「尾」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、お/動物の尻から長く伸びたものなどの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。尸を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、7画の画数を有する。

漢字「尾」
字体
分類常用漢字
部首尸【し】
画数総画数7画
部首内画数尸部4画
読み音読み
訓読み
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検4級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル中学校在学程度

意味

意味と用例

  1. お。動物のからびたもの。「尾髪・尾骨・牛尾・鳳尾・尻尾(しっぽ)」
  2. ろ。わり。。対義語:「尾行・尾灯・尾翼・圧尾・語尾・最尾・紙尾・首尾・終尾・船尾・大尾・年尾・末尾」
  3. 動物の雌雄がつるむ。「交尾」
  4. える。「一尾・尾数」
  5. 尾張国(おわりのくに)の略称。「尾州・濃尾」
  6. 尾宿。二十八宿のつ。あしたれぼし。

英語翻訳(English translation)

  1. tail
  2. end
  3. counter for fish
  4. lower slope of mountain

書き方と読み方

尾の書き方

尾_書き方
尾の書き順【筆順】

尾の読み方

部首と構成

部首

尸部(しぶ)

尾の部首はであり、尸を部首にもつ漢字の集まりを尸部という。尸部には「死体、屍、人が横たわっている様子、身体の部分、履き物」という意がある。

尸部における「尾」

尾の漢字は、尸の画数+4画で構成されるため、尸部4画の漢字と表現される。

熟語

尾を含む四字熟語

「尾」の漢字を語中にもつ四字熟語5種を表にまとめる。

「尾」が入る四字熟語
曳尾塗中えいびとちゅう狗尾続貂くびぞくちょう首尾一貫しゅびいっかん
蒼蠅驥尾そうようきび尾生之信びせいのしん

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「尾」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

尾鷲市【おわせし《をわせし》】

    [Romaji]OwaseShi

  • 三重県南西部の市。南部・南西部を熊野市に接し、東部を熊野灘(クマノナダ)に面する。
    大台ヶ原山の山麓に位置し、林業・漁業の中心地。また、熊野灘に面し、尾鷲港は木材の積出港・遠洋漁業の基地。
    多雨地帯で、年間降雨量は平均4千ミリメートルを超す。
    九鬼(クキ)は中世、九鬼水軍の本拠地。
  • 1954年(昭和29年)尾鷲(オワシ)町・須賀利(スガリ)村・九鬼村・北輪内村・南輪内村の1町4村が合併して市制施行し尾鷲市(オワセシ)となる。

尾去沢鉱山【おさりざわこうざん《をさりざはくわうざん》】

    [Romaji]OsarizawaKozan

  • [歴][地]秋田県鹿角市(カヅノシ)にあった日本最古の鉱山。
    奈良時代、708(和銅元)に発見されたといわれる。
    日本一の銅山として栄え、坑道は800キロメートルに及ぶ。
    慶長年間(1596~1615)からおおむね南部藩の直営で、江戸前期は金鉱として、後半は銅山として発展した。
  • 1884年(明治17年)岩崎氏に渡り、三菱金属鉱業が経営。
  • 1978年(昭和53年)廃鉱・閉山。

特殊用語・専門用語

「尾」の字に特殊な意味をこめて扱う二十八宿のようなケースが存在する。

二十八宿【にじゅうはっしゅく】

二十八宿の種類
四象七宿
第一宿第二宿第三宿第四宿第五宿第六宿第七宿
東方青龍
北方玄武
西方白虎
南方朱雀
説明
古代中国発祥の星座区分。黄道(太陽の道)を二十八に分けて天文学・占星術に活用した。

平水韻【へいすいいん】

平水韻の種類
平声 上平声
下平声
上声

()
去声
入声
説明
《中国》漢詩において押韻(韻を踏む)ために用いられる106の韻。一般的に「詩韻(しいん)」を意味する平水韻は、中古音の音韻体系を表すものとして用いられてきた。

東海道(行政区画)【とうかいどう】

東海道の一覧
東海道
律令国名州名略字
伊賀国伊州
伊勢国勢州
志摩国志州
尾張国尾州
三河国三州
参州

遠江国遠州
駿河国駿州駿
伊豆国豆州
甲斐国甲州
相模国相州
武蔵国武州
安房国房州
安州

上総国総州
下総国総州
常陸国常州
説明
飛鳥時代以降における地域区分および行政区画の一つ。五畿七道の一道に数えられる。 現在の茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県にまたがる地域をさす。

検索手法

文字コード

「尾」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「尾」の字に割り当てられる1

「尾」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+5C3E
JISX0213 1-40-88
戸籍統一文字番号 3086950
住基ネット統一文字J+5C3E

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「尾」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店2180
新大字典5講談社3689
新潮日本語漢字辞典6新潮社2694
大漢和辞典7 8大修館書店7650
大漢語林9大修館書店2658

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「尾」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「尾」についての総括
  1. 尾の画数 :7画
  2. 尾の部首 : 尸
  3. 尾の読み方:ビ,お
  4. 尾の意味 :お/動物の尻から長く伸びたもの
以上で「尾」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。