「司」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、つかさ/役目を担う団体/役所/官庁などの意味をもつ漢字である。日本では教育漢字および常用漢字に指定されている。口を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、5画の画数を有する。

漢字「司」
字体
分類教育漢字,常用漢字
部首口【こう】
画数総画数5画
部首内画数口部2画
読み音読み
《外》
訓読み《外》つかさ
《外》つかさど()
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検7級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル小学校4年生修了程度

意味

意味と用例

  1. つかさ。役目をう団体。役所。官庁。「菓子司・写経司」
  2. つかさ。役目を。役人。官吏。「司教・司祭・司書・司徒・司直・郡司・行司(ぎょうじ)・宮司(ぐうじ)・国司・祭司・上司・殿司(でんす)・有司・保護司」
  3. つかさどる。役目をけもつ。管理する。「司会・司法・司令」

字意

司【し】
  • [歴]明治初期の官省に属する役所。局(キョク)・寮(リョウ)の次。
  • 英語翻訳(English translation)

    1. director
    2. official
    3. govt office
    4. rule
    5. administer

    書き方と読み方

    司の書き方

    司_書き方
    司の書き順【筆順】

    司の読み方

    司るつかさどるつかさ

    部首と構成

    部首

    口部(こうぶ)

    司の部首はであり、口を部首にもつ漢字の集まりを口部という。口部には「口の部分・口の動き・口を使った行為・感嘆の言葉」という意がある。

    口部における「司」

    司の漢字は、口の画数+2画で構成されるため、口部2画の漢字と表現される。

    熟語

    熟語・関連語句

    一般的な国語辞典などに記載されている「司」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

    司馬光【しばこう《しばくわう》】

      [中国語]ShimaGuang

    • [人]中国北宋(BeiSong)(ホクソウ)の政治家・学者(1019~1086)。
      字(アザナ)は君実(Junshi)(クンジツ)。陝州(Shanzhou)夏県(XiaXian)(三水+(「悚」-立心偏))水郷(SushuiXiang)(ソクスイキョウ)、現在の山西省(ShangxiSheng)運城市(YunchengShi)(夏県)司馬営村(ShimayingCun)の人。
      20歳で進士となり、仁宗(RenZong)・英宗(YingZong)の時に言論に剛直な諌官として知られた。
      神宗(ShenZong)(シンソウ)の初年、王安石(WangAnshi)(オウ・アンセキ)の新法に反対して退官し、通史『資治通鑑(ZizhiTongjian)(シジツガン)』に専念。
      哲宗(ZheZong)(テッソウ)の時に宰相に迎えられ、新法を廃し旧法に復したが、まもなく病死。
      「ソク水先生(SushuiXiansheng)」とも、死後に文正(Wenzheng)の諡(オクリナ)を贈られ、また温国公に封ぜられて「太師温国公(TaishiWenguogong)(オンコクコウ)」、「温公(Wengong)(オンコウ)」、「司馬温公」とも呼ばれる。おうあんせき(王安石)。
    • 温光の甕割(カメワリ):おんこうのかめわり(温公の甕割り、温公の甕割)

    司馬遷【しばせん】

      [中国語]ShimaQian

    • [人]前漢(QianHan)の歴史家(BC.145~BC.86?)。字(アザナ)は子長(Zichang)(シチョウ)。
      武帝(WuDi)のとき、父の司馬談(Tan)(タン)の職をついで、太史令(タイシレイ)(文書や天文を扱う官職)となり、父の遺命を受けて紀元前104年ころから『史記(Shiji)』の編集を始める。
      匈奴(キョウド)に捕われた友人の李陵(LiLing)(リ・リョウ)を弁護して武帝の激怒をかい、腐刑(フケイ)(宮刑)に処せられた。憤激し20年がかりで『史記』130巻を完成させた。しき(史記)、きゅうけい(宮刑)。
    • 後漢(HouHan)の歴史家班固(BanGu)(ハン・コ)とともに「班馬(BanMa)(ハンバ)」と併称される。

    特殊用語・専門用語

    「司」の字に特殊な意味をこめて扱う四等官制のようなケースが存在する。

    四等官制【しとうかんせい】

    四等官制の種類
    官職長官次官半官主典
    読み
    (当て字)
    かみすけじょうさかん
    神祇官
    太政官大臣大納言
    参議
    少納言
    外記
    大夫
    令史
    弾正台
    衛府
    大宰府
    大領少領主政主帳
    説明
    律令制度における四階級で構成された官司体系。日本には大宝律令で導入され、官制の礎を築いた。

    検索手法

    文字コード

    「司」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「司」の字に割り当てられる1

    「司」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 2U+53F8
    JISX0213 1-27-42
    戸籍統一文字番号 3037790
    住基ネット統一文字J+53F8

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「司」の検字番号一覧
    書籍出版社検字番号
    角川大字源4角川書店1050
    新大字典5講談社1750
    新潮日本語漢字辞典6新潮社1279
    大漢和辞典7 8大修館書店3257
    大漢語林9大修館書店1244

    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

    まとめ

    「司」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「司」についての総括
    1. 司の画数 :5画
    2. 司の部首 : 口
    3. 司の読み方:ス,シ,つかさどる,つかさ
    4. 司の意味 :つかさ/役目を担う団体/役所/官庁
    以上で「司」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    ウサタロー

    おねがい
    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。