「監」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、みる/見張る/取り締まる/調べるなどの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。皿を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、15画の画数を有する。

漢字「監」
字体
分類常用漢字
部首皿【べい】
画数総画数15画
部首内画数皿部10画
読み音読みカン
《外》ケン
訓読み《外》かんがみ()
《外》しら(べる)
《外》()
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検4級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル中学校在学程度

意味

意味と用例

  1. みる。見張る。まる。調べる。「監視・監察・監修・監督・監禁・監獄・監房・監軍・監査役」
  2. 監督の役目。監督の役人。「技監・軍医監・学監・総監・舎監・生徒監」
  3. 牢屋。牢獄。居室。牢屋にめる。類義語:「収監・未決監」
  4. かんがみる。手本とする。類義語:
  5. 《律令制》大宰府の第三等官。判官。「大宰大監・大宰少監」

英語翻訳(English translation)

  1. oversee
  2. official
  3. govt office
  4. rule
  5. administer

書き方と読み方

監の書き方

監_書き方
監の書き順【筆順】

監の読み方

ケンカン監るみる監べるしらべる監るかんがみる

部首と構成

部首

皿部(べいぶ)

監の部首はであり、皿を部首にもつ漢字の集まりを皿部という。皿部には「食物を盛る食器、容器全般、碗・杯・鉢・皿・盥」という意がある。

皿部における「監」

監の漢字は、皿の画数+10画で構成されるため、皿部10画の漢字と表現される。

熟語

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「監」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

監獄【かんごく】

  • [古][法]死刑・自由刑の言渡しを受けた者、および勾留(コウリュウ)された刑事被疑者・刑事被告人などを拘禁する施設。
    受刑者を拘禁する懲役監・禁錮監・拘留場と、被告人・被疑者を拘留する拘置監があった。
    現在、名称としては、受刑者を拘禁する刑務所・少年刑務所と、被告人・被疑者を勾留する拘置所を使用する。だいようかんごく(代用監獄)、いちがやかんごく(市ヶ谷監獄)、かじばしかんごく(鍛冶橋監獄)、こすげかんごく(小菅監獄)、えいじゅかんごく(衛戍監獄)。
  • 1908年(明治41年)監獄法、施行。
  • 1922年(大正11年)監獄を刑務所と改称。かんごくほう(監獄法)。
  • 石川島監獄、巣鴨監獄
  • 「勾留」は未決に、「拘留」は既決に用いる。

監獄法【かんごくほう《かんごくはふ》】

  • [法]刑務所(旧:監獄)において、受刑者の自由を剥奪(ハクダツ)する自由刑の執行に関する基本的事項や、死刑の執行などについて規定する法律。
    拘禁(コウキン)・作業・教誨(キョウカイ)・接見(セッケン)など、自由束縛(ソクバク)の限度・方法などを定める。かんごく(監獄)、しぼうちょう(死亡帳)。
  • 1908年(明治41年)制定。
  • 1922年(大正11年)監獄を刑務所と改称。
  • 2005年(平成17年)5月18日参議院本会議で刑事施設・受刑者処遇法が可決・成立。監獄(刑務所)を刑事施設と改称。

特殊用語・専門用語

「監」の字に特殊な意味をこめて扱う四等官制のようなケースが存在する。

四等官制【しとうかんせい】

四等官制の種類
官職長官次官半官主典
読み
(当て字)
かみすけじょうさかん
神祇官
太政官大臣大納言
参議
少納言
外記
大夫
令史
弾正台
衛府
大宰府
大領少領主政主帳
説明
律令制度における四階級で構成された官司体系。日本には大宝律令で導入され、官制の礎を築いた。

検索手法

文字コード

「監」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「監」の字に割り当てられる1

「監」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+76E3
JISX0213 1-20-38
戸籍統一文字番号 3257770
住基ネット統一文字J+76E3

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「監」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店6355
新大字典5講談社10611
新潮日本語漢字辞典6新潮社7695
大漢和辞典7 8大修館書店23032
大漢語林9大修館書店7491

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「監」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「監」についての総括
  1. 監の画数 :15画
  2. 監の部首 : 皿
  3. 監の読み方:ケン,カン,みる,しらべる,かんがみる
  4. 監の意味 :みる/見張る/取り締まる/調べる
以上で「監」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。