「佐」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ


とは、たすける/手助けする/支えて助けるなどの意味をもつ漢字である。日本では常用漢字に指定されている。人を部首にもつ漢字のひとつに数えられ、7画の画数を有する。

漢字「佐」
字体
分類常用漢字
部首人【じん】
画数総画数7画
部首内画数人部5画
読み音読み
訓読み《外》すけ
《外》たす(ける)
JIS漢字水準JIS第1水準
漢字検定漢検準2級
日本語能力検定JLPT N1
学習レベル高校在学程度

意味

意味と用例

  1. たすける。手助けする。えてける。類義語:「佐幕・王佐・補佐」
  2. 軍隊・自衛隊における将校の階級のつ。「佐官・大佐・中佐・少佐・一等陸佐」
  3. 《律令制》兵衛府・衛門府の第二等官。次官。「左兵衛佐・右兵衛佐」
  4. 佐渡国(さどのくに)の略称。「佐州・越佐」

英語翻訳(English translation)

  1. assistant
  2. help

書き方と読み方

佐の書き方

佐_書き方
佐の書き順【筆順】

佐の読み方

佐けるたすけるすけ

部首と構成

部首

人部(じんぶ)

佐の部首はであり、人を部首にもつ漢字の集まりを人部という。人部には「ヒトに関わる事物・行為・動作・性格・呼称」という意がある。

人部における「佐」

佐の漢字は、人の画数+5画で構成されるため、人部5画の漢字と表現される。

熟語

熟語・関連語句

一般的な国語辞典などに記載されている「佐」の字が含まれる熟語を以下に列記する。

佐竹【さたけ】

    [Romaji]Satake

  • 姓氏の一つ。
  • 中世、関東御家人、のち常陸の戦国大名。本姓は清和源氏。
    源義光(ヨシミツ)(新羅三郎)の孫昌義が、常陸国(ヒタチノクニ)久慈郡佐竹郷に土着して佐竹氏を称し、以後同国北部に勢力を有した。
    初め平氏に従い、隆義の子秀義の代に鎌倉幕府に服属して源頼朝の奥州征討に従い、鎌倉幕府の滅亡とともに足利尊氏に仕え常陸守護。
    戦国時代には常陸から下野(シモツケ)・陸奥(ムツ)にも勢力を拡大。
    義重(ヨシシゲ)・義宣(ヨシノブ)父子は小田原北条氏と対抗して豊臣秀吉に通じ、常陸国水戸54万6,000石の本領を安堵(アンド)されて水戸城に移り、天下六大名の一人となる。
    関ヶ原合戦では義宣が豊臣方の西軍に加わり、戦後に20万5,800石で出羽国(デワノクニ)久保田(秋田)に減封。
    江戸幕末の戊辰戦争では義堯(ヨシタカ)が奥羽越列藩同盟に反対し官軍につき、明治維新後に侯爵となる。
    義重までを常陸佐竹氏、以後を久保田佐竹氏とも呼ぶ。さたけはん(佐竹藩)。

佐野【さの】

    [Romaji]Sano

  • さのし(佐野市)
  • 群馬県高崎市南東部の地名。
    昔、この地を流れる烏川(カラスガワ)に船橋があり、『万葉集』での歌枕「佐野の船橋」の故地と伝えられる。
    また、謡曲『鉢木(ハチノキ)』の舞台で、常世神社はその主人公佐野源左衛門の邸跡という。
  • 静岡県裾野市(スソノシ)の地名。
  • 和歌山県新宮市(シングウシ)南端の地名。
    この地にあった渡し場は歌枕「佐野の渡(ワタリ)」で有名。
    古くは「狭野」。
  • 兵庫県西南部、揖保郡(イボグン)新宮町(シングウチョウ)の地名。
    揖保川と栗栖川の合流点の近くで、両川に挟まれた地。
    古くは「狭野」。

特殊用語・専門用語

「佐」の字に特殊な意味をこめて扱う四等官制のようなケースが存在する。

四等官制【しとうかんせい】

四等官制の種類
官職長官次官半官主典
読み
(当て字)
かみすけじょうさかん
神祇官
太政官大臣大納言
参議
少納言
外記
大夫
令史
弾正台
衛府
大宰府
大領少領主政主帳
説明
律令制度における四階級で構成された官司体系。日本には大宝律令で導入され、官制の礎を築いた。

北陸道(行政区画)【ほくりくどう】

北陸道の一覧
北陸道
律令国名州名略字
若狭国若州
越前国越州
加賀国加州
能登国能州
越中国越州
越後国越州
佐渡国佐州
渡州

説明
飛鳥時代以降における地域区分および行政区画の一つ。五畿七道の一道に数えられる。 現在の新潟県、富山県、石川県、福井県にまたがる地域をさす。

階級(軍隊)【かいきゅう】

軍隊の階級
元帥(大元帥元帥次帥
士官(
将校
将官(大将中将少将准将
佐官(大佐中佐少佐准佐
尉官(大尉中尉少尉准尉
准士官兵曹長上等兵曹
下士官曹長軍曹伍長
兵長上等兵一等兵二等兵
説明
軍事組織における指揮系統の格付け順位。一部の階級は名誉・功績で授与されるため、厳密な指揮系統ではないことがある。各国の軍によって階級区分の有無や役割が異なる。

検索手法

文字コード

「佐」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「佐」の字に割り当てられる1

「佐」の文字コード一覧
Unicode / UCS 2U+4F50
JISX0213 1-26-20
戸籍統一文字番号 3006070
住基ネット統一文字J+4F50

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「佐」の検字番号一覧
書籍出版社検字番号
角川大字源4角川書店189
新大字典5講談社396
新潮日本語漢字辞典6新潮社267
大漢和辞典7 8大修館書店506
大漢語林9大修館書店242

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「佐」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「佐」についての総括
  1. 佐の画数 :7画
  2. 佐の部首 : 人
  3. 佐の読み方:サ,たすける,すけ
  4. 佐の意味 :たすける/手助けする/支えて助ける
以上で「佐」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい
誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。