「須」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、もちいる/もとめる/要するなどの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。頁を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、12画の画数を有する。

漢字「須」
字体
分類常用漢字
部首頁【けつ】
画数総画数12画
部首内画数頁部3画
読み音読み
《外》シュ
訓読み《外》しばら()
《外》すべか(らく…べし)
《外》()
《外》もち(いる)
《外》もと(める)
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検2級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル高校卒業/大学/一般

意味

意味と用例

  1. もちいる。もとめる。する。「須要・必須(ひっす)」
  2. しばらく。かな。「須臾(しゅゆ)」
  3. つ。む。類義語:
  4. 。あごひげ。類義語:「須眉(しゅび)」
  5. すべからく。助字のつで「~すべきである」「~しなければならない」の
  6. 梵語の音訳字のつ。「須弥(しゅみ)」

英語翻訳(English translation)

  1. ought
  2. by all means
  3. necessarily

書き方と読み方

須の書き方

須_書き方
須の書き順【筆順】

須の読み方

シュ須めるもとめる須いるもちいる須つまつ須らく…べしすべからく…べし須くしばらく

部首と構成

部首

頁部(けつぶ)

須の部首はであり、頁を部首にもつ漢字の集まりを頁部という。頁部には「人の頭、首、顔」という意がある。

頁部における「須」

須の漢字は、頁の画数+3画で構成されるため、頁部3画の漢字と表現される。

熟語

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「須」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

須玉町【すたまちょう《すたまちやう》】

    [Romaji]SutamaCho

  • [古]山梨県北西部、北巨摩郡(キタコマグン)の町。
  • 1955年(昭和30年)若神子(ワカミコ)村・穂足村・多麻村・津金(ツガネ)村の4ヶ村が合併・町制施行して須玉町(スダマチョウ)を発足。
  • 1956年(昭和31年)江草村を編入。
  • 1959年(昭和34年)増富村を編入。
  • 1990年(平成2年)「すだまちょう」から「すたまちょう」に呼称変更。
  • 2004年(平成16年)11月1日明野村(アケノムラ)・高根町(タカネチョウ)・長坂町(ナガサカチョウ)・大泉村(オオイズミムラ)・白州町(ハクシュウマチ)・武川村(ムカワムラ)の町村と合併して北杜市(ホクトシ)を発足。

須達【しゅだつ】

    [梵]Sudatta(スダッタ)、「善施」の意味。

  • [仏][人]古代中インドのマガダ国舎衛(シャエ)城の大富豪。
    常に父なきもの(孤子)、老いて子なきもの(独者)を憐み、貧者に衣食を給したことから「給孤独(ギッコドク)長者」と呼ばれた。
    釈迦に帰依し、シラーヴァスティーの祇陀(ギダ)太子の苑林を買い取って祇園精舎(ギオンショウジャ)を建立し寄進。
    「すだつ(須達)」、「須達多(しゅだった、すだった)」とも呼ぶ。
  • 甥(弟スマナの子)の慧命(エミョウ)須菩提(シュボタイ)は、釈迦十大弟子の一人・十六羅漢の一人。

特殊用語・専門用語

「須」の字に特殊な意味をこめて扱う片仮名のようなケースが存在する。

片仮名【かたかな】

カタカナと元の漢字
行/段ア段イ段ウ段エ段オ段
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
説明
カタカナの由来・起源となった漢字。漢字を早く小さく書くために片仮名が生まれた。

検索手法

文字コード

「須」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「須」の字に割り当てられる1

「須」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+9808
JISX0213 1-31-60
戸籍統一文字番号 3491180
住基ネット統一文字J+9808

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「須」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店11210
新大字典5講談社18937
新潮日本語漢字辞典6新潮社14120
大漢和辞典7 8大修館書店43352
大漢語林9大修館書店12808

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「須」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「須」についての総括
  1. 須の画数 :12画
  2. 須の部首 : 頁
  3. 須の読み方:ス,シュ,もとめる,もちいる,まつ,すべからく…べし,しばらく
  4. 須の意味 :もちいる/もとめる/要する
以上で「須」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。