「保」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

保の画像

」は、人部に属する漢字のひとつ。日本では、教育漢字/常用漢字に指定されている。画数は9画(部首内画数:人部7画)で構成され、たもつ/持ち続ける/守る/庇うといった意味をもつ。

漢字「保」
字体
分類 教育漢字/常用漢字
部首 人【ひと、にんべん】
画数 総画数 9画
部首内画数 人部7画
読み 音読み
《外》ホウ
訓読み たも(つ)
《外》も(つ)
《外》やす(んじる)
JIS漢字水準 JIS第1水準
漢字検定 漢検6級
日本語能力検定 JLPT N1
学習レベル 小学校5年生修了程度

書き順と読み方

保の書き順《書き方》

保の書き順・書き方
「保」の筆順アニメーション
動画形式
GIFアニメーション
書体
楷書《手書き書体 1/9画》

保の読み方

ホウ保んじるやすんじる保つもつ保つたもつ

意味

英語翻訳

protect; guarantee; keep; preserve; sustain; support

意味と用例

  1. たもつ。ち続ける。る。う。「保安・保健・保守・保身・保全・保存・保有・保養」
  2. やすんじる。ける。う。てる。世話をする。「保育・保護・隣保」
  3. うけあう。引きける。「保管・保険・保釈・保証・保障・保留・担保・留保」
  4. 行政区画の単位。しく開墾した土地の区画。またはと同列。「保司・郡郷保」
  5. 《条坊制》都市区画の単位。を4区分した一区画。「一保・四保」

保【ほ】
  • [歴]([中国語]bao)中国で、古くから行われた隣保組織の単位。ほこうほう(保甲法)。
  • [歴]中国の制度をまねて、律令制で定めた隣保組織。
    五戸で保を編成した行政末端組織で、保長は保内の相互検察(犯罪告発)や、逃亡戸の捜索、租税滞納の代納(連帯責任)、旅行者や宿泊者の告知などの義務を負った。
    律令制の形骸化とともに平安後期には崩壊した。
    「五保(ゴホ)」とも呼ぶ。ごにんぐみ(五人組)。
  • 秋田県の払田柵跡から保を記録した平安時代前期の漆紙文書(ウルシガミモンジョ)が出土している。ほったのさくあと(払田柵跡)。
  • 部首と構成

    保の構成要素

    「保」の漢字を、より小さな漢字パーツの集合体として表現する。

    • 亻呆

    人部【じんぶ】

    保の部首として【ひと、にんべん、ひとがしら、ひとやね】がある。保は人部7画に配列される。

    人部の意味
     ヒトに関わる事物・行為・動作・性格・呼称

    語句

    保を含む四字熟語

    「保」の漢字を語中にもつ四字熟語2種を表にまとめる。

    「保」が入る四字熟語
    保養鬱散ほよううっさん 明哲保身めいてつほしん

    関連語句

    保谷市【ほうやし】

      [Romaji]HoyaShi

    • [古]東京都中央部、武蔵野台地にあった市。現在の西東京市の東部。
      東部を練馬区(ネリマク)、西部を田無市(タナシシ)、北西部を東久留米市(ヒガシクルメシ)、南部を武蔵野市、北部を埼玉県新座市(ニイザシ)に隣接する。
      市域南部に東伏見稲荷がある。ひがしふしみえき(東伏見駅)。
    • 1915年(大正4年)西武池袋線、開通。
    • 1927年(昭和2年)西武新宿線、開通。
    • 1967年(昭和42年)北多摩郡(キタタマグン)保谷町、市制施行。
    • 2001年(平成13年)1月21日田無市と合併し西東京市となる。
    • 江戸時代、新田開発が進み、かつては練馬ダイコンを特産する畑作散村地帯であった。
      大正から昭和初期に西武鉄道が開通し、しだいに住宅地化が進み、1960年代に東久留米市・田無市にまたがる軍需工場跡地にひばりが丘などの大住宅団地が建設される。
      食品・精密機械などの工場も進出。

    保【ほ】

    • [歴]([中国語]bao)中国で、古くから行われた隣保組織の単位。ほこうほう(保甲法)。
    • [歴]中国の制度をまねて、律令制で定めた隣保組織。
      五戸で保を編成した行政末端組織で、保長は保内の相互検察(犯罪告発)や、逃亡戸の捜索、租税滞納の代納(連帯責任)、旅行者や宿泊者の告知などの義務を負った。
      律令制の形骸化とともに平安後期には崩壊した。
      「五保(ゴホ)」とも呼ぶ。ごにんぐみ(五人組)。
    • 秋田県の払田柵跡から保を記録した平安時代前期の漆紙文書(ウルシガミモンジョ)が出土している。ほったのさくあと(払田柵跡)。

    文字

    文字コード

    「保」の漢字を電子計算機上で正しく取り扱うため、文字集合の規格策定が進められてきた。各文字集合で定義された「保」の字に対応する符号位置と符号化方式とによって固有の識別コードである《文字コード》が導出される2

    「保」の文字コード一覧
    Unicode / UCS 3 U+4FDD
    JISX0213 1-42-61
    戸籍統一文字番号 4 008250
    住基ネット統一文字 J+4FDD

    検字番号

    検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。

    「保」の検字番号一覧
    書籍 出版社 検字番号
    角川大字源5 角川書店 298
    新大字典6 講談社 533
    新潮日本語漢字辞典7 新潮社 389
    大漢和辞典8 9 大修館書店 702
    大漢語林10 大修館書店 384
    辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検事番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を特定する手助けとなります。

    まとめ

    「保」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

    「保」についての総括
    1. 保の画数 :9画
    2. 保の部首 : 人
    3. 保の読み方:ホウ,ホ,やすんじる,もつ,たもつ
    4. 保の意味 :たもつ/持ち続ける/守る/庇う
    以上で「保」の字の解説はおしまいです。今後とも受験勉強・資格取得・自己学習にモジナビをお役立てください。

    おねがい

    誤字/脱字/間違い/その他ミスを見つけた方は、お問合せまでご連絡のほど宜しくお願いします。(識別番号:917)