「牛」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、うし/ウシ科の動物の総称/六畜の一つなどの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。牛を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、4画の画数を有する。

漢字「牛」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首牛【ぎゅう】
画数総画数4画
部首内画数牛部0画
読み音読みギュウ
《外》
訓読みうし
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検9級
日本語能力検定JLPT N4
学習レベル小学校2年生修了程度

意味

意味と用例

  1. うし。ウシの動物の総称。六畜のつ。「牛耕・牛耳・牛刀・牛舎・牛乳・牛肉・牛角・牛皮・牛馬・牛酪・牽牛(けんぎゅう)・水牛・乳牛・野牛・牧牛・闘牛・役牛(えきぎゅう)・牛車(ぎゅうしゃ/ぎっしゃ)・牛頭(ごず)・牛飲馬食・汗牛充棟」
  2. 牛宿。二十八宿のつ。わしアルタイル。彦星(ひこぼし)、稲見星(いなみぼし)、犬飼星(いぬかいぼし)とも。北方の第二宿。

英語翻訳(English translation)

  1. cow

書き方と読み方

牛の書き方

牛_書き方
牛の書き順【筆順】

牛の読み方

ギュウうし

部首と構成

部首

牛部(ぎゅうぶ)

牛の部首はであり、牛を部首にもつ漢字の集まりを牛部という。牛部には「牛 (うし)、牛に類似した動物」という意がある。

牛部における「牛」

牛の漢字は、牛の画数+0画で構成されるため、牛部0画の漢字と表現される。

熟語

牛を含む四字熟語

「牛」の漢字を語中にもつ四字熟語5種を表にまとめる。

「牛」が入る四字熟語
帰馬放牛きばほうぎゅう牛刀割鶏ぎゅうとうかっけい鶏口牛後けいこうぎゅうご
呼牛呼馬こぎゅうこば売剣買牛ばいけんばいぎゅう

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「牛」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

牛天神【うしてんじん】

  • (牛が天神の使いであることから)天満宮(テンマングウ)の俗称。
  • 東京都文京区春日1-5-2にある北野神社の別称。
    源頼朝(ヨリトモ)の創建。
    江戸時代は金杉天神と呼ばれた。
  • 源頼朝が奥州征伐の途中、入江に船を留めて凪(ナギ)を待つ間に、夢に菅原道真公(天神様)が牛に乗り衣冠を正して現れ、二つの願いがかなうことを告げた。夢から覚めると天神様が乗っていた牛に似た石があった。
    その後、頼家の誕生と平家の鎮定があったので、頼朝によって神社が創建された。
    牛坂の下にあったこの牛石(ウシイシ)は、今は社殿のかたわらにあり、なでると願いがかなうと信仰されている。うしいし(牛石)。
  • 近くには中島歌子の萩の舎(ハギノヤ)があった安藤坂があり、1909(明治42)門下生によって境内に建てられた、中島歌子の歌碑「雪のうち根ざしかためて若竹の/生ひ出むとしの光をぞ思ふ」がある。

牛頭天王【ごずてんのう《ごづてんわう》】

    [梵]Gosirsa-devaraja

  • [仏]もとインド舎衛城(シャエジョウ)の祇園精舎(ギオンショウジャ)の守護神。また東方浄瑠璃世界(ジョウルリセカイ)の薬師如来の垂迹(スイジャク)(化身)といわれる。
    武荅王(ムトウオウ)の太子で、頭上に牛の角または牛の頭を持ち、形は人間に似て夜叉(ヤシャ)の如く忿怒相に表される。沙竭羅竜王(サカラリュウオウ)の女を后として八王子を生む。
    猛威のある御霊的神格から日本では素戔嗚尊(スサノオノミコト)に習合され、除疫神として京都の八坂神社(祇園社)などに祀(マツ)られ尊崇された。すさのおのみこと(素戔嗚尊、須佐之男命)。

特殊用語・専門用語

「牛」の字に特殊な意味をこめて扱う六畜のようなケースが存在する。

六畜【りくちく/ろくちく】

六畜の種類
家畜()
読みウマウシヒツジニワトリイヌブタ
用途荷物運搬田を耕す祭事の供物朝を知らせる防犯対策もてなしの料理
説明
六種の。昔から畜産農家でよく飼育されてきた家畜の総称。それぞれの家畜に適当な役割を与えて使役してきた。

十二支【じゅうにし】

十二支の種類
十二支音読み訓読み生き物
チュウうし
インとら
ボウ
シンたつ()
うま
ひつじ
シンさる
ユウとり
ジュツいぬ
ガイ
説明
十干と共に使われた古代中国の暦法。時代とともに十二の、十二の、陰陽五行思想と結びつき、角度・順序・方位も表すようになった。現代日本では、十二年周期に配した動物を指す。十二地支。

二十八宿【にじゅうはっしゅく】

二十八宿の種類
四象七宿
第一宿第二宿第三宿第四宿第五宿第六宿第七宿
東方青龍
北方玄武
西方白虎
南方朱雀
説明
古代中国発祥の星座区分。黄道(太陽の道)を二十八に分けて天文学・占星術に活用した。

検索手法

文字コード

「牛」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「牛」の字に割り当てられる1

「牛」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+725B
JISX0213 1-21-77
戸籍統一文字番号 3224260
住基ネット統一文字J+725B

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「牛」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店5638
新大字典5講談社9526
新潮日本語漢字辞典6新潮社6845
大漢和辞典7 8大修館書店19922
大漢語林9大修館書店6696

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「牛」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「牛」についての総括
  1. 牛の画数 :4画
  2. 牛の部首 : 牛
  3. 牛の読み方:ゴ,ギュウ,うし
  4. 牛の意味 :うし/ウシ科の動物の総称/六畜の一つ
以上で「牛」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。