「参」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、まいる/目上の人に会う/うかがう/まみえるなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。厶を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、8画の画数を有する。

漢字「参」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首厶【し】
画数総画数8画
部首内画数厶部6画
読み音読みサン
《外》シン
訓読みまい()
《外》まじ(わる)
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検7級
日本語能力検定JLPT N3
学習レベル小学校4年生修了程度

意味

意味と用例

  1. まいる。目上のう。うかがう。まみえる。「参上・見参・降参・持参・推参」
  2. まいる。朝廷・寺社などにでる。「参賀・参宮・参詣(さんけい)・参内(さんだい)・参殿・参堂・参拝・日参・墓参」
  3. べあわせる。調べる。「参考・参看・参勘・参照」
  4. まじわる。わる。わりあう。あずかる。「参加・参政・参謀・参与・参列・古参・新参」
  5. ちまじりまる。いたる。「参会・参集・参観・参禅」
  6. 不揃いな様子。むらがりつさま。「参差(しんし)」
  7. ける。る。「降参」
  8. 「三」の大字・代用字。「参百五拾円」
  9. 参宿。二十八宿のつ。からすきぼし。

英語翻訳(English translation)

  1. nonplussed
  2. three (in documents)
  3. going
  4. coming
  5. visiting
  6. visit
  7. be defeated
  8. die
  9. be madly in love
  10. participate
  11. take part in

書き方と読み方

参の書き方

参_書き方
参の書き順【筆順】

参の読み方

シンサン参わるまじわる参るまいる

部首と構成

部首

厶部(しぶ)

参の部首はであり、厶を部首にもつ漢字の集まりを厶部という。厶部には「物を囲い込んで自分のものとする様子、手を伸ばす様子」という意がある。

厶部における「参」

参の漢字は、厶の画数+6画で構成されるため、厶部6画の漢字と表現される。

熟語

異体字・新字体・旧字体

「参」と読み方や意味が同一でありながら、字体が異なる漢字を示す。

2015.08.01「參」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「参」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

参議院【さんぎいん《さんぎゐん》】

    [英語]HouseofCouncilors

  • [政]「良識の府(HouseofCommonSense)」とも呼ぶ。
  • 1947年(昭和22年)4月20日第1回選挙。社会党47,自民党37,民主党28,国民協同党9,共産党4,諸派12,無所属113。
  • 2004年(平成16年)7月30日第160臨時国会の参議院本会議で自由民主党の扇千景(オウギ・チカゲ)が女性初の議長に選出。
  • 2007年(平成19年)7月29日参議院選挙の結果、自民党が109人から85に激減し、民主党・新緑風会が82人から112人に躍進し第一会派(比較第一党)となる。

参謀【さんぼう】

  • [軍]高級指揮官の幕僚として軍議に参画する職。
  • 参謀本部:さんぼうほんぶ(参謀本部)参謀総長:さんぼうそうちょう(参謀総長)
  • 自衛隊では幕僚監部:ばくりょうかんぶ(幕僚監部)
  • [軍]([英語]staffofficer)軍の作戦・用兵・その他一切を計画して上官を補佐する将校。
  • (転じて)指揮者の下で、計画・作戦を立て補佐する役割の人。

特殊用語・専門用語

「参」の字に特殊な意味をこめて扱う大字のようなケースが存在する。

大字【だいじ】

大字の種類
大字 れい・ぜろ いち
漢数字
さん よん・し
ろく ・柒しち・なな
はち・や きゅう・く じゅう・とう
弐拾(廿)にじゅう 参拾()さんじゅう 肆拾(卌)しじゅう・よんじゅう
二十 三十 四十
ひゃく せん まん
説明
単純な形をした漢数字を代用した表記手法。商取引などで文字の改竄による詐欺を防止する目的がある。証書を取り交わす際、記載される額面などに利用されている。

二十八宿【にじゅうはっしゅく】

二十八宿の種類
四象七宿
第一宿第二宿第三宿第四宿第五宿第六宿第七宿
東方青龍
北方玄武
西方白虎
南方朱雀
説明
古代中国発祥の星座区分。黄道(太陽の道)を二十八に分けて天文学・占星術に活用した。

東海道(行政区画)【とうかいどう】

東海道の一覧
東海道
律令国名州名略字
伊賀国伊州
伊勢国勢州
志摩国志州
尾張国尾州
三河国三州
参州

遠江国遠州
駿河国駿州駿
伊豆国豆州
甲斐国甲州
相模国相州
武蔵国武州
安房国房州
安州

上総国総州
下総国総州
常陸国常州
説明
飛鳥時代以降における地域区分および行政区画の一つ。五畿七道の一道に数えられる。 現在の茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県にまたがる地域をさす。

検索手法

文字コード

「参」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「参」の字に割り当てられる1

「参」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+53C2
JISX0213 1-27-18
戸籍統一文字番号 3035760
住基ネット統一文字J+53C2

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「参」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店1004
新大字典5講談社1654
新潮日本語漢字辞典6新潮社1221
大漢和辞典7 8大修館書店3090
大漢語林9大修館書店1198

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「参」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「参」についての総括
  1. 参の画数 :8画
  2. 参の部首 : 厶
  3. 参の読み方:シン,サン,まじわる,まいる
  4. 参の意味 :まいる/目上の人に会う/うかがう/まみえる
以上で「参」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。