「三」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、さん/み/みつ/みっつ/二の次の数・値・順位/四の前などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。一を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、3画の画数を有する。

漢字「三」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首一【いち】
画数総画数3画
部首内画数一部2画
読み音読みサン
訓読み
()
みっ()
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検10級
日本語能力検定JLPT N5
学習レベル小学校1年生修了程度

意味

意味と用例

  1. さん。み。みつ。みっつ。・順位。。「三役・三春の行楽」
  2. 三度。みたび。「三振・再三」「三顧(さんこ)の礼」「三思してする」
  3. 三味線で一番高い。「三の糸」
  4. み「三(さん)」の和語。「三声にぶ」
  5. 野球の三塁。三塁手。サード。「三飛・三遊間」

英語翻訳(English translation)

  1. three

書き方と読み方

三の書き方

三_書き方
三の書き順【筆順】

三の読み方

サン三つみっつ三つみつ

部首と構成

部首

一部(いちぶ)

三の部首はであり、一を部首にもつ漢字の集まりを一部という。一部には「数字の一、始まり、単位の基準」という意がある。

一部における「三」

三の漢字は、一の画数+2画で構成されるため、一部2画の漢字と表現される。

熟語

三を含む四字熟語

「三」の漢字を語中にもつ四字熟語49種を表にまとめる。

「三」が入る四字熟語
草廬三顧そうろさんこ作文三上さくぶんさんじょう韋編三絶いへんさんぜつ
三百代言さんびゃくだいげん三段論法さんだんろんぽう三平二満さんぺいじまん
一日三秋いちじつさんしゅう一読三嘆いちどくさんたん益者三楽えきしゃさんごう
益者三友えきしゃさんゆう九夏三伏きゅうかさんぷく君子三戒くんしさんかい
狡兎三窟こうとさんくつ歳寒三友さいかんのさんゆう再三再四さいさんさいし
作史三長さくしのさんちょう三界無安さんがいむあん三界無宿さんがいむしゅく
三界流転さんがいるてん三角関係さんかくかんけい三寒四温さんかんしおん
三釁三浴さんきんさんよく三綱五常さんこうごじょう三顧之礼さんこのれい
三思九思さんしきゅうし三思後行さんしこうこう三十六計さんじゅうろっけい
三草二木さんそうにもく三拝九拝さんぱいきゅうはい三位一体さんみいったい
三面六臂さんめんろっぴ三令五申さんれいごしん熟読三思じゅくどくさんし
入木三分じゅぼくさんぶ贅沢三昧ぜいたくざんまい損者三友そんしゃさんゆう
朝三暮四ちょうさんぼし読書三到どくしょさんとう読書三昧どくしょざんまい
読書三余どくしょさんよ南無三宝なむさんぼう念仏三昧ねんぶつざんまい
風流三昧ふうりゅうざんまい北窓三友ほくそうのさんゆう三日坊主みっかぼうず
無二無三むにむさん孟母三遷もうぼさんせん約法三章やくほうさんしょう
六韜三略りくとうさんりゃく

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「三」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

三十三身【さんじゅうさんしん《さんじふさんしん》】

  • [仏]『法華経(ホケキョウ』普門品に説かれる、観世音(カンゼオン)菩薩(ボサツ)が衆生(シュジョウ)の教化(キョウケ)のため現れる三十三種の変化身(ヘンゲシン)の総称。
    三聖身(サンショウシン)・六天身(ロクテンシン)・五人身(ゴニンシン)・四部衆身(シブシュウシン)・四婦女身(シブニョシン)・二童身(ニドウシン)・八部身(ハチブシン)・執金剛身(シュウコンゴウジン)の総称。
    観世音菩薩は普現色身(フゲンシキシン)三昧力(ザンマイリキ)によって変現自在にその姿を変え、衆生の機根(キコン)に即して出現し、それぞれに応じた仕方で法を説くという。
    「さんじゅうさんじん(三十三身)」とも呼ぶ。
  • 三聖身:【1】仏身(ブッシン)・【2】辟支仏身(ビャクシブッシン)・【3】声聞身(ショウモンシン)。
  • 六天身:【4】梵王(ボンオウ)身・【5】帝釈(タイシャク)身・【6】自在天(ジザイテン)身・【7】大自在天(ダイジザイテン)身・【8】天大将軍(テンダイショウグン)身・【9】毘沙門(ビシャモン)身。
  • 五人身:【10】小王(ショウオウ)身・【11】長者(チョウジャ)身・【12】居士(コジ)身・【13】宰官(サイカン)身・【14】婆羅門(バラモン)身。
  • 四部衆身:【15】比丘(ビク)身・【16】比丘尼(ビクニ)身・【17】優婆塞(ウバソク)身・【18】優婆夷(ウバイ)身。
  • 四婦女身:【19】長者婦女身・【20】居士婦女身・【21】宰官婦女身・【22】婆羅門婦女身。
  • 二童身:【23】童男(ドウナン)身・【24】童女(ドウジョ)身。
  • 八部身:【25】天(テン)身・【26】竜(リュウ)身・【27】夜叉(ヤシャ)身・【28】乾闥婆(ケンダツバ)身・【29】阿修羅(アシュラ)身・【30】迦楼羅(カルラ)身・【31】緊那羅(キンナラ)身・【32】摩ゴ羅伽(マゴラガ)身。【33】執金剛身。
  • 仏・如来:さんじゅうにそう(三十二相)、妙音菩薩(ミョウオン・ボサツ):さんじゅうししん(三十四身)

