスラエルの民に授(サズ)かったという10ヶ条の戒(イマシ)め。
      キリスト教社会の根本的な戒めとなっている。
      「じゅっかい(十戒、十誡)」とも呼ぶ。
    • 『旧約聖書』「出エジプト記」20章に記載。
      【1】我は汝(ナンジ)の神エホバなり。我の他何物も神とするべからず。
      【2】汝偶像を造り、これを拝みこれに仕(ツカ)うべからず。
      【3】汝の神エホバの名をみだりに口にすべからず。
      【4】汝安息日(アンソクビ)を憶(オボ)えてこれをきよくすべし。
      【5】汝の父と母を敬(ウヤマ)うべし。
      【6】汝殺すなかれ。
      【7】汝姦淫(カンイン)するなかれ。
      【8】汝盗むなかれ。
      【9】汝その隣人(リンジン)に対して虚妄の証拠を立(タ)つるなかれ。
      【10】汝の隣人の妻および僕婢、牛、ロバならびにすべての汝の隣人の所有をむさぼるなかれ。
    • 2個の石板に刻まれていたという。

    十三湖【じゅうさんこ《じふさんこ》】

      [Romaji]JusanKo

    • [地]青森県津軽(ツガル)半島西岸にある潟湖(カタコ)。西部を日本海に開き、北部を五所川原市(ゴショガワラシ)相内(アイウチ)、東部を北津軽郡(キタツガルグン)中泊町(ナカドマリマチ)、南部をつがる市車力町(シャリキチョウ)に囲まれている。
      面積18.1平方キロメートル、周囲30キロメートル、最大深度1.5メートル。
      白神山地から発した岩木川など大小13の河川が注(ソソ)ぐ。
      旧称は「じゅうさんみなと(十三湊)」。
      「とさがた(十三潟)」とも呼ぶ。いわきがわ(岩木川)、じゅうにこ(十二湖)。
    • 湖口は平安末期より湊の機能を持ち、かつて三津七湊(サンシンシチソウ)の一つと数えられた十三湊(トサミナト)。
      もと、面積20.6平方キロメートル、周囲25キロメートル、最大深度3.0メートル。
    • 1948年(昭和23年)国営干拓事業を開始。
    • 1959年(昭和34年)湖口近くに十三橋(395メートル)が完成。
    • 1966年(昭和41年)一部の開田が完了。

    特殊用語・専門用語

    「十」の字に特殊な意味をこめて扱う大字のようなケースが存在する。

    大字【だいじ】

    大字の種類
    大字 れい・ぜろ いち
    漢数字
    さん よん・し
    ろく ・柒しち・なな
    はち・や きゅう・く じゅう・とう
    弐拾(廿)にじゅう 参拾()さんじゅう 肆拾(卌)しじゅう・よんじゅう
    二十 三十 四十
    ひゃく せん まん
    説明
    単純な形をした漢数字を代用した表記手法。商取引などで文字の改竄による詐欺を防止する目的がある。証書を取り交わす際、記載される額面などに利用されている。

    命数法(大数)【めいすうほう】

    数詞の種類
    数詞 いち じゅう
    100 101
    ひゃく せん まん
    102 103 104
    おく ちょう けい、きょう
    108 1012 1016
    がい ?じょ じょう
    1020 1024 1028
    こう かん せい
    1032 1036 1040
    さい ごく 恒河沙ごうがしゃ
    1044 1048 1052
    阿僧祇あそうぎ 那由他なゆた 不可思議ふかしぎ
    1056 1060 1064
    無量大数むりょうたいすう
    1068
    説明
    を表す単位。万よりも大きい数については万進法(四桁刻み)の扱いとなる。

    検索手法

    文字コード

    「十」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「十」の字に割り当てられる1

    「十」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 2U+5341
    JISX0213 1-29-29
    戸籍統一文字番号 3031240
    住基ネット統一文字J+5341

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「十」の検字番号一覧
    書籍出版社検字番号
    角川大字源4角川書店902
    新大字典5講談社1473
    新潮日本語漢字辞典6新潮社1107
    大漢和辞典7 8大修館書店2695
    大漢語林9大修館書店1097

    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

    まとめ

    「十」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「十」についての総括
    1. 十の画数 :2画
    2. 十の部首 : 十
    3. 十の読み方:ジュウ,ジッ,とお,と
    4. 十の意味 :じゅう/と/とお/九の次の数・値・順位/十番目
    以上で「十」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    ウサタロー

    おねがい
    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。