「史」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

史の画像

」は、口部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は5画(部首内画数:口部2画)で構成され、ふみ/出来事や時勢の書/事物の記録といった意味をもつ。

漢字「史」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 口【くち、くちへん】
画数 総画数 5画
部首内画数 口部2画
読み 音読み
訓読み 《外》ふみ
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検7級
日本語能力検定 JLPT N2
学習レベル 小学校4年生修了程度

書き順と読み方

史の書き順《書き方》

史の書き順・書き方
「史」の筆順アニメーション
動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/5画》

史の読み方

ふみ

意味

英語翻訳

history; chronicle

意味と用例

  1. ふみ。出来事や時勢の。事物の記録。「史家(しか)・史学・史劇・史実・史書・史伝・史料・史跡・哀史・逸史・詠史・外史・古史・修史・正史・先史・前史・戦史・野史・有史・歴史・世界史」
  2. ふびと。記録を書きす役人。文章に携わる人。「史官・史生(ししょう)・散史・侍史・女史・太史」
  3. 《律令制》神祇官/太政官の第四等官。令史はの第四等官。主典。「大史・少史・兵馬大令史・兵馬少令史」

史【ふびと】
[Romaji]fubito

  • [歴]大和政権に仕え、書を読み文書・記録など文筆業務にたずさわった官人集団の呼称。渡来系の人が多かった。
  • [歴]その職名。
  • [歴](Fubito)古代の姓(カバネ)の一つ。職を世襲することが多かったので姓となったもの。
  • 「ふみひと」の転で、「ふひと」とも呼ぶ。
    阿知使主(アチノオミ)の子孫の東漢氏(ヤマトノアヤウジ)と、王仁(ワニ)の子孫西文氏(カワチノフミウジ)は東西史(ヤマトカワチノフビト)と併称される。
  • 史【ふひと】
    [Romaji]fuhito

  • [歴]ふびと(史)
  • 部首と構成

    史の構成要素

    「史」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

    口部【こうぶ】

    史の部首として【くち、くちへん】がある。史は口部2画に配列される。

    口部の意味
     口の部分・口の動き・口を使った行為・感嘆の言葉

    語句

    史を含む四字熟語

    「史」の漢字を語中にもつ四字熟語2種を表にまとめる。

    「史」が入る四字熟語
    作史三長さくしのさんちょう 稗官野史はいかんやし

    関連語句

    史記【しき】

      [中国語]Shiji

    • [歴]前漢の司馬遷(ShimaQian)が著した中国最初の紀伝体の正史。
      伝説上の黄帝から前漢の武帝まで二千数百年間の史書で、本紀12巻・年表10巻・書8巻・世家(セイカ)30巻・列伝70巻の130巻から成る。BC.91<征和2>成立。
      本紀は歴代王朝の帝王の事績の記録、表は年表、書は文物制度史、世家は呉太伯から漢に至までに興亡した有力諸侯の国別による年代記、列伝は官吏・学者・経済家・庶民などで後世に名を残すにたる個人の伝記。
      在来の伝説や記録のほか広く旅行を試みて史料を収集し、選択整理して本紀と列伝をもつ紀伝体と称せられる記述形式にまとめたもの。
      紀伝体はこの後、官撰正史の基本形式となった。また、客観的・総合的な歴史叙述は後世史書の模範となった。しばせん(司馬遷)。
    • もと『太史公書』といったが、三国時代から『史記』の名に定まった。また司馬遷が宮刑に処せられたことから『腐史』、『蚕史』、『発憤の書』などとも呼ばれた。

    史思明【ししめい】

      [中国語]ShiSiming

    • [人]中国唐代の武将(?~761)。安史の乱の主謀者。
      営州(Yingzhou)(今の遼寧省)出身のトルコ(突厥)系の胡人で、同郷の安禄山(AnLushan)(アン・ロクザン)の親友。
      6ヶ国語を使い貿易官となり、のち軍人となる。
      755年禄山が挙兵すると河北を攻略し、禄山の死後、唐に帰順して河北節度使となる。
      758年唐に対して反乱を起こし洛陽(Luoyang)を陥れ、759年安禄山の子の慶緒(Qingxu)を殺して大聖燕王(DashengHuanwang)と称したが、やがて子の史朝義(ShiChaoyi)に殺された。あんろくざん(安禄山)、あんしのらん(安史の乱、安史の亂)。
    • 安禄山は大燕皇帝(DayanHuangdi)を称した。

    文字

    文字コード

    「史」の漢字を電子計算機上で正しく取り扱うため、文字集合の規格策定が進められてきた。各文字集合で定義された「史」の字に対応する符号位置と符号化方式とによって固有の識別コードである《文字コード》が導出される2

    「史」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 3 U+53F2
    JISX0213 1-27-43
    戸籍統一文字番号 4 037720
    住基ネット統一文字 J+53F2

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「史」の検字番号一覧
    書籍 出版社 検字番号
    角川大字源5 角川書店 1051
    新大字典6 講談社 1742
    新潮日本語漢字辞典7 新潮社 1276
    大漢和辞典8 9 大修館書店
    大漢語林10 大修館書店
    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を特定する手助けとなります。

    まとめ

    「史」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「史」についての総括
    1. 史の画数 :5画
    2. 史の部首 : 口
    3. 史の読み方:シ,ふみ
    4. 史の意味 :ふみ/出来事や時勢の書/事物の記録
    以上で「史」の字の解説はおしまいです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    おねがい

    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:2174)