三・一独立運動【さんいちどくりつうんどう】

    [英語]March1stMovement

  • [歴]1919年(大正8年)3月1日から約3ヶ月続いた、朝鮮民族の日本支配に反抗する独立運動。
  • 1919年(大正8年)1月李太王が日本人医師に毒殺されたという風説がひろまり、葬儀の前日3月1日京城(ソウル)市パコダ公園に集まった数千人の群衆・学生が、「独立宣言」を読み上げ、朝鮮独立万歳を叫んだ。「独立宣言」は崔南善(ChoeNam-seon)が起草し孫秉煕(SonByong-hi)(ソ・ビョンヒ)(ソン・ヘイキ)ら33人の宗教家が、朝鮮の独立を世界の世論に訴えたもので、パリ講和会議に請願したが取り上げられなかった。33人は民衆の前には姿を見せず、総督府警務局に自首する。
    運動は次第に全国に波及し、参加者は200万人に達し、5月ころまでに日本官憲に鎮圧された。
    この間4月、上海に大韓民国臨時政府が樹立され、李承晩(ISungman)(イ・スンマン)(リ・ショウバン)が国務総理となる(間もなく派閥抗争で失脚)。
    朝鮮総督の4.24の報告では、死者は憲兵3人・警官2人、憲兵と警官の負傷者49人、一般内地人の死者1人・負傷者18人という比較的おだやかな運動であった。しかし、シベリアや満州の朝鮮人はロシア革命の影響を受け、武装闘争に向っていた。
    日本の朝鮮支配は武断的政策から文治政策に転換され、第2代朝鮮総督の長谷川好道(ヨシミチ)は辞任し、8月元海軍大臣斎藤実(マコト)が任命され、「文化政治」をとなえ総督に文官が就任できるように改革したが文官が就任することはなかった。
    「万歳事件」とも呼ぶ。『人名辞典』ふせたつじ(布施辰治)。
  • 同年5月に起きた中国の五・四運動にも大きな影響を与えた。
    参考ごしうんどう(五・四運動)

特殊用語・専門用語

「三」の字に特殊な意味をこめて扱う大字のようなケースが存在する。

大字【だいじ】

大字の種類
大字 れい・ぜろ いち
漢数字
さん よん・し
ろく ・柒しち・なな
はち・や きゅう・く じゅう・とう
弐拾(廿)にじゅう 参拾()さんじゅう 肆拾(卌)しじゅう・よんじゅう
二十 三十 四十
ひゃく せん まん
説明
単純な形をした漢数字を代用した表記手法。商取引などで文字の改竄による詐欺を防止する目的がある。証書を取り交わす際、記載される額面などに利用されている。

東海道(行政区画)【とうかいどう】

東海道の一覧
東海道
律令国名州名略字
伊賀国伊州
伊勢国勢州
志摩国志州
尾張国尾州
三河国三州
参州

遠江国遠州
駿河国駿州駿
伊豆国豆州
甲斐国甲州
相模国相州
武蔵国武州
安房国房州
安州

上総国総州
下総国総州
常陸国常州
説明
飛鳥時代以降における地域区分および行政区画の一つ。五畿七道の一道に数えられる。 現在の茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県にまたがる地域をさす。

片仮名【かたかな】

カタカナと元の漢字
行/段ア段イ段ウ段エ段オ段
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
説明
カタカナの由来・起源となった漢字。漢字を早く小さく書くために片仮名が生まれた。

守備位置(野球)【しゅびいち】

《野球》守備位置の種類
守備位置略字カタカナ英語
投手ピッチャー
捕手キャッチャー
一塁手ファースト
二塁手セカンド
三塁手サード
遊撃手ショート
左翼手レフト
中堅手センター
右翼手ライト
説明
野球で使われる守備位置。ポジション。

検索手法

文字コード

「三」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「三」の字に割り当てられる1

「三」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+4E09
JISX0213 1-27-16
戸籍統一文字番号 3000130
住基ネット統一文字J+4E09

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「三」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店5
新大字典5講談社11
新潮日本語漢字辞典6新潮社9
大漢和辞典7 8大修館書店12
大漢語林9大修館書店10

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「三」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「三」についての総括
  1. 三の画数 :3画
  2. 三の部首 : 一
  3. 三の読み方:サン,みっつ,みつ,み
  4. 三の意味 :さん/み/みつ/みっつ/二の次の数・値・順位/四の前
以上で「三」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。