「歌」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

歌の画像

」は、欠部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は14画(部首内画数:欠部10画)で構成され、うたう/音楽に合わせてうたうといった意味をもつ。

漢字「歌」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 欠【あくび、かける】
画数 総画数 14画
部首内画数 欠部10画
読み 音読み
訓読み うた
うた()
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検9級
日本語能力検定 JLPT N4
学習レベル 小学校2年生修了程度

書き順と読み方

歌の書き順《書き方》

動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/14画》

歌の読み方

歌ううたううた

意味

英語翻訳

song; sing

意味と用例

  1. うたう。音楽に合わせてうたう。類義語:「歌舞・歌劇・歌曲・唱歌・謳歌(おうか)」
  2. 拍子とをつけてうたう言葉。文。「歌謡・歌文・歌詞・歌集・歌碑・歌論・名歌・唱歌・詠歌・悲歌・牧歌・短歌・和歌・詩歌・狂歌・返歌・挽歌(ばんか)・校歌・主題歌」。
  3. 和歌。特に短歌。「歌人・歌学」

部首と構成

構成要素

「歌」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

  • 哥欠

欠部【けんぶ】

歌の部首として【あくび、かける】がある。歌は欠部10画に配列される。

欠部の意味
 あくび、不足する、口を大きく開く動作

語句

関連語句

歌垣【うたがき】

  • [古][暦]上代、男女が山や市など一つ所に集まって、互いに歌を懸け合い、舞って楽しんだ行事。春・秋の2回催された。
    一種の配偶者選びの場で、性的開放があった。
    東国では「かがい」と呼ばれた。かがい(かがい)、さんだいうたがきやま(三大歌垣山)、はないちもんめ(花いちもんめ)。
  • [楽]男女相唱和する娯楽的な一種の歌舞の行事。
    のち、宮廷に入り踏歌(トウカ)を合流して儀式化する。とうか(踏歌)。

歌志内市【うたしないし】

    [Romaji]UtashinaiShi

  • 北海道中央部の市。
  • かつて函館本線の歌志内支線が通じていた。
  • 1959年(昭和34年)町制施行。
  • 2005年(平成17年)10月1日志津川町(シヅガワチョウ)と合併して南三陸町(ミナミサンリクチョウ)を発足。

文字

文字コード

「歌」の漢字を電子計算機上で取り扱うため、複数の文字規格が策定されている。各規格において固有の識別コード《文字コード》が「歌」の字に割り当てられる2

「歌」の文字コード一覧
Unicode / UCS 3 U+6B4C
JISX0213 1-18-46
戸籍統一文字番号 4 183510
住基ネット統一文字 J+6B4C

検字番号

検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

「歌」の検字番号一覧
書籍 出版社 検字番号
角川大字源5 角川書店 4637
新大字典6 講談社 7788
新潮日本語漢字辞典7 新潮社 5657
大漢和辞典8 9 大修館書店 16167
大漢語林10 大修館書店 5610

辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。

まとめ

「歌」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

「歌」についての総括
  1. 歌の画数 :14画
  2. 歌の部首 : 欠
  3. 歌の読み方:カ,うたう,うた
  4. 歌の意味 :うたう/音楽に合わせてうたう
以上で「歌」の字の解説は終わりです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

ウサタロー

おねがい

誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:)