「武」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、たけし/強くて勇ましい様子/猛々しいなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。止を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、8画の画数を有する。

漢字「武」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首止【し】
画数総画数8画
部首内画数止部4画
読み音読み

訓読み《外》たけ()
《外》もののふ
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検6級
日本語能力検定JLPT N2
学習レベル小学校5年生修了程度

意味

意味と用例

  1. たけし。くてましい様子。猛々しい。
    • ブ「武名・武勇」
  2. い。戦争。軍事。兵器。対義語:
    • ブ。「武運・武官・武器・武具・武功・武士・武術・武装・武力・演武・文武・練武」
    • ム。「武庫」
  3. もののふ。軍人。
    • ブ。「武官」
    • ム。「武者」
  4. さの単位。半歩分のどり。2武で1
    • ブ。「歩武」
  5. 武蔵国(むさしのくに)の略称。
    • ブ。「武州」

英語翻訳(English translation)

  1. warrior
  2. military
  3. chivalry
  4. arms

書き方と読み方

武の書き方

武_書き方
武の書き順【筆順】

武の読み方

もののふ武したけし

部首と構成

部首

止部(しぶ)

武の部首はであり、止を部首にもつ漢字の集まりを止部という。止部には「足、足を止めること、留まること」という意がある。

止部における「武」

武の漢字は、止の画数+4画で構成されるため、止部4画の漢字と表現される。

熟語

武を含む四字熟語

「武」の漢字を語中にもつ四字熟語6種を表にまとめる。

「武」が入る四字熟語
武陵桃源ぶりょうとうげん偃武修文えんぶしゅうぶん勤倹尚武きんけんしょうぶ
武運長久ぶうんちょうきゅう文武両道ぶんぶりょうどう右文左武ゆうぶんさぶ

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「武」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

武漢市【ぶかんし】

    [中国語]WuhanShi

  • 中国中央部、湖北省(HubeiSheng)(コホクショウ)中東部にある省都・省直轄市(地級市)。
    長江(Changjiang)(チョウコウ)(揚子江)と漢水(Hanshui)(カンスイ)との合流点に位置する。
    辛亥革命博物館がある。
    「ウーハン」とも呼ぶ。
  • 江漢区(JianghanQu)。
  • (「石」偏+「喬」)口区(QiaokouQu)。
    漢陽区(HanyangQu)。
    武昌区(WuchangQu):旧武昌。
    青山区(QingshanQu)。
  • 洪山区(HongshanQu)。
  • 東西湖区(DongxiheQu)。
    漢南区(HannanQu)。
    蔡甸区(CaidianQu)。
    江夏区(JiangxiaQu):旧武昌。
    黄陂区(HuangbeiQu)。
    新洲区(XinzhouQu)。
  • 1927年(昭和2年)1月1日国民政府、武昌・漢口・漢陽を合併して武漢とする。
  • 1938年(昭和13年)10月27日日本軍、武漢三鎮を占領。
    新中国成立後の1949.5.16(昭和24)武昌市・漢口市・漢陽市の3市が再び合併して成立。ぶかんさんちん(武漢三鎮)、ぶしょう(武昌)。
  • 武漢大学のキャンパスは、旧日本軍の傷病兵の病院として接収された際に日本の桜が植えられ、現在は桜の名所となっている。

武器輸出三原則/武器輸出3原則【ぶきゆしゅつさんげんそく】

  • [古][政][軍]1967年(昭和42年)佐藤栄作内閣が武器輸出に関して発表した、日本政府の統一見解。
    【1】共産圏諸国、【2】国連が武器輸出を禁止する国、【3】国際紛争当事国や紛争の恐れのある国に対する、武器禁輸の原則。
    「禁輸三原則」とも呼ぶ。
  • 1976年(昭和51年)三木武夫内閣で武器輸出が全面禁止となる。
  • 1983年(昭和58年)中曽根康弘内閣で、武器輸出三原則の枠外として日米安保の観点からアメリカ向け武器技術供与を例外的に解禁。
  • 2004年(平成16年)小泉純一郎内閣で、ミサイル防衛に関するアメリカとの共同開発・生産を例外とする。
  • 2014年(平成26年)4月安倍晋三内閣で、武器輸出を可能とする新三原則「防衛装備移転三原則」を作成。ぼうえいそうびいてんさんげんそく(防衛装備移転三原則、防衛装備移転3原則)。

特殊用語・専門用語

「武」の字に特殊な意味をこめて扱う平仮名のようなケースが存在する。

平仮名【ひらがな】

ひらがなと元の漢字
行/段あ段い段う段え段お段
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
説明
ひらがなの由来・起源となった漢字。漢字を草書体にくずして書くことで平仮名が生まれた。

東海道(行政区画)【とうかいどう】

東海道の一覧
東海道
律令国名州名略字
伊賀国伊州
伊勢国勢州
志摩国志州
尾張国尾州
三河国三州
参州

遠江国遠州
駿河国駿州駿
伊豆国豆州
甲斐国甲州
相模国相州
武蔵国武州
安房国房州
安州

上総国総州
下総国総州
常陸国常州
説明
飛鳥時代以降における地域区分および行政区画の一つ。五畿七道の一道に数えられる。 現在の茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県にまたがる地域をさす。

検索手法

文字コード

「武」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「武」の字に割り当てられる1

「武」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+6B66
JISX0213 1-41-80
戸籍統一文字番号 3184710
住基ネット統一文字J+6B66

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「武」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店4661
新大字典5講談社7835
新潮日本語漢字辞典6新潮社5680
大漢和辞典7 8大修館書店16273
大漢語林9大修館書店5632

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「武」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「武」についての総括
  1. 武の画数 :8画
  2. 武の部首 : 止
  3. 武の読み方:ム,ブ,もののふ,たけし
  4. 武の意味 :たけし/強くて勇ましい様子/猛々しい
以上で「武」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。